信用金庫は金融機関の一種・では銀行とどこがどう違うの?

信用金庫と銀行とでは目的が異なる

自宅の近くに信用金庫があって、口座開設しているなどサービス利用している人もいるでしょう。信用金庫ではお金を預けることができますし、各種ローンの販売も手掛けています。このように言われると、銀行とあまり大きな違いがないのではないかと思う人もいるはずです。確かに金融サービスだけを比較すると、信用金庫と銀行とではあまり大きな違いがありません。しかし信用金庫と銀行とでは、経営理念やサービスの対象などで違いがみられます。

まず組織形態に大きな違いがあります。銀行は株式会社であるのに対して、信用金庫は共同組織です。
株式会社の場合、株主からの出資を受けて経済活動を行います。このため、利益をできるだけ出して株主に還元することがその大きな目的です。一方信用金庫は、会員が資金の出資を行っています。非営利組織なので利益を上げることは主たる目的ではなく、地域社会と会員に利益を還元することがその大きな目的になります。

銀行の場合、メガバンクを中心として日本全国に支店を展開しているところもあります。あまり地域性を重視していない傾向もあって、だれでもどこでも銀行の口座を開設することが可能です。たとえば自分の住んでいる地域外の支店でも口座を開設することも、ローンを組むこともできます。

しかし信用金庫の場合、地域に根差して営業をしている傾向がみられます。このため、サービスを受けるためにはいろいろな制約が伴います。
たとえば信用金庫の会員になるためには、その信用金庫の営業地区内に住所もしくは居所を有する、または事業所を有する者、勤労に従事する者といった条件が付けられます。簡単に言えば、その信用金庫の基盤となっている地域に何らかの関連性がないと、会員になることができません。すなわち預金口座を作ることも、各種ローンによる融資を受けることもできないのです。

銀行と比較して、信用金庫のほうが地域に根差した存在であるのが大きな違いです。信用金庫では、地域に密着したサービスを実施しています。地元の商店街の活性化を推進するとか、地域の観光スポットの宣伝などにも力を入れています。銀行はこのような特定の地域を活性化するような事業を行っているところは少ないです。

取引相手にも違いが

取引できる相手にも、銀行と信用金庫とでは違いがあります。銀行の場合、基本的に誰とでもどのような会社とでも取引することが認められています。誰もが知っているような大手企業から、最近では個人向けのサービスも充実しています。銀行の場合先ほども紹介したように株式会社であり、営利目的の組織なので大口の取引相手優先でサービスの提供を行っています。

大手企業にお金を貸せば、返済と利息の支払いを受けられる可能性は高いです。また倒産のリスクも低いので、貸し倒れになってしまう危険性も低いです。このため銀行では、個人や中小企業と比較すると、大口の得意先のほうを営業面では重視する傾向がみられます。
しかしもし日本の金融機関が銀行だらけになると、中小企業や個人は融資を受けにくくなって、経済が回っていかなくなります。そこで重視される存在として、信用金庫が出てくるわけです。

信用金庫では、中小企業や個人を中心にして、融資などのサービスを実施しています。信用金庫では融資できる企業の条件に制約を設定しています。従業員300名以下もしくは資本金9億円以下のいずれかを満たしている企業が融資の対象になります。

信用金庫は会員といって、資金を出資している人を対象にして各種金融サービスを実施しています。会員ではない企業・個人でもサービスを受けることは可能ですが、融資額の上限など、条件は会員と比較すると厳しめに設定されます。

ローンの金利も異なる

銀行でも信用金庫でも、各種ローンを用意しています。ローンの借り入れを受けるにあたって、金利が気になるという人も多いでしょう。金利が低ければ、利息の支払いが少なくなって、全体的な返済負担も軽減できるからです。

金利で比較すると、銀行より信用金庫のほうが金利は若干高めです。これは信用金庫が中小企業を対象にして、融資サービスを実施しています。このため大企業と比較すると、1件当たりの融資額はどうしても少なくなります。

もし融資を希望する顧客が多くなればなるほど、審査にかかるコストがどうしても増えてしまいます。このコストをねん出するためには、金利を高めて利息収入を増やす必要があるわけです。金利が高いと、信用金庫でお金を借りるメリットはないような感じがするかもしれません。

しかし信用金庫は銀行と比較すると、審査が柔軟で迅速に手続きを進めてくれるメリットがあります。つまり資金繰りが急激に悪化したとか、急な出費で持ち合わせがないといったときに信用金庫のローンを利用すれば、銀行と比較して早めに現金を確保できる可能性が高まります。また金利が高いとはいっても、ノンバンクと比較すれば低金利なのでそれほど大きな返済負担を強いられる心配はないでしょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*