合宿免許や運転免許の費用にカードローンを検討してみよう

合宿免許や運転免許の取得には20万円~30万円前後の費用が必要!

運転免許を取得するためには大体30万円前後の費用が必要だと言われています。比較的安く運転免許証を取得できるAT車限定でも25万円ほどの費用がかかってきます。一生に1度のものだからそこまで高く感じない、という意見もありますが、運転免許証を取得する年齢の多くは高校生や大学生、新社会人です。つまり、お金の蓄えがある人のほうが珍しいと言えます。そのため、少しでも費用を安く抑えたい、どうにかして費用を捻出したい人も出てくるでしょう。そこでここでは、運転免許証の費用を安く抑えるポイントと費用のやりくりについて紹介していきます。

●運転免許証取得の相場をチェックしてみよう

運転免許証の取得は「運転免許試験を受ける」もしくは「自動車教習所に通う」の2択になります。運転免許試験は公安委員会が行っている試験で、仮免許学科試験、仮免免許技能試験、普通免許学科試験、そして普通免許技能試験の全てをクリアして初めて運転免許証が発行されます。これらの費用の合計はおよそ2万5000円~3万円程度。これだけ見るとかなり格安に感じられるでしょう。しかし、基本的に一度で合格することはありません。何度も受け直すとトータルでの費用はいくらかかるか予想しづらい部分があります。

一方の自動車教習所に通って運転免許証を取得する場合、自動車教習所が行っている技能検定に合格し、無事に卒業できれば公安委員会の技能試験をパスできます。つまり、あとは学科試験に合格すれば晴れて運転免許証を取得できることに。25万円~30万円程度の費用がかかってきます。

多くの方は自動車教習所で運転免許証を取得します。というのも、公安委員会の技能試験はとても難しいからです。ですので、確実に免許が取得できる自動車教習所を多くの方が選ぶ、というわけです。ちなみに、自動車教習所は全国各地にありますが、それぞれの教習所によって費用が異なる場合もあります。ですので、通える範囲内にいくつかの教習所がある場合は少しでも費用が安いところを選ぶのもひとつの手です。

●合宿免許は格安?

実は合宿免許を活用して運転免許証を取得した方が格安になることが多いです。費用自体は20万円~25万円くらいが相場となっていますが、これに宿泊費や食費、交通費なども含まれていることがほとんどなので、実費をかなり軽減できます。また、最短距離で免許取得に繋がるので比較的時間に余裕のない方や、少しでも早く免許が欲しい方にとってはかなりメリットが大きいです。ただし、知らない人たちと一緒に過ごさなくてはならないなど、いくつかのデメリットもあります。

●運転免許ローンは利用するべき?

運転免許証取得に必要な費用は一括で支払うことが多いです。中には分割払いに対応しているところもありますが、多くは運転免許ローンという独自のローンを設けていることが多いです。これを利用するのも良いのですが、中には詐欺まがいの金利が設定されているなどトラブルも良く耳にします。

ですので、ある程度まとまった費用を用意するのが難しい場合は信頼できる運転免許ローンを選ぶ、もしくは消費者金融や銀行が提供しているカードローンを活用することを検討してみてはいかがでしょうか。カードローンは基本的に使い道は限定されていないため、免許取得費用はもちろん、教習所までの交通費や、食費、普段の生活費などに利用してもOKです。一括で支払うのは難しいけれど、月々少しずつなら返済できる、という方はカードローンの利用も検討してみましょう。運転免許ローンと一般的なカードローンの比較ポイントは以下の通りです。

運転免許ローン カードローン
借入金額 運転免許取得に必要な金額 1万円~500万円前後
金利 上限金利前後がほとんど 消費者金融系カードローンの場合は上限金利前後が多く、銀行系カードローンの場合は金利が優遇されることが多い。また変動金利を採用していることもある。
審査 安定した収入が必要。中には学生でも利用できるものもある 安定・継続した収入が必要。
返済方式 毎月決められた金額を返済するケースが多い 毎月決められた金額の返済+余裕があれば繰り上げ返済にも対応

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。