審査に通りやすいところ・金融機関のカードローンって結局あるの?

Q. 審査が通りやすさに違いはあるのでしょうか?

A. 結論から言えば、銀行系よりも消費者金融系の方が審査が緩い傾向にあります。

銀行系では断られたけれど消費者金融系に申請してみたら通った、という話を聞くことはとても多いですね。

しかし、消費者金融系は銀行系に比べ金利が高めに設定されており、長期間にわたって返済をする場合は利息が増えてしまい、返済が大変になってしまいます。

審査に落ちることを恐れたり、すぐに借り入れをしたいからといって安全策に走り消費者金融系に簡単に大きな額の借り入れをしてしまっては後々大変な苦労をすることにもなりかねないのです。

 

しかし、短期間で返済できるような少額を借りるのであれば消費者金融系も便利です。このように自身の返済計画と借り入れのタイプを見極めてそれにあった会社をきちんと選べば借り入れは怖くないのです。

さらに既に他社から借り入れをしたことがあり、それをきちんと返済している場合は借入がしやすくなる傾向にあります。

すぐに借りたい場合はどうする?

「高還元クレジットカードが必要」「父が倒れて遠方の実家にすぐに帰らないといけない」など急に現金が必要になるタイミングがあると思います。そういう時に便利なのがカードローンですが、使いたいタイミングで素早く審査が通ってくれなければ困ってしまいますよね。

当サイトではこういったときにすぐ借り入れができる会社をいくつか紹介しています。私の運営している別のサイトではいくつもの金融会社を紹介し、そこに申し込んだ人数と融資が通った人数を調べています。
その結果どこが通り易いのかというのはすぐわかってしまうんですね。

例えば、広告なども多い楽天カードローンなどは目にする機会も多く、通販に使えることからなじみやすく借り入れを考える人も多いと思いますが、なかなか審査に通る人はいないんですよね。
楽天銀行カードローンに申し込むのであれば、ウチで紹介する別の会社に申し込んだ方がすぐに通ると思いますよ。

審査を通りたい!どのように申し込むのが良い?

まず第一に気を付けたいのが、早く審査に通りたいからといって手当たり次第に様々な会社に申し込みを送るのは絶対にダメです。銀行系のカードローンは違いますが、消費者金融系であれば総量規制といって年収の三分の一までしか借り入れをすることはできません。

そのため、審査の際には必ず他社からの借り入れがあるかどうかをチェックするのです。その際に他社に審査の申し込みをしているというのも見えてしまい、審査をしている会社からすれば、そちらの会社で審査に通れば借り入れができてしまう、つまり総量規制に引っ掛かる可能性もある、というわけで、審査の際にはねられる可能性もある訳です。

このチェックでは他にも

・今までの借り入れと返済状況
・金融事故の有無

また、勤務先や勤続年数、年齢や家族、保有する資産なども確認しています。

せっかく審査に通る基準であったのに正直に情報を書かなかったり、事情を知らずにルール違反を犯してはねられてしまうのはもったいないことですから、気を付けたいところですね。

他社からの借り入れがあるのですが…審査に通ることはできますか?

他社からの借り入れがある場合は「おまとめローン」を利用することになるでしょう。
おまとめローンとは複数社から借り入れをしている場合に、それらをまとめて一社から一括で返済できるようにまとめるローンのことです。

このサイトで紹介しているキャッシングでおまとめローンをしているのは、アコムプロミスになります。

アコムの場合「借り換え専用ローン」という商品があり、おまとめにも積極的に対応しているようで、審査にも比較的通りやすいでしょう。

例えばプロミスは借り換えやおまとめを全面に押し出した商品は出していませんが、おまとめに対応はしているので、利息が低めという利点もあることから申し込む価値があると思いますよ。

週末や祝日でも借りられるの?

