資金繰りが苦しい…資金繰りを改善するための5つのポイントを紹介

売掛金の回収を進めよう

資金繰りが厳しくなって、銀行からの融資を受けたいと思っている人もいるでしょう。銀行から融資を受けられればいいのですが、資金繰りが厳しくなっているとなかなか審査もクリアできない可能性もあります。

そこで資金繰りの悪化を改善するための方法をいろいろと考えましょう。資金繰りを改善する基本ですが簡単に言ってしまえば、出ていくお金を少なくして、入ってくるお金を大きくすることです。

まず入ってくるお金を増やす方法として、売掛金の回収を早く行えるような環境作りをすることです。場合によっては取引先から売掛金の決済や手形を落とすのを先延ばしにしてほしいといわれることもあるかもしれません。

人によっては「付き合いもあるから…」と思って、相手の言うがままになっている人もいるでしょう。しかしこのように八方美人な態度をとっていると、資金繰りが悪化してしまいます。

そこで売掛金を確実に回収できるようなルールを作ることが大事です。そしてできるだけ支払サイクルを短くして、定期的にお金の入ってくる状況を作りましょう。

取引先の倒産リスクを考える

資金繰りが悪化した場合、銀行融資をはじめとした資金調達を考える経営者が多いです。その気持ちも分からなくはないですが、取引先の与信管理のほうが重要になります。簡単に言うと、取引先で倒産リスクを抱えている、経営状況の悪化しているところはないか確認をすることです。

倒産リスクについてですが、営業と経理担当者の間でコミュニケーションを密にするように心がけることが大事です。両者の持っている情報を交換することで、取引先の状況がよりつまびらかになるでしょう。もし取引先で「ちょっと危なそう」というところがあれば、早めに対処することが大事です。

具体的には現金取引に切り替えることで、債権の回収ミスをできるだけなくすなど、被害を最小限に食い止めることで、資金繰りの悪化を防ぐことも可能です。

コストの見直しをする

出ていくお金を極力少なくすることも、資金繰りの悪化防止のために必要なことです。そこで一旦、自社の支出がどのようになっているかを確認してみましょう。特に注目してほしいのは、毎月一定の金額の出ていく固定費についてです。広告宣伝費や接待費、営業コストなどを見てみると、意外と余計な支出をしているケースも少なくありません。

意外と固定費のコストカットするのは思っているよりも簡単です。たとえば広告宣伝費ですが、インターネットによる宣伝を主力にすることで大幅なコストダウンを実現することも可能です。また助成金や補助金を利用できる可能性もあり、こうすることで固定費の大幅な削減を実現することも可能です。

あと会社の経営の中でも大きな負担となるのが、人件費です。やみくもに人件費をカットすると経営効率が悪くなるだけですが、人材をいい機会ですからチェックしてみましょう。今後経営成長するために必要な人材かどうかで、取捨選択することも検討してみるといいでしょう。

不要な在庫はありませんか?

資金繰りが厳しいとか経営状況が芳しくない企業を見てみると、不要な在庫を多く抱え込んでいる傾向がみられます。デットストックを抱えているということは、それだけ購入資金を塩漬けにしていることと一緒で経営を悪化させる要因となります。不要なストックについては、できるだけ早く換金するなどの対策を進めましょう。

在庫を過剰に抱えている会社は、企業にとって適正な在庫がどのくらいであるかきちんと理解できていない可能性は高いです。そこで在庫の管理はこまめに行って、自社にとって適正な在庫を把握しましょう。そうすれば、より的確な仕入れができるようになります。

在庫が適正になると、仕入れから売上までの日数を短くできます。入ってくるお金のサイクルも短くなりますので、その分資金繰りに余裕が生まれ、銀行融資に頼りきりにならなくて済むわけです。

投資はキャッシュフローの範囲内で

設備投資など事業を拡大して業績をアップさせるためには欠かせない作業です。しかし投資を行うのであれば、キャッシュフローの範囲内に収め身の丈に合った規模にすることが大事です。無理に投資にお金をつぎ込んで、手持ちの資金を減らしてしまっては当然のことながら、資金繰りはますます悪化してしまいます。

簡単に言えば、投資をするにあたって「本当に会社にとって必要な出費なのか?」ということを見極めましょう。また投資をする場合でも、出す金額をより少なくできる方法はないかを探ってみる姿勢を持つことも大事です。たとえば設備投資を行うにあたって、設備を購入するとお金がかなりかかります。

しかしリースにすればかなり初期コストを少なくできる可能性もありますし、自社制作しなくても外注することでコストを減らす方法も考えられるので、いろいろとシミュレーションして最適な方法を検討することが重要です。

銀行融資を受ける前にこのような資金繰りを改善するポイントを見直してみることが大事です。以上で紹介したこの5つのポイントを実践してみることで、大分資金繰りの状況が好転する会社も多いはずです。

また資金繰りに余裕ができれば、銀行からの追加融資もこちらの希望通りになる可能性も高まります。お金に困ると融資を受けようと思う人も多いですが、まずは自分の足元を見直してみることが優先です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*