短期的な資金調達先にピッタリな法人ローン

ビジネスではお金の流れがとても大事になり、それが会社としての生命線ともなることがあります。会社を経営していくに当たり資金調達は大きな課題ともいえることでしょう。

そんな資金調達がいつもうまくいくとは限りません。短期的な資金調達が必要となったときには、法人ローンもひとつの選択肢になりうるといえるでしょう。

法人ローンとは?

法人ローンとは事業の資金調達のためや、事業の開始金として必要な金額を借入することができるローンのことです。

一般的によく利用されているフリーローンではビジネス系のことに使えないためにカードローンをあきらめている方もいるかと思いますが、法人ローンであればビジネス目的のために利用することができる便利なローンです。

法人ローンのおすすめの使い方

資金と一言にいっても、長期的なものと短期的なものがあります。長期的なものは返済を行っていくのに時間がかかってしまう投資資金などです。

一方で短期的なものは回収や返済が比較的に短期間で済ませられる従業員への給与、原材料の購入費など、ビジネスを進めていくうえで欠かせないお金のことです。

法人ローンは短期的な資金調達のために利用するのに適しています。会社が会社として機能するために必要な運転資金を短期間だけ借入するのです。ピンチを乗り越えたり、チャンスをものにしたりするためには欠かせない資金となることでしょう。

法人ローンを利用するメリット

①担保・保障に無しでOK
会社によっては担保や保証人ナシで借入をすることができるところもあります。一般的に銀行の融資を受けるとなると担保や保証人の存在がマストとなり、手間も時間もかかってしまいます。

でも法人ローンであれば不必要な手間と時間がカットできます。

②審査が比較的簡単
審査に必要な書類が少く、審査にかかる時間が短いというのも法人ローンの特徴です。スピーディな対応ができることでビジネスチャンスを逃すことがありません。

法人ローンを利用するデメリット

①金利が高い

担保が不必要な法人ローンは、一般的な銀行の融資などで使われる不動産担保ローンなどに比べてどうしても金利が高めに設定されています。

貸し出しを行う金融機関にとっては担保や保証人がいない分、リスクを背負うことになります。そのために金利も高めに設定されているのです。銀行の融資では1%台ととても低い金利で借り入れができます。
②返済の期間が短い
法人ローンは短期の借入であることがおおいのです。

そのために返済期間に関しては短めに設定されていることが多く、希望する返済回数を選択できない可能性もあります。

法人ローンのまとめ

資金調達はビジネスをうまく行っていくためには欠かせないことです。

会社をうまく経営していくためにも、どこからお金を調達するか?どのような目的でお金を使うか?などをしっかりと吟味していく必要があります。

法人ローンは複数ある資金調達手段の一つにもなり、資金を使う目的に応じてうまく使い分けていきたいローンといえます。法人ローンの特徴をしっかりと理解して、そのメリットとデメリットを比較検討していきましょう。会社を運営していくうえで欠かせないパートナーとなるかもしれません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>