ちょっと待って!共同名義のローンを組む前にはしっかりと検討して

借入はたいていの場合、一人の名義で行われます。

しかし大きな借入などになると共同名義で借入をすることもあるのです。共同名義のローンにはどのような特徴があって、そのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?検討してみましょう。

共同名義のローンとは?

借入をするためには最低でも一人の名義が必要となります。

一般的には一人の名義で借入をするものですが、共同名義で借入をすることができます。たとえば住宅ローンを借入する際に、夫婦の名前で借入をすることもできるのです。

共同名義のローンはどのようなローンで利用されているの?

共同名義のローンはたいていの場合、大きな借入になる場合に利用されています。

住宅ローンやビジネスローン、マイカーローンなどで共同名義の借入が行われていることが多いです。

2人以上の人が返済を行うときに一人ひとりのリスクを減らすために、または共同の持ち物という意味で共同名義が利用されています。

共同名義のローンを利用するメリットとは?

減税が受けられることもある

住宅ローンであれば控除が受けられることがあります。住宅ローンの残高に従って所得税、住民税で減税を受けることができます。

借入限度額が高くなる

共同名義になると収入を合算して、その金額に応じた借入限度額が計算されることになります。一人の力では借りることができない高額のローンでも、二人の収入を合わせることで借入を可能にすることができます。

金利も低くなることもある

二人が別々に借入をしていると、少ない金額に対しての金利は高くなってしまいがちです。しかし二人の借入額を足すことで一つの借入額が大きくなり、それにしたがって金利が低くなるのです。その分返済への負担も少なくなります。

共同名義のローンを利用するデメリット

①手数料が2倍かかるケースも
住宅ローンの場合には登記費用などの手数料が2倍になってしまいます。

②トラブルの原因になることも
今は関係がよくて借入も一緒にするような仲でも、将来的にはどのようになるかはわからないのが現実です。

借入後に何らかの理由でもめてしまうと、面倒なことにもなりかねないのです。

いくら家族で共同名義にしたとしても、のちにトラブルとなってしまうこともあります。

③共同名義人の借金まで一緒に背負うことも
場合によっては共同名義人が借入を返済することができなくなってしまうこともあるでしょう。

そのような場合は、まとめて共同名義人の返済分まで返済をしなくてはならなくなってしまうこともあるのです。

共同名義で借入をする際には、共同名義人の借入分まで自分の借入であるという強い自覚が必要になるかもしれません。

共同名義のローンのまとめ

共同名義で借入をするかどうかに関しては、しっかりと検討して決めておきたいものです。

自分にはデメリットの方が多いように思えても、実は贈与税の関係で実は共同名義にしておいた方がよかったということもあるのです。

共同名義のローンに関してはしっかりと考えて本当に共同名義にした方がお得かどうかを十分に吟味していきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*