ローンの種類と借りたお金の使い道の違い

みずほ銀行カードローンで即日融資を希望する人にはweb完結申し込みがおすすめです!

みずほ銀行カードローンを利用するためには、みずほ銀行の普通預金口座を開設していることが条件となります。普通預金口座を持っていない人がみずほ銀行カードローンを利用するためには、カードローンへの申込みと同時に普通預金口座口座を開設することが必要になります。

続きを読む

0

資金繰りが苦しい…資金繰りを改善するための5つのポイントを紹介

売掛金の回収を進めよう

資金繰りが厳しくなって、銀行からの融資を受けたいと思っている人もいるでしょう。銀行から融資を受けられればいいのですが、資金繰りが厳しくなっているとなかなか審査もクリアできない可能性もあります。

そこで資金繰りの悪化を改善するための方法をいろいろと考えましょう。資金繰りを改善する基本ですが簡単に言ってしまえば、出ていくお金を少なくして、入ってくるお金を大きくすることです。

まず入ってくるお金を増やす方法として、売掛金の回収を早く行えるような環境作りをすることです。場合によっては取引先から売掛金の決済や手形を落とすのを先延ばしにしてほしいといわれることもあるかもしれません。

人によっては「付き合いもあるから…」と思って、相手の言うがままになっている人もいるでしょう。しかしこのように八方美人な態度をとっていると、資金繰りが悪化してしまいます。

そこで売掛金を確実に回収できるようなルールを作ることが大事です。そしてできるだけ支払サイクルを短くして、定期的にお金の入ってくる状況を作りましょう。

取引先の倒産リスクを考える

資金繰りが悪化した場合、銀行融資をはじめとした資金調達を考える経営者が多いです。その気持ちも分からなくはないですが、取引先の与信管理のほうが重要になります。簡単に言うと、取引先で倒産リスクを抱えている、経営状況の悪化しているところはないか確認をすることです。

倒産リスクについてですが、営業と経理担当者の間でコミュニケーションを密にするように心がけることが大事です。両者の持っている情報を交換することで、取引先の状況がよりつまびらかになるでしょう。もし取引先で「ちょっと危なそう」というところがあれば、早めに対処することが大事です。

具体的には現金取引に切り替えることで、債権の回収ミスをできるだけなくすなど、被害を最小限に食い止めることで、資金繰りの悪化を防ぐことも可能です。

コストの見直しをする

出ていくお金を極力少なくすることも、資金繰りの悪化防止のために必要なことです。そこで一旦、自社の支出がどのようになっているかを確認してみましょう。特に注目してほしいのは、毎月一定の金額の出ていく固定費についてです。広告宣伝費や接待費、営業コストなどを見てみると、意外と余計な支出をしているケースも少なくありません。

意外と固定費のコストカットするのは思っているよりも簡単です。たとえば広告宣伝費ですが、インターネットによる宣伝を主力にすることで大幅なコストダウンを実現することも可能です。また助成金や補助金を利用できる可能性もあり、こうすることで固定費の大幅な削減を実現することも可能です。

あと会社の経営の中でも大きな負担となるのが、人件費です。やみくもに人件費をカットすると経営効率が悪くなるだけですが、人材をいい機会ですからチェックしてみましょう。今後経営成長するために必要な人材かどうかで、取捨選択することも検討してみるといいでしょう。

不要な在庫はありませんか?

資金繰りが厳しいとか経営状況が芳しくない企業を見てみると、不要な在庫を多く抱え込んでいる傾向がみられます。デットストックを抱えているということは、それだけ購入資金を塩漬けにしていることと一緒で経営を悪化させる要因となります。不要なストックについては、できるだけ早く換金するなどの対策を進めましょう。

在庫を過剰に抱えている会社は、企業にとって適正な在庫がどのくらいであるかきちんと理解できていない可能性は高いです。そこで在庫の管理はこまめに行って、自社にとって適正な在庫を把握しましょう。そうすれば、より的確な仕入れができるようになります。

