知っておきたい長期ローンの落とし穴

長期ローンとは返済に長い時間がかかってしまうローンのことであり、長期借入金は短期借入金とは異なり、借入れた資金を長期間で返済していくことが特徴となっています。返済の期日が借り入れ日の翌日から1年以上先に設定されるものが、会計上は長期借入金として取り扱われることになります。

カードローンではお金に困った場合などにちょっとした資金を借り入れて、すぐに返済をしてしまうという使い方が一般的なのですが、一方で短期ではなく長期でキャッシングを利用したいと考える人などもいるようです。近年ではそのような利用者からの需要に応えるために、長期の利用にも対応できるキャッシングのサービスを提供する金融業者が増えています。それでは長期ローンにはどのような種類のものがあるのか、さらに具体的に確認してみましょう。

長期ローンにはどのような種類のものがあるのでしょうか?

長期ローンの代表的なものとして、以下のようなものがあげられます。

住宅ローンについて

住宅ローンは多くの人が利用している長期ローンであり、長期ローンとしては最も代表的なものだといえるでしょう。住宅を購入する際に現金一括で支払いができればよいのですが、住宅は中古であってもかなり高額が買い物になりますので、多くの人の場合には住宅購入の際には住宅ローンを利用することになります。住宅ローンでは返済期間が10年以上になることが一般的ですから、金利条件などをしっかりと把握して無理のない計画的な返済を心がけてください。

自動車ローンについて

自動車も高額な買い物になりますので、自動車を購入する際には自動車ローンを利用する人が多いようです。自動車ローンは住宅ローンほどではありませんが、やはり長期の返済を行うことが必要になります。返済期間は1年~10年程度が設定されていますので、できるだけ短期間で完済できる自動車ローンを選ぶようにしましょう。

教育ローンについて

教育ローンはお子様の教育費として活用することができる長期ローンであり、国や金融機関などが取り扱いを行っています。返済期間は5年~10年程度が設定されていますので、月々の返済の負担を軽減して借り入れを無理なく返済することができます。

おまとめローンについて

複数の借り入れをひとつにまとめて返済をしやすくするのがおまとめローンであり、返済日が月に1回になることで返済の負担を軽減することができます。さらに従来よりも低金利のおまとめローンに借り換えることができれば、返済総額を減らすことができるかもしれません。おまとめローンは大きな金額を借り入れるローンであり、返済期間も長期となることが多いようです。

長期ローンを利用する際にはどのような点に注意をすればよいのでしょうか?

長期ローンでは大きな金額を借り入れて長期で返済を行いますので、利用する際には特に返済に注意が必要になります。長期ローンでは返済期間が長期化することにより、トータルでは金利の負担が大きくなります。短期の借り入れよりも長期の借り入れの方が利率は低くなるのですが、返済回数が多い分だけ支払利息の総額が大きくなってしまうのです。

さらに住宅ローンやキャッシングの一部には、変動金利が適用されることがあります。変動金利では定期的に金利の見直しが行われますので、経済状況などによっては適用される金利が大きく変動する可能性があります。場合によっては当初の予想よりも割高な金利の支払いが必要になるかもしれませんので、変動金利が適用される長期ローンへの申し込みはくれぐれも慎重に判断してください。

長期ローンで資金を借り入れた場合にはその後は長期間の返済を続けていくことになりますので、短期の借り入れと長期の借り入れの違いなどをしっかりと理解した上で、信頼できる金融業者が提供する長期ローンに申し込むようにしましょう

長期ローンを選ぶときに気を付けること

長期ローンは返済期間が長いために、毎月の負担額があまり高くなっていないことがあります。返済が長期にわたるたえに、金利は低く抑えられていることが多いのですが、借入期間が長いために利子が高くなりがちなのです。

長期ローンを選ぶ際には、毎月の返済額についてだけ焦点を合わせるのではなく、返済シミュレーションを行って全体的にはどのくらいの利子を支払うことになるのか?ということを把握することはマストです。長期ローンは長い目で見て何が一番お得であるかを知ることがポイントとなります。

長期ローンのまとめ

長期ローンは返済期間が長いローンのことで、使用目的がはっきりとしている住宅ローンや自動車ローンのようなローンがあります。またはフリーローンの形で使用用途がはっきりと明示されていないものもあります。長期ローンをどのようなシーンで利用するにしても、まずは全体的なことを中心に考えるようにしてみましょう。

全体的な利子がどのくらいになるのか?返済期間がどのくらいになるのか?ということをきちんと整理しておきましょう。毎月の負担が減る長期ローンですが、しっかりと計画を立てていないと利子が思っているよりも多くなってしまいます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*