保証金名目でお金を騙し取る業者に注意!

保証金名目でお金を要求する会社は違法な業者です!

保証料は必要ありません

保証料名目でお金を要求されていませんか?それは詐欺であり、架空業者である可能性が高いです。というか、間違いなく詐欺です。

保証料というのは、お金を借りる際に、信用をつけるため、もしくは、保証会社に依頼するためという名目で請求されます。
金額は数万円であることが多いです。
お金に困っている人は、これで数百万円の融資を受けられると思ってついなけなしのお金を振り込んでしまうのですが、これは詐欺の常套手段です。

通常、保証料は金利に含まれているか、取られません。
お金を借りる際に、必要なのは金利のみです。金利以外のお金は一切必要ないのです。

運営は金利で行われています

では貸金業者の利益はどこからでているのでしょうか。
それは金利です。貸金業者はすべてこの金利で営業されているのです。
ですので、適切な利益になるように金利が調整されており、莫大な金利だったり保証料だったりを要求はされません。
違法な金利や、保証料は、すべて詐欺であり闇金の常套手段なのです。
気を引き締めてかかりましょう。
繰り返しになりますが、貸金業者は金利のみが利益となります。
金利以外を要求されることはありません

その他の違法な要求の例

例えばデータ登録料などといって、管理料金を要求する場合もありますが、これも詐欺です。データの管理の登録料などは一切必要ありません
また、支払ういわれもありませんので、ご注意ください。
後はうちでは貸せないけれど、他社なら貸せるかもしれない、といって、斡旋し、あっせんの仲介手数料を取る会社もあります。
これも実際には仲介などしていませんし、仲介手数料を支払う必要もありません。

最初に要求されなくとも、天引きされるケース

最初に要求されるケースもありますが、最初には要求せず、いざ貸付のお金を払う段階になって要求してくるケースもあります。
10万円の貸付を約束しておいて、保証料の3万円と仲介料の2万円を引いて5万円しか貸してくれないと言うケースです。
これはその時点でもう闇金常套手段ですので、絶対に借りないでください。
実際に受けとるお金が5万円なのに、契約書上は10万円になっていたりする場合、これらの違法な手数料が上乗せされているケースもあります。

保証会社への保証料は誰が負担するの?

正規の業者は、保証会社を使っています。
ではその保証料は誰が負担してるのでしょうか。
それは、その正規の業者が保証料を負担しているのです。

そのため、お客様であるあなたに保証料の請求がいくことはありません。
また実際に保証料が発生しているケースでも、金利に組み込まれており、そのことは明記されています。

保証料を単独でお客様に請求するケースは絶対にありません
その会社は貸す気のない詐欺、もしくは違法な闇金業者である可能性が高いですので、絶対に借りないようにしてください。
保証会社は存在しますが、お客様に保証料を要求するケースは絶対にありません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。