銀行の場合週末や祝日のATMリ用料が高くなったり、窓口業務がないことからお金を借りられないんじゃないかと考えている人も多いと思いますが、キャッシングの場合は違います。

既に審査が通っている人の場合はATMなどからお金を引き出すことが可能です。これから審査を行う人の場合は平日に審査を通しておく必要があります。これはネットでもできますし、各社の無人契約機などからでもできます。

お勧めなのがネットで先に申し込んでおくやり方です。

無人契約機も便利なのですが、審査が終了するまでは無人契約機の前で待っていないといけません。

狭い空間に時間潰しになるようなものも大抵はありませんから、結構退屈しますし、他の利用者が入ってきたら最悪です。

家のPCなどから申し込みをしてからATMへ行き、引き出す方が時間の節約にもなりますね。

カードローンの審査はスピーディー
一昔前は審査が早くなったと言っても数時間はかかるところが普通でしたが、最近はものの1時間で結果が出てしまうところが多いようです。さらに最近では書類を全て用意して申請をしなくても、ネット上でいくつかの情報を記入するだけで融資が可能かどうか診断してくれる「3秒診断」や「10秒診断」というサービスも始まっています。

もちろん本当に融資が受けられるかどうかは本審査を受けなければなりませんが、融資可能かどうかを判断する基準になりますので大変便利です。いますぐ現金が必要!という時、今までであればカードローンを一から申請するというのはハードルが高かったのですが、現在では申請から現金を手に入れるまでほんの数時間で終えることができるわけですから便利な世の中になったとしみじみ感じます。

消費者金融系カードローンや銀行系カードローンの審査通過は難しいのでしょうか?

現在は様々な金融機関がカードローンのサービスを提供しているのですが、一般的に消費者金融系カードローンは比較的審査には通りやすく、一方の銀行系カードローンでは厳しい審査が行われるというイメージが強いようです。

ただし実際には消費者金融系カードローンであっても、やはり審査に落ちてしまう場合などもあります。今回はカードローンの審査通過率を上げるためのポイントなどについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

消費者金融系カードローンの審査は厳しいのでしょうか?

多くの場合には消費者金融系カードローンへの申込み条件は、「安定した収入のある20歳以上の人」となっています。定期的な一定金額以上の収入があればパートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも申し込むことができますので、申し込みのためのハードルは低めになります。

ただし実際には消費者金融系カードローンに申し込んだ人の過半数が審査に落ちているというデータがありますので、消費者金融系カードローンであってもやはり審査に落ちるリスクは高いのです。

主な消費者金融系カードローンの審査通過率は?

アコムの審査通過率は?

アコムは様々な消費者金融系カードローンの中で、最も審査に通過しやすいとされているカードローンです。アコムでは申込者の半数程度が審査に通過できるとされており、審査通過率は48%程度になっています。

※アコム マンスリーレポートより転載

さらに審査がスピーディーに行われることもアコムの特徴であり、すぐにお金が必要な場合にもおすすめだといえるでしょう。今すぐ借り入れを利用したい人は、まずはアコムへの申込みを検討してみてはいかがでしょう?

アコムのキャッシング詳細についてはコチラ

アイフルの審査通過率は?

アイフルはアコムの次に、審査に通過しやすい消費者金融系カードローンです。アイフルの審査通過率は45%程度と高めなのですが、他社借り入れを利用している人などの場合には審査通過が厳しくなってしまうかもしれません。

※アイフル 月次データより参照

アイフルのキャッシングではお客様本位のサービス提供を行っていますので、急にお金が必要になった場合などには大いに役立つはずです。さらに近年では無利息期間サービスの提供なども行っていますので、カードローンに初めて利用する人などもも安心して申し込むことができるはずです。

プロミスの審査通過率は?

プロミスでは大手消費者金融の中では審査が比較的厳しく行われますので、審査通過率は40%程度になっています。

※SMBCコンシューマーファイナンス
より一部記載

プロミスは他社よりも低めの金利を設定していますので、その分だけ審査は厳しく行われるのです。さらにプロミスは利用者が多いことも、審査が厳しいことの理由となっているのかもしれません。プロミスは様々なATMを利用することができるお得で便利なカードローンですから、年収や勤務先などの条件に自信がある人は積極的に申込んでみてください。

プロミスの審査基準について詳しくはコチラ

銀行系カードローンの審査はさらに厳しく行われることになります

消費者金融系カードローンよりもさらに厳しい審査が、銀行系カードローンでは行われることになります。

貸金業者に該当しない銀行ではカードローンの審査通過率を公開していないのですが、大手消費者金融の審査通過率が40%程度であることを考えると、審査通過率はさらに低めであることが予想されます。

新生銀行カードローンレイクの審査通過率は?

