提携ATM手数料の負担が大きい。手数料のことも考慮しよう!

お金を借りる際に注目すべきは金利だけじゃない!提携手数料の負担が大きいことに注意

・提携ATMの手数料が負担となるケース

カードローンは、長い付き合いになるケースが多いです。
1万円借りて翌週に1万円返せばそれきりですが、もう少し高額のお金を借りた場合、あるいは支払金額を少なく設定した場合は、長いお付き合いになります。
そんなとき、重要なのが提携ATMの利用手数料です。
支払回数が増えるほどに、累積の手数料が増えていきます。
しかもこれは金利と違って、支払の実績にはなりませんし、利用者負担です。
なるべく提携ATMの金利手数料が無料の業者を選ぶか、提携でない専用ATMのあるところまで移動して、支払を済ませましょう。積み重ねると大きな金額になります。

・負担が大きい支払手数料

ATMの利用手数料は、利用者負担です。
そのため、一回の支払手数料は少額でも、積み重ねると見逃せない金額になってきます。またキャッシングをする人はお金に困っているケースが多いですので、その端数である利用手数料が工面できずに当日支払ができず、延滞してしまうケースも考えられます。
カードローン会社を選ぶとき、何より重視すべきは金利ではなく、日常のライフスタイルにあった返済が行えるかどうかをシミュレーションすることです。
家や職場から一番便利なATMの手数料が無料であること、これをポイントにしましょう。

・ホームページをしっかりチェック

提携手数料については、各社ホームページにしっかりと記載があります。
一般的に、消費者金融は提携ATM手数料をしっかりと取られるケースが多いようです。
また銀行も、銀行のATMならば利用手数料は無料ですが、提携ATMですと有料になるケースが多いのです。
狙い目はネット系銀行のカードローンです。
ネット系銀行は店舗を持たず、通帳も発行しないため、少ない資金で運営が可能です。
そのため金利も比較的低く設定してあり、利用手数料も無料であるか、割安のケースが多いのです。ホームページでしっかりとチェックしましょう。

・あちこちにATMがある業者を利用する

たとえばイオン銀行やセブン銀行などの流通系カードローンですと、ATMがたくさんあります。セブン銀行なんかはセブンアンドアイの関連する小売店は町のいたるところにあり、ATMが設置されています。ですので流通系のカードローンを利用すると、トータルコストを見たときにお得になるケースがあります。しっかりと見比べてみてください。

・金利だけを見ていてはいけません

利用するときにまず目に付くのが金利ですよね。
ですが金利だけを比較していても、一日当たりのコストの差は数円であるケースも多いのです。盲点なのがこの提携ATMの支払手数料です。
借り入れの際は、目先の金利にとらわれずに、どれだけ多くの提携ATMがあるか、また利用手数料を節約できるかというところもしっかりとチェックしましょう
カードローンとの付き合いが長くなればなるほど、手数料の問題は大きくなってくるのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。