返済日を忘れがちな人は自動融資で延滞を防ぐ

カードローンの利用を考えているのであれば、ぜひ知っておきたいことの中に自動融資があります。

自動融資はカードローンの契約形態によって機能として付帯することができるものです。
ではいったい自動融資とはどのような機能のことなのか?詳しく調べてみましょう。

自動融資機能とは何?

一般的にカードローンを契約する際には、契約金融機関の口座を開設することになります。

この口座を利用して返済を行っていくからです。もちろん今では口座の開設が手間と時間をとるという理由から、口座を作らなくても借り入れできるカードローンも増えてきています。

しかし今のところまだ返済用として口座を作るのが一般的といえます。

作った口座は返済用だけではなく、ほかの公共料金の引き落とし、クレジットカードの支払口座、給与振り込みなどの別の用途にも利用することができるのです。

でもここで問題となってくるのがカードローンの返済予定日に預金残高が不足してしまっているときです。このようなときには気づかないうちに返済が遅れてしまうことがあります。返済の遅れは信用の低下に直結して、次の借入に大きく響いてしまいます。

そんな返済の延滞を防ぐためにあるのが自動融資機能なのです。カードローンの利用可能枠内で自動的に返済に足りない金額が入金されて、返済をいったん済ませてくれるのです。自動で支払いの引き落とし漏れをなくしてくれるシステムといえます。

自動融資が使えない場合

ケース①金融機関が対応していない

自動融資のような便利なバックアップ機能に対応していない金融機関もあります。

ケース②利用限度額がいっぱいのとき

自動支払いの金額がカードローンの利用可能枠よりも大きい場合には、自動融資機能を使うことはできません。あくまでカードローンの利用限度額内でカバーできる金額にのみ有効です。
ケース③積立預金は使えない

カードローンの利用限度額いっぱいになっていても、積立定期があるので大丈夫と思う方もいます。しかし預金間の振替は行えません。

自動融資を利用するメリット

①返済忘れが防げる
最大のメリットでもあり、最大の魅力でもあるのがこの返済忘れ防止でしょう。

残高が足りなくて延滞金を取られてしまった!ということがなくなります。自動融資機能はカードローンの返済だけではなく、クレジットカードの自動支払いにも対応しています。返済忘れによる利息を減らせます。

②信用を守れる
返済の延滞やクレジットカードの支払延滞などが起こることがないために、信用情報に傷がつくことがありません。

自動融資を利用するデメリット

①自動融資も利子が生じる
自動融資=カードローンの利用となるために当然のことですが利息が生じてきます。

もちろん延滞費用に比べると利息は低いのですが、あまりに自動融資に頼りすぎてしまうと余分な利息まで支払うことになります。

②借り過ぎる
たとえ返済するお金が足りなくても、自動融資があるためにそこまで心配することがないのは事実ですが、これが習慣化してしまい自動融資に依存しすぎてしまうこともあります。

結果として借り過ぎになり利用限度額ぎりぎりまでつかってしまい、のちに返済に困る人もいます。

自動融資のまとめ

自動融資は適切な方法で利用するのであれば、本来とても便利な存在なのです。

しかし使い方によってはある意味で危険であるとも言えます。自分がついつち借り過ぎてしまいそうな方は自動融資機能をつけない方が無難かもしれません。またはつけるとしても、返済口座の管理をしっかりとしていくことが大事になります。

自動融資という便利な機能があったとしても、カードローンを利用する者としてしっかりと返済日を覚えておき、返済を滞りなく行っていきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>