借入をするすべての人がしっかりと知っておきたい金銭消費貸借契約とは?

借入をする人すべてがしっかりと知っておきたいこととして、金銭消費貸借契約と呼ばれるものがあります。

この契約についてしっかりと知識を持つことで、正しく借入を行うことができるようになります。さっそくどのような契約であるかを調べていきましょう。

金銭消費賃借契約とは?

金銭消費賃借契約は、別名金消契約やローン契約とも呼ばれています。

一般的にカードローンなどで借入を行うときに締結される契約のことで、契約後のトラブルを防ぐ目的で行う契約のことです。将来のための備えともいることができる契約のことです。

金銭消費賃借契約に書かれている内容

金銭消費賃借契約にはどのようなことが記載されているのでしょうか?

基本的には借入の基本的な情報が書かれています。


・融資金額
・資金使途
・返済期日
・利率

などの融資条件が細かに書かれており、双方にとっての借入の条件を書面に残すことで問題を最小限に抑えることができるようにするのです。

金銭消費賃借契約はどのようなときに作られるの?

金銭消費貸借契約証書は、法人取引でも、個人取引でもどのような借入の時にも作られるのが普通です。

どのようなローンでもトラブルが起こってしまう可能性があるために、金銭消費賃借契約は作成されています。また返済に関してほとんどの借入で長期的にわたることが多いために、金銭消費賃借契約に記載されていることについて十分に把握しておくのは不可欠なことであるといえます。

また万が一のトラブルに際して対応することができるように、渡された金銭消費賃借契約書の控えは返済が終了するまではしっかりと保管しておくようにしましょう。

金銭消費賃借契約を確認しよう!

<絶対に記載必要な契約事項とは?>
以下の点は金銭消費賃借契約に絶対に書かれている事項です。

自分の金銭消費賃借契約にきちんと記載があるか?これから借入を行う方であればこれらの事項が抜けることなく記載されてあるか?ということを確認してください。


・契約年月日
・債権額
・弁済期
・利息(利率)
・利息の支払方法
・遅延損害金

<その他契約事項として記載してある可能性の高いこと>
上記の絶対記載事項のほかに、記載してあることが多いことを並べてみました。
以下の点も記載がきちんとしてあるかどうかを確認してみてください。

・期限の利益の喪失
・裁判所の合意管轄
・連帯保証人
・抵当権(根抵当権)の設定
・公正証書の作成
・金銭消費賃借契約のまとめ

金銭消費賃借契約は借入をより円滑に進めるために欠かせないことといえます。

これによって借入後に起きてしまったトラブルに対してスムーズに対応できるようになります。逆に言えば、口約束ではあとになって“言った言ってない”の言い争いになってしまいます。それを避けるためにしっかりと書面で契約を交わすのが大切になってくるのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>