取り立てにもルールがある!!違法な取立てから身を守ろう

返せなくなったときに取り立てがあります
消費者金融や銀行系カードローンは、普通に使っている分にはなんら問題は起こりません。

返済期日までに金利込みで返済していけば、いつかは完済します。
ですが問題は返済事故が起きたときです。

一時期は強引な取立てが社会問題になりましたが、保証人も担保も立てず、フリーローンでお金を借りているのですから、返済が滞ったら請求がくるのは当然です。
特によくないのが無連絡での滞納です。

その場合は消費者金融から連絡が来ることになります。乱暴な電話や取立てはありませんが、自宅や勤務先に連絡が来るのは避けられないでしょう。

午後9時以降~朝8時までに連絡をすることは違法となっています。

また、張り紙を張ったり看板を立てたりして、この人が借金をしていることを周囲にしらしめる行為も違法となっています。プライベートを暴露するような内容は禁止されています。

また、他者から借り入れて返済をするよう迫るのも違法です。
親族や友人などに、代わりに返済するように強要することも禁じられています。
また借り入れた人が弁護士を通じて債務整理をすると通知されたのに、それでも本人にしつこく連絡を取ろうとすることも違法となっております。

これらはすべて、借入した人を守るために作られた法律です。

電話をどんどんかけて罵詈雑言をあびせたり、自宅におしかけてきて帰らなかったり、周囲に借金があることをばらすように大声で会話したりするようなこともすべて禁じられています。

また臓器を売るように迫ったり生命保険で返済するように迫るなども論外です。

これらの強引な取立ては、以前はCMしているような有名な消費者金融でも当たり前に行われていたことです。消費者金融は利息が利益ですので、元本を回収し損ねては大きな損害となります。なんとしても損害を免れるために、暴力的ともいえる取立てを行っていたのです。

ですが現在ではこれらの暴力的な取立ては違法として扱われます。違法な取立てにあった場合はすぐに警察を呼んでください。

ですが、取立てが起こるのはそもそもしっかりと返済しないことに原因があります。借りるときに契約をしっかり読んで、元本に対して利息がどれぐらい発生するのか、また総額の返済はいくらになるのか、自分自身が無理なく返済できる額なのかをよく検討してから借り入れてください。

返済しないと言うことは、消費者金融側はある意味で被害者ですので、相手に損害を与えないように、返済は確実に行いましょう。そもそも返せないような計画を立てるべきではありません。

債務整理を決めて弁護士に連絡し、弁護士から消費者金融側に連絡が行けば、本人への連絡は以降はなしになります。取り立てが精神的に負担だと感じたら、弁護士に依頼するようにしてください。ですが当然ですが以降の借金はできなくなりますし、弁護士に依頼すれば依頼料金が発生します。

現在では、電話連絡、自宅への催促の手紙、自宅への電話、自宅への訪問とステップがあります。最初の電話にしっかりと出ていれば、自宅に来られるようなことはありません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>