生活費のために繰り返し借りる場合には注意が必要です!

今月も生活費が足りない・・・そんなときにはキャッシングですが、繰り返し借りるときには注意が必要です。

・生活費のために繰り返し借りるのは、ルールを守りましょう

カードローンは利用用途は自由です。
ですが、生活費のために借りる場合は注意が必要です。
生活費は毎月かかりますので、今月をしのげても来月もまた借り入れする必要が生まれてくる可能性があるからです。
生活費を借り入れる場合は、今月だけで済むように工夫しましょう。
また生活費を正常な状態に戻すために、まずは固定費の削減を検討しましょう。
できる限り、収入の範囲内で生活できるように生活を見直すことが大切です。

・家族に内緒で生活費を借り入れるのは危険です

生活費が足りないから借り入れを行うのは、仕方のないことです。
ですが、できれば夫婦でその状態を共有しましょう。
ご主人に内緒で借り入れていると、ついつい借金が膨らんでセーブがきかなくなります。最後にどうしようもなくなってから相談するよりは、生活費が足りなくなった時点で相談するようにしましょう。

・生活費がきっかけの自己破産は意外と多いです

生活費が足りなくて1万借り、翌月は返済と合わせて2万円借り、というかたちで借金が膨らんでいき、借り入れ総額が数百万円に達してしまい自己破産するケースは意外と多いものです。
安易な借り入れの先には、破綻が待っていることを十分意識して借り入れを行ってください。

・無利息サービスを最大限活用しよう

プロミスとアイフルでは、初回に限って30日間無利息サービスを行っています。
30日以内にお金を返せば利息が0円であるというサービスです。
これならば次の給料日までの借り入れを、利息なしでしのぐことができます
非常に便利ですので、生活費を借り入れる際は検討してみてください。
また、ノーローンでは何度でも1週間利息無料というサービスもありますので、今後借り入れが長い付き合いになっていく可能性がある場合は、こちらもご検討ください。

・リボ払いも検討しよう

借り入れしても翌月には返済が待っています。
同じだけか、それ以上に生活が苦しくなりますので、そんなときはリボ払いを検討しましょう。
毎月の返済額を少なくして、その代わり長期に渡って返済するのです。
ボーナスが入るまでリボでしのいで、ボーナス払いで一気に返済しても構いません。
リボ払いという選択肢を検討してみてください。

・収入を増やす方向も検討しよう

生活費のためのキャッシングは、繰り返し借りることになりなかなか借金生活から抜け出せません。
固定費の削減がどうしても難しい場合は、発想を逆転させて、収入を増やす方向も考えましょう。
たとえば残業を多めにする、それが難しければ土日に単発のアルバイトをするなどです。
また大きなお子様がいる場合はアルバイトや奨学金なども検討しましょう。
家族で力を合わせて、世帯収入を増やす方向も検討してみてはいかがでしょうか。

・専業主婦は消費者金融では借り入れできません

総量規制が導入されて、消費者金融では収入のない専業主婦は借り入れできなくなりました。専業主婦が借り入れを行いたい場合は、銀行系カードローンかクレジットカードのキャッシングをご利用ください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。