契約時に約款をしっかり読むこと

約款はしっかり確認しておくこと
約款は契約内容を明確にした条項のことで、必ず契約書などに添付されていたり、あらかじめ確認するために提示されるものです。カードローンの使い方説明書でもある利用規約と共に、しっかりと確認しておくべきものです。

約款は普通、いろいろな事態を想定した内容を記載しているので、膨大な文章量になっています。一般的にはどんな業者、どんなローンの形態であれ、約款作成を迅速にするためにある程度は定型文になっていて、基本的には統一的に定められているものになっています。

ですので、そのローンの特徴的な内容や契約に合わせた重要な内容だけ、つまり要点だけは最低限押さえておけば問題ありません。

契約が成立したら、約款も承諾したことになる

約款は定型的な部分が多いので、契約時に業者の担当者は早くサインを済ませるように促してきます。しかし、約款や利用規約は本来はじっくり読まなければいけないものです。あとでトラブルになっても、書類にサインや印を押している以上、約款は読んで承諾されていると判断されます。あとになって非常に不利な内容が含まれていても、それを承知した上で合意したと法的に証明されてしまいます。

約款などはとにかく文章量が多いです。しかも、契約書ですから、簡潔に、決しておもしろみのある内容ではないですから、全部に目を通すことはなかなかできるものではありません。先ほどは要点を押さえておこうと書きましたが、現実的にはどこが要点なのかもわかりづらいかと思います。

そんなときは、契約の担当者にしっかり内容を聞いてみましょう。おそらく面倒くさい顔をすることでしょう。しかし、業者側には説明の義務があるのでちゃんと説明をしてくれます。もししっかりと答えてくれなかった場合、その業者は安心してカードローンを組める会社に値しません。

とにかく、約款は要点だけでも目を通しておいてください。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*