本当に融資を受けられる?業者の選定基準を知って心配を和らげる

カードローンの審査の基準を満たすためには?

カードローンを実際に利用するためには、審査を受けてこれに通過することが必要になります。カードローンを提供する金融機関各社では、それぞれ独自の審査基準を設定しています。審査に通過するためにはまずは基準を満たすことが必要なのです。銀行系でもノンバンク系でも、カードローンの審査では属性と信用情報が確認されます。

勤務先・勤続年数・年収の額など、個人に関する様々な情報が属性です。申込者の属性が安定したものであれば、それだけ審査には通過しやすくなります。年収の多少はもちろんですが、さらに安定した継続的な収入が得られるかどうかが重視されます。

例えば1000万円の年収を得ている個人事業主の場合には、来年も同額の年収が得られるという保証はありません。一方で300万円の年収を得ている会社員の場合には、来年も同額以上の年収が得られる可能性が高くなります。安定した職業に就いていれば安定した収入が期待できるため、それだけ有利に判断されるのです。

信用情報は個人信用情報機関というデータベースに登録された様々な情報のことであり、特にこれまでのカードローンの利用履歴が重視されることになります。具体的には金融事故の有無、これまでの返済の履歴、他社借り入れの状況、他社カードローンへの申込み状況などが確認されます。

借入に申込んでも審査に受からなければ融資は受けられません。そんな気になる審査の業者の選定基準を調べましょう

金融機関にての借入を予定しているけれど、果たして審査に通るか?ということを心配している人も多いのではありませんか?

特に初めて借入するとなると、心配度も高くなります。
そこで金融業者の選定基準が分かれば、どんな人が審査に通りやすいか?ということを知ることができます。
金融業者によって多少の違いがあるものの、ある程度の共通した選定基準があります。確かめてみましょう。

申込み者の属性

申込みをした人がどのような人なのか?ということを、詳しく調べます。申込み者の属性としては、以下のような点が含まれます。

現在の住居

持ち家か、賃貸か、持ち家の場合はローンの有無なども検討されます。賃貸よりも持ち家が有利ですし、もちろんローンのない方が有利です。さらにどのくらいの間、そこに住んでいるのか、ということも検討されます。長く同じ場所に住んでいる方が有利です。

家族構成

未婚、既婚、子供の有無なども選定基準になります。

連絡方法

固定電話・携帯電話の有無は絶対に審査に含まれます。今は携帯しか持っていない人も多いので、携帯さえあればOKです。

返済能力

返済能力については、当然お金を貸す側としてはマストな条件となります。収入が融資する額に対して十分の返済能力を持つ金額かどうかも判断されます。また年収だけではありません。勤務先と業務内容も関係してきます。

安定した収入を得やすい大企業や公務員は、安定性があるためにほかの職業とくらべると借入をしやすいといえます。逆に収入は高いものの、不安定な収入である自営業や水商売系などであれば、あまり良い評価にはつながりません。

そのほかに会社の規模、勤続年数なども大事なポイントです。3年以上の勤務であれば問題なし、1年未満や半年未満であれば、良い評価は得られません。

ほかの借入状況

他の金融機関に借入があるかどうか?も、選定基準の中に含まれます。消費者記入系であれば、総量規制の問題がありますので年収の3分の1以上の借入はできません。

また総量規制の問題が関係ない銀行系であったとしても、複数の消費者金融から借入がある場合、特に3件以上の借入があるケースであれば、その時点で審査に落ちることもあります。借入状況には過去の返済記録なども含まれます。

過去に延滞、債務整理、滞納などの履歴がある場合も、審査に落ちやすくなっています。最近よくあるケースとして、クレジットカードの支払いの滞納や延滞です。

キャッシングとは関係なさそうに見えても、信用情報にはきちんと記載されます。さらに携帯電話の料金をきちんと支払っていないと、電話本体のローンを支払っていないとみなされて、こちらの信用情報に登録されて断られやすくなってしまいます。

選定基準 選定基準 選定基準
属性 住居・家族構成・連絡方法
返済能力 ★★★ 年収・勤続年数・会社の規模・安定性
借入状況 ★★ 他者からの借入の有無、過去の返済状況

審査落ちには理由があります!

個人信用情報機関に金融事故の履歴が登録されている場合には、基本的にカードローンの審査には通らなくなります。金融事故としては、具体的には以下が該当します。

  • 支払いの遅延(返済日から3カ月以上または61日以上)がある、またはあった場合
  • 返済が不能となり保証会社が保証契約の履行を行った場合
  • 裁判所による破産の宣告(破産手続きの開始の決定)があった場合

これまでの返済の履歴、他社借り入れの状況、他社カードローンへの申し込み状況などに問題があると判断された場合にも、同様にカードローンの審査には通らなくなります。くれぐれも注意をしてください。

◆カードローンの審査に通過するための対策は?

カードローンの審査に通過するために、以下の3つのポイントを心がけてください。

少ない限度額で申込むようにしましょう!

カードローンへの申込みの際には、希望する利用限度額を申請することになります。大きな利用限度額を希望すると審査は厳しくなりますので、できるだけ少ない限度額で申し込むようにしましょう。

利用限度額については、その後の利用状況などに応じて増額が認められる可能性があります。まずはカードローンの審査に通過することを優先してください。

各種の情報は正確に記入しましょう!

意外に多いのが、各種情報の記入ミスです。審査では申込書に記入された各種の情報に間違いがないかどうか、厳しいチェックが行われます。この時に間違いがあると審査の通過は難しくなりますので、申し込みの際には勤務先などの情報は正確に記入しましょう。

「ついうっかり」による記入ミスであっても、審査では問題のある申込者だと判断されます。悪質な申込者だと判断されるとその後のカードローンの利用を制限される可能性がありますので、申し込みの際にはミスがないかどうか慎重に確認をしてください。

短期間に複数のカードローンに申込まないようにしましょう!

個人信用情報機関にはカードローンへの申し込みの履歴が登録され、審査の際に確認されることになります。短期間に複数のカードローンへの申し込みの履歴が登録されていると、「お金に困っているのではないか?」「何か問題があるのではないか?」と判断され、審査落ちの原因になってしまうのです。

カードローンへの申込みの履歴は、その後半年程度が経過すれば自動的に抹消されます。カードローンに申し込んで審査に落ちてしまった場合には、しばらく間を空けてから次のカードローンに申込むようにしましょう。

まとめ

それぞれの業者の選定基準は多少は違ってくるものの、大まかな選定基準は以上に上げた3つのポイントを軸に審査が行われます。

お金を貸す立場になってみれば、当然のチェックポイントです。申込みの前に直せるものは、しっかりと直して審査を申し込むようにしましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。