在庫が適正になると、仕入れから売上までの日数を短くできます。入ってくるお金のサイクルも短くなりますので、その分資金繰りに余裕が生まれ、銀行融資に頼りきりにならなくて済むわけです。

投資はキャッシュフローの範囲内で

設備投資など事業を拡大して業績をアップさせるためには欠かせない作業です。しかし投資を行うのであれば、キャッシュフローの範囲内に収め身の丈に合った規模にすることが大事です。無理に投資にお金をつぎ込んで、手持ちの資金を減らしてしまっては当然のことながら、資金繰りはますます悪化してしまいます。

簡単に言えば、投資をするにあたって「本当に会社にとって必要な出費なのか?」ということを見極めましょう。また投資をする場合でも、出す金額をより少なくできる方法はないかを探ってみる姿勢を持つことも大事です。たとえば設備投資を行うにあたって、設備を購入するとお金がかなりかかります。

しかしリースにすればかなり初期コストを少なくできる可能性もありますし、自社制作しなくても外注することでコストを減らす方法も考えられるので、いろいろとシミュレーションして最適な方法を検討することが重要です。

銀行融資を受ける前にこのような資金繰りを改善するポイントを見直してみることが大事です。以上で紹介したこの5つのポイントを実践してみることで、大分資金繰りの状況が好転する会社も多いはずです。

また資金繰りに余裕ができれば、銀行からの追加融資もこちらの希望通りになる可能性も高まります。お金に困ると融資を受けようと思う人も多いですが、まずは自分の足元を見直してみることが優先です。

0

銀行融資の審査を受ける前が重要・5つのポイントを紹介

まずは必要書類を準備しよう

経営者にとって、銀行からの融資が受けられるかどうかは経営を続けるにあたって重要なポイントになります。もし銀行融資を希望するのであれば、必要な書類を準備するところあらはじめましょう。

銀行の担当者との面談の時に、特に初回の面談であれば会社の定款と登記簿謄本、許認可事業の経営者であれば許認可証を準備しましょう。さらに決算書が必要ですが、初回の面談であれば直近3期分の決算書を準備しましょう。

この決算書ですが、ビジュアルデータを準備すると過去の推移がより見やすくなります。ちなみに取引のある金融機関から融資を受けるのであれば、直近の決算書があれば問題ありません。

銀行融資を受けるにあたって、決算期から少し時間の経過したタイミングで申し込みをするケースもあるでしょう。その場合には合計残高試算表と資金繰り表を添付するといいです。合計残高試算表と資金繰り表を準備するタイミングですが、決算期から4か月以上経過した段階で融資の申し込みをする時を目安にしましょう。

資金が必要になった理由を準備しよう

金融機関にとって経営者が融資を希望した場合、「なぜ資金が必要なのか?」がポイントになります。資金が必要な理由もあらかじめ準備しましょう。

資金が必要な理由についてですが、結構多くの経営者が挙げるのが、集金ズレです。支払期日がずれたことで資金繰りが悪化し、融資を希望するというものです。一見すると「自分のところは悪くない」というアピールになって、融資にはプラスに働くような気がします。しかしこの集金ズレですが、マイナスの印象を与えます。

というのも集金ズレを起こすような会社と取引していること自体を問題視します。集金ズレを起こしている企業は信用力に問題がありますし、経営状況が悪いのではないかと推測されます。そのようなところと取引して、不安定な経営状態になるのではないかと不安視してしまいます。もし集金ズレによる融資を希望しているのであれば、その取引先を排除するためにどのような努力をしているかもアピールする必要があります。

融資を受ける理由についてですが、基本的な流れは当初の資金繰りや事業計画を説明して、なぜその計画通りにいかなくなったのか原因を提示します。そのうえでより良い経営を行うためには融資を受ける必要があるという感じで持っていきましょう。このとき異なる事業計画でも経営を続けることはできるということもしっかりアピールしておきましょう。

