知っておきたい長期ローンの落とし穴

一般的な借入などは比較的短期の借入となっています。

気軽に少額のお金を借入して、素早く返済するというイメージを持っている方も多いと思います。しかし大きなものを購入する時にはそれなりの額の借入をすることになるでしょう。

大きめの借入となる場合には長期ローンが利用されるようです。では長期ローンとはどのような種類の借入であるか?ということを詳しく調べていきましょう。

長期ローンとは?

長期ローンとは返済に長い時間がかかってしまうローンのことです。

比較的に大きな額の借入の時に長期ローンが使用されます。そんな長期ローンには色々な種類があります。

長期ローンにはどのような種類があるの?

代表的な長期ローンの種類をいくつか取り上げていきたいと思います。

1;住宅ローン
家の購入には多額の費用が掛かります。

もちろん現金で一括払いすることができればいいのですが、そうできる人はなかなかいないものです。またいくら中古の家を購入したとしてもある程度のお金が必要となります。

家の購入費用のために利用されているのが住宅ローンで、長期ローンといえばすぐに思い浮かぶものではないでしょうか?
住宅ローンは返済するまでに10年以上かかることが多く、金利などをしっかりと把握して契約したいローンです。返済は計画的に無理のないものとしたいですね。

2;自動車ローン
自動車の購入代金も安いものではありませんね。

そのために多くの方が自動車ローンを利用することになりますが、この自動車ローンも長期にかけて返済を行うために長期ローンといえます。短くて3年ほど、長くなると5年から10年にわたり返済をすることになります。

3;教育ローン
子供の教育費ねん出のために借入するローンです。

国や金融機関が取り扱っているもので、5年から10年ほどの返済期間が一般的に設定されます。返済が負担が少なくて済むように長期ローンとなっている教育ローンがほとんどです。

4;おまとめローン
いくつかある借入を一つにまとめて、利子を減らすというローンの種類ですが、まとめることで借入額も高くなります。それだけ返済期間も伸びる可能性があるということになります。

余裕のある返済を望む場合には、長期ローンとなることもあります。

長期ローンを選ぶときに気を付けること

長期ローンは返済期間が長いために、毎月の負担額があまり高くなっていないことがあります。

返済が長期にわたるたえに、金利は低く抑えられていることが多いのですが、借入期間が長いために利子が高くなりがちなのです。

長期ローンを選ぶ際には、毎月の返済額についてだけ焦点を合わせるのではなく、返済シミュレーションを行って全体的にはどのくらいの利子を支払うことになるのか?ということを把握することはマストです。長期ローンは長い目で見て何が一番お得であるかを知ることがポイントとなります。

長期ローンのまとめ

長期ローンは返済期間が長いローンのことで、使用目的がはっきりとしている住宅ローンや自動車ローンのようなローンがあります。またはフリーローンの形で使用用途がはっきりと明示されていないものもあります。

長期ローンをどのようなシーンで利用するにしても、まずは全体的なことを中心に考えるようにしてみましょう。全体的な利子がどのくらいになるのか?返済期間がどのくらいになるのか?ということをきちんと整理しておきましょう。毎月の負担が減る長期ローンですが、しっかりと計画を立てていないと利子が思っているよりも多くなってしまいます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*