実はリスクが高い商工ローンについてしっかりと知る!

商工ローン、今ではビジネスローンなどと呼ばれているローンは、ビジネスを経営する方にとって急な出費に対応するために欠かせないローンとなっているかもしれません。

でも気を付けておかないと、実は商工ローンで運営を傾けてしまうこともあるかもしれないのです。

商工ローンとは?

商工ローンとは、企業のためのローンです。

多くの場合商工ローンは消費者金融から出されているものが多く、銀行などの融資に比べて気軽に借入できるのが特徴でもあります。企業を運営しているとどうしてもお金が必要となることもあるでしょう。

そんなときに気軽に、しかも便利に利用できるローンとして知られています。

商工ローンの特徴

銀行の融資などとは違い商工ローンは、審査が早く必要なときにすぐに借入できるのが特徴です。

担保や保証人が必要なローンもありますが、会社によっては無担保で保証人なしで借入をすることができるところもあります。銀行の融資などビジネスに使える借入に比べると商工ローンは気軽に使えるコンビニのようなものなのです。

商工ローンの危険性

①返済が負担になる

確かにスピーディに借入できて、審査に通りやすいという面からみるととても便利で経営者の強い味方ともいえるローンです。

しかし気を付けておかないと大きな落とし穴にはまってしまうこともあるのです。商工ローンの多くは金利が高く、返済条件が厳しいといえます。

一般的な商工ローンの金利は15から18%ととても高い利息が課せられます。ビジネスを円滑に進めるために借入したのに、実はこの利息が事業に悪影響を与えてしまうこともあるのです。

返済に困ってしまう!というケースも珍しくはありません。

商工ローンは政府系金融機関、地方銀行、信用金庫など有利な条件で借入できるビジネス用の借入金融機関と比べると不利な借り入れになるのは間違いないといえます。高い金利が負担とならないように、短期的な借入をおすすめします。

②貸し剥がしのリスク

商工ローンを利用していることがわかると、銀行系の融資を受けることが非常に難しくなってしまうことがあります。

融資を新たに受けることが難しいだけではなく、なんと今受けている融資も打ち切りになる可能性もあるのです。もしも借入をほかの場所ですることを考えているのであれば、絶対にばれないようにするのはマストです。

商工ローンとはどんなローンともいえる?

上記に述べたように商工ローンには高いリスクが伴ってきます。

商工ローンでの長期的な借入はかえって資金繰りを苦しくしてしまうことがあります。商工ローンはあくまで短期的な借入先として考えておきましょう。

どうしても商工ローンを使わなければ非常事態に陥ってしまうというときにのみ利用するようにしましょう。金利がとても高く利息だけが膨らんでいってしまいます。

また知っておきたいのは商工ローンはとてもリスクの高いローンであるために、商工ローンの連帯保証人などにはならないようにしましょう。商工ローンを使う=とても危ない状態であると認識して、責任を取りたくないのであれば商工ローンの連帯保証人などには絶対にならないようにしましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*