また融資を受けた場合、会社にどのようなメリットが期待できるのかも説明しましょう。だから返済は問題なく行えるという説明をすれば、相手も納得しやすいでしょう。

資金繰り表を準備する

融資の申し込みをする際には、資金繰り表を作っておくことも大事です。資金繰り表といわれてもピンと来ないという人もいるかもしれませんが、簡単に言えば事業計画のキャッシュフローバージョンと考えてください。具体的には資金繰り表は収入欄と支出欄があって、毎月の収入と支出を記録します。資金繰り表を作成することで、収支のバランスがどうなっているかが把握できます。

資金繰り表ですが、1円単位まで細かく作成する必要はありません。1000円、1万円単位でもきちんと用意すれば銀行マンの心証も良くなります。

資金繰り表ですが将来部分だけでなく、今までのことを検証するためにも重要です。なぜ融資が必要になったのか、資金繰りが厳しくなっているかの理由も資金繰り表を提示しながら説明をすれば、相手も理解しやすくなります。

担保や保証人を準備できないか

金融機関としてみれば企業に融資するにあたって「貸したお金をきちんと返済してくれるのか?」というところをどうしても重視します。そこでもし自分が返済できなかったとしても、担保や保証人を準備しておけば、そこから債権回収ができます。

不良債権化するリスクが少なくなるので、担保や保証人を準備できるのであれば準備しておくと融資の審査の通る可能性も高まります。

担保についてですが、不動産をイメージする人もいるでしょう。しかしそのほかにも預金や動産も担保にすることも可能です。このとき重要なのは、事業に極力関係のないものを担保にすることです。工場や事務所などを担保にしてしまうと返済が滞って、事務所や工場が競売にかけられると事業継続が難しくなってしまいます。

保証人を付ける場合、その人の信用力が審査に影響を与えます。保証人で信用力の高い人ですが、給与所得者がお勧めです。サラリーマンや公務員の場合、給料が毎月出ますので返済力が高いと判断されます。無職や年金生活者、フリーターは安定した収入がないので保証人としての信用力は低くなります。ただし年金生活者でも資産が多ければ保証人になることができます。

税金の支払いは滞ることのないように

銀行融資を受けるにあたって重要なポイントとして、税金はきちんと支払うことです。税金を滞納している経営者は、まず間違いなく銀行の審査には落ちるでしょう。たとえば法人税ですが、そもそも履歴の出ている会社に対して課税されます。それを滞納しているということは、会社の利益を不正に利用しているのではないかと疑われてしまっても仕方がありません。

もし税金を滞納している会社があれば、速やかに税金の支払いを済ませることです。もし手元にその資金がなければ、ノンバンクでお金を借りて支払いを済ませましょう。ノンバンクであれば、審査もそれほど厳しくないので借り入れはしやすいでしょう。経営者にとって税金はキャッシュロスでいたいと感じるかもしれませんが、そもそも国民の義務です。しっかり支払うように心がけましょう。

0

ビジネスでよく使われるリスケって何?成功するためのポイントは?

巷でよく聞かれるリスケって何?

会社経営している人の中には、銀行融資を受けている人も多いでしょう。返済期日が迫っているけれども、業績が何らかの理由で急激に悪化してしまった、売り上げの未達が続いているなどの理由で資金繰りが悪化して、資金を準備できないというケースもあるでしょう。このときどのような対応をするか、経営者の腕の見せ所といえます。

このような資金繰りに行き詰った場合、リスケという方法も検討しなければなりません。リスケとはリスケジュールの略称で、返済のスケジュールの見直しを行うことです。経営者と金融機関が相談のうえで、返済期間や毎月の返済金額を一時変更して返済可能なスケジュールにすることです。返済負担を軽減することで、金融機関も債権の未回収を防げますし、会社側も経営改善を目指すことが可能です。

リスケを申し入れても、金融機関が果たして応じてくれるのかという疑問を持つ人もいるでしょう。平成21年に中小企業金融円滑化法が制定されています。この法律の中で、中小偉業がリスケの申し込みをした場合、金融機関は柔軟に対応するように求める規定が定められています。この法律は平成25年に満期になりましたが、金融庁は引き続き金融機関にこの努力義務を求めると明言しています。

