本当に融資を受けられる?業者の選定基準を知って心配を和らげる

借入に申し込んでも審査に受からなければ融資は受けられません。そんな気になる審査の業者の選定基準を調べましょう

金融機関にての借入を予定しているけれど、果たして審査に通るか?ということを心配している人も多いのではありませんか?

特に初めて借入するとなると、心配度も高くなります。
そこで金融業者の選定基準が分かれば、どんな人が審査に通りやすいか?ということを知ることができます。
金融業者によって多少の違いがあるものの、ある程度の共通した選定基準があります。確かめてみましょう。

申し込み者の属性

申込みをした人がどのような人なのか?ということを、詳しく調べます。申込み者の属性としては、以下のような点が含まれます。

現在の住居・・・持ち家か、賃貸か、持ち家の場合はローンの有無なども検討されます。
賃貸よりも持ち家が有利ですし、もちろんローンのない方が有利です。
さらにどのくらいの間、そこに住んでいるのか、ということも検討されます。
長く同じ場所に住んでいる方が有利です。

家族構成・・・未婚、既婚、子供の有無なども選定基準になります。

連絡方法・・・固定電話・携帯電話の有無は絶対に審査に含まれます。今は携帯しか持っていない人も多いので、携帯さえあればOKです。

返済能力

返済能力については、当然お金を貸す側としてはマストな条件となります。
収入が融資する額に対して十分の返済能力を持つ金額かどうかも判断されます。

また年収だけではありません。
勤務先と業務内容も関係してきます。
安定した収入を得やすい大企業や公務員は、安定性があるためにほかの職業とくらべると借入をしやすいといえます。

逆に収入は高いものの、不安定な収入である自営業や水商売系などであれば、あまり良い評価にはつながりません。

そのほかに会社の規模、勤続年数なども大事なポイントです。3年以上の勤務であれば問題なし、1年未満や半年未満であれば、良い評価は得られません。

ほかの借入状況

他の金融機関に借入があるかどうか?も、選定基準の中に含まれます。
消費者記入系であれば、総量規制の問題がありますので年収の3分の1以上の借入はできません。
また総量規制の問題が関係ない銀行系であったとしても、複数の消費者金融から借入がある場合、特に3件以上の借入があるケースであれば、その時点で審査に落ちることもあります。

借入状況には過去の返済記録なども含まれます。
過去に延滞、債務整理、滞納などの履歴がある場合も、審査に落ちやすくなっています。

最近よくあるケースとして、クレジットカードの支払いの滞納や延滞です。
キャッシングとは関係なさそうに見えても、信用情報にはきちんと記載されます。

さらに携帯電話の料金をきちんと支払っていないと、電話本体のローンを支払っていないとみなされて、こちらの信用情報に登録されて断られやすくなってしまいます。

選定基準 選定基準 選定基準
属性 住居・家族構成・連絡方法
返済能力 ★★★ 年収・勤続年数・会社の規模・安定性
借入状況 ★★ 他者からの借入の有無、過去の返済状況

まとめ

それぞれの業者の選定基準は多少は違ってくるものの、大まかな選定基準は以上に上げた3つのポイントを軸に審査が行われます。

お金を貸す立場になってみれば、当然のチェックポイントです。申込みの前に直せるものは、しっかりと直して審査を申し込むようにしましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。