ローンの種類と借りたお金の使い道の違い

ビジネスでよく使われるリスケって何?成功するためのポイントは?

巷でよく聞かれるリスケって何?

会社経営している人の中には、銀行融資を受けている人も多いでしょう。返済期日が迫っているけれども、業績が何らかの理由で急激に悪化してしまった、売り上げの未達が続いているなどの理由で資金繰りが悪化して、資金を準備できないというケースもあるでしょう。このときどのような対応をするか、経営者の腕の見せ所といえます。

このような資金繰りに行き詰った場合、リスケという方法も検討しなければなりません。リスケとはリスケジュールの略称で、返済のスケジュールの見直しを行うことです。経営者と金融機関が相談のうえで、返済期間や毎月の返済金額を一時変更して返済可能なスケジュールにすることです。返済負担を軽減することで、金融機関も債権の未回収を防げますし、会社側も経営改善を目指すことが可能です。

リスケを申し入れても、金融機関が果たして応じてくれるのかという疑問を持つ人もいるでしょう。平成21年に中小企業金融円滑化法が制定されています。この法律の中で、中小偉業がリスケの申し込みをした場合、金融機関は柔軟に対応するように求める規定が定められています。この法律は平成25年に満期になりましたが、金融庁は引き続き金融機関にこの努力義務を求めると明言しています。

金融庁では「貸付条件の変更などの状況の推移」を発表しています。その平成28年版を見てみると、申込件数に対して98.0%の実行率となっています。金融機関はリスケに対してかなり柔軟に対応していることがお分かりになるでしょう。

資料を準備することが大事

金融機関もリスケには柔軟に対応しています。しかし何でもかんでもリスケに対応するわけではありません。金融機関が「債権回収できなくなるよりは期間を延ばしても債権回収したい」「今我慢すれば業績は回復するだろう」と思ってくれないとリスケに対応してくれないかもしれません。

そのためにはリスケの交渉は非常に大事です。まずは会社の現状をきちんと相手に理解してもらうことがポイントになります。そこで資料作成は入念に行うことです。

資料ですが、少なくても3つの書類は準備しておいたほうがいいです。
まずは、なぜ予定通りの返済が難しくなったかの過去のいきさつとリスケを行った場合とそうでない場合のキャッシュフロー予測を含めた資金繰り表です。

2つ目は、リスケが実現できた場合にお金が浮くのでそれをどのように活用するか、その結果会社経営にどのような影響を与えるかについて記載された経営改善計画書になります。

最後がキャッシュフローを使って、いくらまでなら返済することが可能化の返済計画書です。

この資料を作成するに当たって重要なポイントとして、資料内容に矛盾がないかどうかです。またいろいろと資料について担当者は経営者にいろいろと質問してくるでしょう。もしここでしどろもどろになると、資料の信用性が疑われます。リスケ交渉するのであれば、しっかりした資料を作成して、どのような質問が来るか想定して答えを準備しましょう。

返済条件には相場もある

返済条件を変更するリスケは、金融機関としても想定していたお金が入ってこなくなるわけでリスクを背負うことになります。ですからお互いにとって妥協できる条件の中で、合意点を見出す必要があります。

返済金額ですが、先ほど紹介していたキャッシュフローに基づき、いくらまでなら返済できるかを説明しましょう。リスケを求めるということは、経営状況はかなりせっぱつまっているところも多いはずです。借入金を返済する余裕の全くないところも多いでしょう。逆に言えば、そこまで切羽詰まった状況にならないと、金融機関も真剣にリスケを検討しないでしょう。

ですから思い切って、希望返済額をゼロ円からスタートしてみてもいいでしょう。そして目標の着地点ですが、金利の支払いだけにしてもらって元本の返済を猶予してもらいます。せいぜい月々元本の返済数万円プラス利息支払いくらいが妥協点になるでしょう。

金融庁の監督指針の中では、リスケにあたって5年以内に債務超過が解消され、黒字化することが好ましいと書かれています。しかし5年間もリスケを続けてもらえるような悠長な金融機関は正直言ってありません。

一般的な相場ですが、半年から1年といったところでしょう。ですからリスケの期間をまずは1年で交渉してみて、相手の状況を見て期間短縮で妥協する、それでも半年のラインだけは譲れないといった交渉をしてみましょう。もしリスケ期間が終了して、まだ資金繰りが厳しいというのであれば、リスケの延長の交渉をすることは可能です。

リスケの交渉の中で、金融機関はスケジュール見直しを行う代わりに金利を引き上げることはままあります。この条件を相手が提示してきた場合、これは妥協したほうがいいでしょう。相手の顔を立てるつもりで飲み込むのがお勧めです。

経営責任を認めること

リスケを求める際には、自分に非のあったことを認めることも大事です。実はリスケを求める経営者の中には、景気悪化とか従業員の怠慢など自分以外のところに問題を求める人もいるようです。しかしこれは金融機関の心証を損ねる可能性が高いです。経営者が自分の非を認めないということは、今後十分な経営改善できないのではないかと思うからです。

取引先がつぶれてしまったとか、社員がお金を着服したなどでも経営者の過失に原因は多少なりともあります。自分の経営責任を認めたうえで、二度とそのような過ちを起こさないようにするという決意を相手に伝えることが、リスケを認めてもらえる可能性を高めます。どのような交渉をすれば、相手がリスケを認めやすくなるのかということを考えて戦略を練ることが大事です。

0

借入をする際にはどのような商品タイプを選べばいいの?