金融庁では「貸付条件の変更などの状況の推移」を発表しています。その平成28年版を見てみると、申込件数に対して98.0%の実行率となっています。金融機関はリスケに対してかなり柔軟に対応していることがお分かりになるでしょう。

資料を準備することが大事

金融機関もリスケには柔軟に対応しています。しかし何でもかんでもリスケに対応するわけではありません。金融機関が「債権回収できなくなるよりは期間を延ばしても債権回収したい」「今我慢すれば業績は回復するだろう」と思ってくれないとリスケに対応してくれないかもしれません。

そのためにはリスケの交渉は非常に大事です。まずは会社の現状をきちんと相手に理解してもらうことがポイントになります。そこで資料作成は入念に行うことです。

資料ですが、少なくても3つの書類は準備しておいたほうがいいです。
まずは、なぜ予定通りの返済が難しくなったかの過去のいきさつとリスケを行った場合とそうでない場合のキャッシュフロー予測を含めた資金繰り表です。

2つ目は、リスケが実現できた場合にお金が浮くのでそれをどのように活用するか、その結果会社経営にどのような影響を与えるかについて記載された経営改善計画書になります。

最後がキャッシュフローを使って、いくらまでなら返済することが可能化の返済計画書です。

この資料を作成するに当たって重要なポイントとして、資料内容に矛盾がないかどうかです。またいろいろと資料について担当者は経営者にいろいろと質問してくるでしょう。もしここでしどろもどろになると、資料の信用性が疑われます。リスケ交渉するのであれば、しっかりした資料を作成して、どのような質問が来るか想定して答えを準備しましょう。

返済条件には相場もある

返済条件を変更するリスケは、金融機関としても想定していたお金が入ってこなくなるわけでリスクを背負うことになります。ですからお互いにとって妥協できる条件の中で、合意点を見出す必要があります。

返済金額ですが、先ほど紹介していたキャッシュフローに基づき、いくらまでなら返済できるかを説明しましょう。リスケを求めるということは、経営状況はかなりせっぱつまっているところも多いはずです。借入金を返済する余裕の全くないところも多いでしょう。逆に言えば、そこまで切羽詰まった状況にならないと、金融機関も真剣にリスケを検討しないでしょう。

ですから思い切って、希望返済額をゼロ円からスタートしてみてもいいでしょう。そして目標の着地点ですが、金利の支払いだけにしてもらって元本の返済を猶予してもらいます。せいぜい月々元本の返済数万円プラス利息支払いくらいが妥協点になるでしょう。

金融庁の監督指針の中では、リスケにあたって5年以内に債務超過が解消され、黒字化することが好ましいと書かれています。しかし5年間もリスケを続けてもらえるような悠長な金融機関は正直言ってありません。

一般的な相場ですが、半年から1年といったところでしょう。ですからリスケの期間をまずは1年で交渉してみて、相手の状況を見て期間短縮で妥協する、それでも半年のラインだけは譲れないといった交渉をしてみましょう。もしリスケ期間が終了して、まだ資金繰りが厳しいというのであれば、リスケの延長の交渉をすることは可能です。

リスケの交渉の中で、金融機関はスケジュール見直しを行う代わりに金利を引き上げることはままあります。この条件を相手が提示してきた場合、これは妥協したほうがいいでしょう。相手の顔を立てるつもりで飲み込むのがお勧めです。

経営責任を認めること

リスケを求める際には、自分に非のあったことを認めることも大事です。実はリスケを求める経営者の中には、景気悪化とか従業員の怠慢など自分以外のところに問題を求める人もいるようです。しかしこれは金融機関の心証を損ねる可能性が高いです。経営者が自分の非を認めないということは、今後十分な経営改善できないのではないかと思うからです。

取引先がつぶれてしまったとか、社員がお金を着服したなどでも経営者の過失に原因は多少なりともあります。自分の経営責任を認めたうえで、二度とそのような過ちを起こさないようにするという決意を相手に伝えることが、リスケを認めてもらえる可能性を高めます。どのような交渉をすれば、相手がリスケを認めやすくなるのかということを考えて戦略を練ることが大事です。

0

借入をするすべての人がしっかりと知っておきたい金銭消費貸借契約とは?