レイク」は消費者金融系ではなく新生銀行が提供する銀行カードローンのブランド名であり、審査通過率は30%程度であると推測されています。

※新生銀行四半期決算情報より参照

新生銀行カードローンレイクは銀行系カードローンとしては比較的審査に通過しやすいといえるのですが、それでも申込者の7割が審査に落ちてしまうことになります。

なぜカードローンの審査通過率は低いのでしょうか?

カードローンは利用期間が長期となるため、利用するためには安定した収入の条件を満たすことが必要になります。さらにカードローンを提供する金融機関では貸し倒れによる貸付金の回収不能を警戒しているため、審査では申込者の信用情報が入念に確認されるのです。

カードローンの審査通過率は50%以下ですから、単純に考えると申込者の半分以上が審査に落ちてしまうことになります。ただし申込者の中にはすでに他社からの借り入れを利用している人や、借金で借金を返済している人などが多いため、初めてカードローンに申し込む人であれば十分に審査に通過できる可能性があるといえるでしょう。

まずは気軽にカードローンに申込んでみましょう!

今回はカードローンの審査通過率を上げるためのポイントなどについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。カードローンは私たちの生活に役立つ手軽で便利な金融商品です。今回ご紹介したポイントなどを参考にしながら、まずは気軽にカードローンに申し込んでみてください。

ズバリ解説!審査に通りやすい人、通りにくい人。

通りやすい人はずばり公務員です

審査は当然ですが人によって通りやすい人と通りにくい人がいます。では通りやすい人はどんな人でしょうか?

それはずばり公務員です。

公務員は若い頃の給与が低いですが、年功序列で給与があがっていくため、また解雇もない為、非常に安定しています。ですので見かけ上の給与が低くてもまったく問題ありません。大切なのは長期に渡って返済をしてくれる人であり、金利を払ってくれる人です。また公務員は真面目な人も多く、返済してくれる可能性が高いです。

特に自衛隊が好印象

とくに自衛隊の人は審査で非常に有利となります。傾向として自衛隊はお金がらみの不祥事を非常に嫌いますので、自衛隊員で返済が不能になってしまった場合は上司が立て替えてくれることもままあるのです。

上下の絆が非常に強く、結びつきが強いですので、何かあっても周囲が助けてくれて返済につながる可能性が高い傾向にあります。ですので自衛隊員は審査で非常に喜ばれます。この人たちは審査に通りやすい人だと考えていいでしょう。

公務員専用のローンもあります

信用金庫などには、公務員専用のローンがあります。金利も優遇されますので、公務員はとにかくローンを組むのに有利です。安定していて年齢と共に収入があがっていき50代で1000万円近い給与がもらえます。

定年退職時の退職金も数千万円となり、一気に返済が可能です。ですので公務員は万が一退職したとしても退職金がありますので、それをあてこんで貸してもらえると言うケースも多いのです。公務員はとにかく優遇されていると言うのがあるでしょう。

大手企業も有利

もちろん民間も大手企業になると有利です。東証一部上場企業になると安定していますので、この人も審査に通りやすいです。ただし勤務年数が重要になります。

大手企業でも転職歴が多かったり、入社してまだ半年などの場合は定着率が悪いと判断されてあまりいい方向に進みません。新卒から大手企業に入社して長年勤めているとそれは十分評価されます。

勤続年数は長いほうがいい

当然ですが勤続年数が長いほうが好まれます。短いと定着率が悪く飽き易い人だと判断されかねません。

それがたとえキャリアアップのための転職だとしても、転職直後の申込みは避けたほうがいいでしょう。最低でも1年は在籍してから申し込んでください。

目先の収入の高さより安定

収入が高いと審査に通りやすいと普通は考えますよね。ですが果たしてそうでしょうか。審査はあくまで安定性をみるものです。トータル的に見てこの人はしっかりと金利を払って期日までに返済してくれるか、会社はそこを見ています。

ですので目先の収入の高さよりも、勤続年数が長くて大手企業に勤めている人が評価されるのです。それはカード会社もビジネスで貸付を行っている以上、仕方のない判断だと思われます。あとは正社員のほうが当然ですが非正規社員よりも信用があります。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*