審査基準の緩い金融機関の特徴4つ

審査を通すために知っておきたい金融機関が審査基準を緩くせざるを得ない背景

 
どうしてもまとまったお金が必要となった時に便利なのが、カードローンです。昔と違ってより気軽に利用できるようになっています。そんなカードローンですが、いくら便利な存在ででも審査に通らなくては、利用することもできません。審査に不安を抱えている人もいる中で、審査の緩い金融機関の特徴について考えてみましょう。
 

 
 

・総量規制外の銀行系を狙え!

総量規制という法律が導入されてから、消費者金融系などでは借入額が年収の3分の1までに制限されてしまっています。消費者金融系のカードローン会社は、融資を行いたくても法律の壁に阻まれて貸し出しを行うことができないのです。そのような状況下において、総量規制外である銀行系カードローンは、チャンスであるためにキャンペーンや顧客獲得のために審査を緩めています。まずは利用者がいてビジネスが成り立つのですから、銀行系にとっては大きな顧客獲得のチャンスとなっているのです。緩い審査のカードローンを狙うのであれば、総量規制対象外である銀行系で、なおかつキャンペーンなどを行っているところがおすすめです。
 
 

・低金利のキャンペーンなどを行っているところを狙え!

どんな金融機関であったとしても、利用する人がいてこそ利益を上げられるのです。つまり利用者を獲得するためには、積極的な低金利のキャンペーンの利用者にとって魅力となることを実施し、顧客を獲得することが大事です。顧客獲得に必死になっているときには、審査基準も必然的に緩くなっていることが多いのです。特に低めの金利などは利用者が借りやすくするためのものです。このような明確なポイントは、金融機関が必死に顧客獲得を目指していることが分かります。
 
 

・収入の限られた人にも貸し出しているところを狙え!

カードローンの審査は、貸し出す金額に対する返済能力を審査するものです。そのために収入などの金銭面で、毎月安定した収入がある方などには審査基準も緩いことが予想できるのではないでしょうか?しかし金融機関側もそれだけでは、新たな顧客の獲得はできません。そのために収入が限られた人にも貸し出しを行うところがあります。たとえば安定した収入があれば、主婦やパート・アルバイトの方でも申し込むことが可能なカードローンもあるのです。前もって主婦やアルバイトでもOKとなっているのであれば、審査はさほど厳しいものにはならないでしょう。
 
 

・新規参入系の金融機関を狙え!

金融業界に新たに参入する会社も多くあります。今までは別の業界であったものの、事業の拡大で金融系も始めた!というところも多いのです。たとえばイオン銀行などは新規参入した金融機関と言えるでしょう。そのような新規参入者にとって、まず行うべきことが顧客獲得なのです。カードローン会社も、顧客なしでは商売であるお金を貸すことすらできません。まずは審査を緩くして顧客を獲得するしか、すでにある金融機関に対抗するツテはありません。ですから新規参入系の会社であれば審査を厳しくしすぎて、誰もお金を借りることができなくなってしまうということはないのです。緩い審査で顧客を集めるのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>