消費者金融系カードローンや銀行系カードローンを利用する際には、「金銭消費貸借契約」を交わすことや「金銭消費貸借契約書」を作成することなどが必要になります。これらの契約や契約書は一般の人にはあまり馴染みがないため、「どんな契約なの?」と疑問を感じるかもしれません。

しかしこれらの契約や契約書は実際にお金を借りる際にはとても重要なものになりますので、しっかりと確認をして理解しておくようにしましょう。今回は「金銭消費貸借契約」や「金銭消費貸借契約書」の詳細をご紹介しますので、借り入れを利用する際の参考として活用してみてください。
続きを読む

0

借入をする際にはどのような商品タイプを選べばいいの?

お金を借り入れたい場合にはどの金融機関を選択するのかだけではなく、さらにどの商品タイプを選択するのかも重要なポイントになります。

利用条件や使い勝手などは商品タイプによりそれぞれ異なりますので、利用目的などに応じた最適な商品タイプを選んで借入れを申込んでみてください。

今回は様々な商品タイプの特徴や選び方などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。
続きを読む

0

フリーローンってどんなローンなの?

個人向けの借入として人気の高いカードローンがフリーローンです。

ではフリーローンとはどのような特徴を持つローンなのでしょうか?またメリットとデメリットにはどのようなことがあるでしょうか?詳しく調べてみることにしましょう。
続きを読む

0

実はリスクが高い商工ローンについてしっかりと知る!

商工ローン、今ではビジネスローンなどと呼ばれているローンであり、ビジネスのために資金の借り入れが必要な経営者にとって、商工ローンは頼れる存在だといえるでしょう。

ただし商工ローンを利用する際には、利用方法などにはくれぐれも注意が必要になります。場合によっては商工ローンが原因で、事業経営が傾いてしまうことがあるかもしれません。 続きを読む

0

超少額借入を成功させるために知っておきたい5つのポイント

1万円や2万円、3万円という超少額のお金を借入したいときには、カードローンであってもキャッシングであっても比較的に簡単に行えることができます。

ただこのように超少額の借入を予定しているのに、ついつい借り過ぎてしまう人も多くいます。超少額の借入をするときにぜひ知っておきたいポイントについて考えてみましょう。
続きを読む

0

小口キャッシングとはどんなキャッシングなの?

少額の借り入れに特化したローンが小口ローンであり、融資額が1万円から10万円程度に設定されたローンが小口ローンに該当することになります。小口ローンでは融資の最少額が1万円からとなっていて、1万円単位で借り入れ希望額を設定して申込むことができるのです。

様々なローンを大きく分類すると、1万円~10万円程度の金額を借り入れるのが小口ローンであり、一方で10万円~数百万円程度の金額を借り入れるのが大口ローンになります。小口ローンは日常生活の中でちょっとしたお金が足りないといった場合などに、便利に活用することができる手軽なローンだといえるでしょう。 続きを読む

0

長期借入は借入をする人によっては損にもなり得にもなる

長期借入金は短期借入金とは異なり、借り入れた資金を長期間で返済していくことが特徴となっています。返済の期日が借り入れ日の翌日から1年以上先に設定されるものが、会計上は長期借入金として取り扱われることになります。

長期借入金は固定負債として、会計帳簿に記載されます。長期借入金の利息は短期借入金よりも若干割高になりますので、まとまった資金の借り入れが必要で長期借入金を利用した場合には、その後資金に余裕ができた時点で長期借入金を返済して短期借入金に借り換えることが多いようです。 続きを読む