どこの会社で借入を行うか?ということもとても大事なことになりますが、同じ会社でも選ぶ商品タイプによって大きく条件が異なってくることがあるのです。

そこでここではお得に借入をするためには、商品タイプをどのように選ぶべきなのか?ということを検討していきたいと思います。
続きを読む

0

フリーローンってどんなローンなの?

個人向けの借入として人気の高いカードローンがフリーローンです。

ではフリーローンとはどのような特徴を持つローンなのでしょうか?またメリットとデメリットにはどのようなことがあるでしょうか?詳しく調べてみることにしましょう。
続きを読む

0

実はリスクが高い商工ローンについてしっかりと知る!

商工ローン、今ではビジネスローンなどと呼ばれているローンは、ビジネスを経営する方にとって急な出費に対応するために欠かせないローンとなっているかもしれません。

でも気を付けておかないと、実は商工ローンで運営を傾けてしまうこともあるかもしれないのです。
続きを読む

0

超少額借入を成功させるために知っておきたい5つのポイント

1万円や2万円、3万円という超少額のお金を借入したいときには、カードローンであってもキャッシングであっても比較的に簡単に行えることができます。

ただこのように超少額の借入を予定しているのに、ついつい借り過ぎてしまう人も多くいます。
超少額の借入をするときにぜひ知っておきたいポイントについて考えてみましょう。
続きを読む

0

長期借入は借入をする人によっては損にもなり得にもなる

銀行や消費者金融などの金融機関から借り入れをする場合に、借入の期間の長さによって借入の種類を区別することができるということをご存じですか?

ここでは長期借入について詳しく調べていきたいと思います。借入についてよく知って適切な借入を行えるようになりましょう。
続きを読む

0

無担保ローンの特徴とメリット・デメリット

無担保ローン”という言葉を耳にしたことがある方も少なくないと思います。

借入を検討している方にとっては、無担保ローンとはどのようなローンであるか?ということを知るのは、大事なことであるともいえます。そこでここでは無担保ローンの特徴、メリット・デメリットについてしっかりと考えてみましょう。
続きを読む

0

知っておきたい長期ローンの落とし穴

一般的な借入などは比較的短期の借入となっています。

気軽に少額のお金を借入して、素早く返済するというイメージを持っている方も多いと思います。しかし大きなものを購入する時にはそれなりの額の借入をすることになるでしょう。

大きめの借入となる場合には長期ローンが利用されるようです。では長期ローンとはどのような種類の借入であるか?ということを詳しく調べていきましょう。
続きを読む

0

返済日を忘れがちな人は自動融資で延滞を防ぐ

カードローンの利用を考えているのであれば、ぜひ知っておきたいことの中に自動融資があります。

自動融資はカードローンの契約形態によって機能として付帯することができるものです。
ではいったい自動融資とはどのような機能のことなのか?詳しく調べてみましょう。
続きを読む

0

短期的な資金調達先にピッタリな法人ローン

ビジネスではお金の流れがとても大事になり、それが会社としての生命線ともなることがあります。会社を経営していくに当たり資金調達は大きな課題ともいえることでしょう。

そんな資金調達がいつもうまくいくとは限りません。短期的な資金調達が必要となったときには、法人ローンもひとつの選択肢になりうるといえるでしょう。

続きを読む

0

オートローンはどのようなことに使えるローンなの?

車を購入するほとんどの方が借り入れを利用して自動車を買うといわれています。

車自体の価格は安いものではないために、自動車を買うためのローンが必要になるといえます。そんな自動車の購入のための借入であるオートローンとはどのようなローンのことでしょうか?調べてみましょう。
続きを読む

0

事業のピンチはビジネスローンで乗り切って!

ビジネスをする上で避けて通れないものが、出費ですね。

急な資金調達や事業の拡大などには必ずと言ってもいいほど、お金が必要になります。すぐに用意できるお金があればいいのですが、なかなかそううまくはいかないものです。

そんなときに利用できるのがビジネスローンと呼ばれるものです。どのようなローンかをさっそく調べてみることにしましょう。

続きを読む

0

結婚式費用のためのブライダルローンとはどんなローン?

結婚が決まると何かとお金が必要なことが増えてきますね。

貯えがあればいいのですが、その貯えの中ですべてが終わるということはなかなかないようです。そのような方が利用するのがブライダルローンです。

ではさっそくどのようなローンであるか?ということを具体的に調べてみましょう。

続きを読む

0

不幸ごとの大きな出費はメモリアルローンで切り抜ける

葬式・葬儀を執り行うとなるとそれなりのお金が必要となってきます。

たとえば葬式の費用以外にもお墓や仏具などの購入代金などもかかってくることもあるでしょう。これらの購入にはそれなりの金額がかかってしまい、賄うことができない方もおおくいます。

そんなときに便利なのがメモリアルローンです。
続きを読む

0

突然訪れる不幸ごとには葬式・葬儀ローンで対応

突然訪れてしまうのが葬式というものです。

そんな葬式ですが思っているよりも費用が掛かってしまうことがあります。
いくら簡単に済ませたとしてもある程度のまとまったお金が必要です。

故人のために葬式はきちんとしたいけど、お金がないという人は決して少なくないハズ。そんな人にオススメなのが葬式・葬儀ローンなのです。

続きを読む

0