0

無担保ローンの特徴とメリット・デメリット

無担保ローンという言葉を耳にしたことがある方も少なくないと思います。借入を検討している方にとっては、無担保ローンとはどのようなローンであるか?ということを知るのは、大事なことであるともいえます。そこでここでは無担保ローンの特徴、メリット・デメリットについてしっかりと考えてみましょう。
続きを読む

0

知っておきたい長期ローンの落とし穴

長期ローンとは返済に長い時間がかかってしまうローンのことであり、長期借入金は短期借入金とは異なり、借入れた資金を長期間で返済していくことが特徴となっています。返済の期日が借り入れ日の翌日から1年以上先に設定されるものが、会計上は長期借入金として取り扱われることになります。 続きを読む

0

返済日を忘れがちな人は自動融資で延滞を防ぐ

カードローンの利用を考えているのであれば、ぜひ知っておきたいことの中に自動融資があります。

自動融資はカードローンの契約形態によって機能として付帯することができるものです。
ではいったい自動融資とはどのような機能のことなのか?詳しく調べてみましょう。
続きを読む

0

短期的な資金調達先にピッタリな法人ローン

企業を経営していくためには、資金の調達が大きな課題になります。お金の流れはビジネスを行う上でとても重要なものであり、企業経営の生命線となる場合などがあるのです。

そんな企業の資金調達には、法人ローンを積極的に活用してみてください。特に短期資金の調達が必要な場合などには、法人ローンが大いに役立つはずです。

今回は法人ローンの様々な特徴について、さらに詳しく確認してみましょう。 続きを読む

0

オートローンはどのようなことに使えるローンなの?

オートローンとは自動車ローンのことであり、カーローンなどとも呼ばれています。オートローンを利用する際にも、他のローンと同様に審査を受けてこれに通過することが必要になります。オートローンの審査基準については、特に信用情報が重視されるようです。各種ローンを提供する金融機関では共同で個人信用情報機関というデーターベースを設立して、利用者の各種ローンやクレジットカードなどの利用履歴を信用情報として登録しています。

個人信用情報機関には借入残高や月々の返済の状況などはもちろんですが、さらに延滞をしたり債務整理を行った場合などには金融事故として履歴が登録されることになります。オートローンの審査の際には個人信用情報機関に対して情報の照会が行われますので、この時に信用情報機関に金融事故の履歴が登録されていると、すべての審査に通らない「ブラックリスト」状態と判断されるのです。 続きを読む

0

事業のピンチはビジネスローンで乗り切って!

ビジネスをする上で避けて通れないものが、出費ですね。

急な資金調達や事業の拡大などには必ずと言ってもいいほど、お金が必要になります。すぐに用意できるお金があればいいのですが、なかなかそううまくはいかないものです。

そんなときに利用できるのがビジネスローンと呼ばれるものです。どのようなローンかをさっそく調べてみることにしましょう。

続きを読む

0

結婚式費用のためのブライダルローンとはどんなローン?

結婚が決まると何かとお金が必要なことが増えてきますね。

貯えがあればいいのですが、その貯えの中ですべてが終わるということはなかなかないようです。そのような方が利用するのがブライダルローンです。

ではさっそくどのようなローンであるか?ということを具体的に調べてみましょう。

続きを読む

0

不幸ごとの大きな出費はメモリアルローンで切り抜ける

葬式・葬儀を執り行うとなるとそれなりのお金が必要となってきます。

たとえば葬式の費用以外にもお墓や仏具などの購入代金などもかかってくることもあるでしょう。これらの購入にはそれなりの金額がかかってしまい、賄うことができない方もおおくいます。

そんなときに便利なのがメモリアルローンです。
続きを読む

0

突然訪れる不幸ごとには葬式・葬儀ローンで対応

突然訪れてしまうのが葬式というものです。

そんな葬式ですが思っているよりも費用が掛かってしまうことがあります。
いくら簡単に済ませたとしてもある程度のまとまったお金が必要です。

故人のために葬式はきちんとしたいけど、お金がないという人は決して少なくないハズ。そんな人にオススメなのが葬式・葬儀ローンなのです。

続きを読む

0