長期借入は借入をする人によっては損にもなり得にもなる

銀行や消費者金融などの金融機関から借り入れをする場合に、借入の期間の長さによって借入の種類を区別することができるということをご存じですか?

ここでは長期借入について詳しく調べていきたいと思います。借入についてよく知って適切な借入を行えるようになりましょう。

短期借入金と長期借入金の違いとは?

短期借入金と長期借入金の違いはどんなことにあるのでしょうか?

当たり前ですが、借入の期間が違うということです。たとえば返済期日が1年以内であれば短期借入となり、返済期間が1年以上である場合には長期借入となるのです。

短期借り入れの場合は3か月や6か月というとても短い期間での返済を行う借入もあります。カードローンなどで少額のお金を借入した時には短期借入になります。

しかし5年や10年などの長いスパンに渡って返済を行っていくものもあります。住宅ローンやマイカーローンのように借入額が大きいものが長期借入となります。

長期借入を利用するメリット

①返済に余裕が生まれる
返済期間が長い分、毎月返済する金額が少なくて済みます。そのために毎月の支払いの負担が軽いわけです。生活にあまり影響を与えることなく、借入を行いたいのであれば長期借入はお勧めであるといえます。

長期返済を利用するデメリットとは?

①金利が高くなる
長い間に渡って借入を行うのであれば、その分だけ利息を多く支払う必要があります。

ということはつまり全体的に支払う金額が多くなり、お得な借入ではなくなってしまうのです。金融機関としても長きにわたり貸し出しを行うためにリスクが大きいと見るのです。

②保証人や担保を取られる
返済が長期になるということで、貸出を行う金融機関もどうしても慎重になるケースが多いです。そのために担保や保証人を必要とすることがあります。手間や手数料や時間という面でロスが多いです。

長期借入に適しているのは次のどちらのケースか?

①個人的な用途のために借入をするケース
個人的に住宅や車、旅行代、生活費の足しなどのために行う借入であればできるだけ長期ローンは避けたいものです。

毎月の返済への負担が少なくても、なかなか返済が完了することなくいつまでも返済を行っている気分になるからです。また最終的に支払う利息も高くなってしまいます。お得な借入を目指しているのであれば、できるだけ短期的な借入をする方がいいといえます。

できるだけ返済は早く済ませる方がいいのです。

個人的なレベルでの借入のケースには長期借入は不利になってしまいます。できるだけ避けていきたいものです。

②ビジネスのための借入のケース
ビジネスの場合は個人的な用途のために借入するケースとは、問題が違ってきます。

短期借入はその後に入ってくると予想されるお金で返済することになります。つまり事業の失敗などで返済ができなくなるのであれば、借金で借金を返済するという自転車操業に陥る危険性がとても高いのです。

そのために短期借入をいくつもしていると、金融機関側からは経営がうまくいっていないとみなされてしまいます。同時期に多くの借入の返済が迫ってくると返済するための資金に困ってしまうこともあるのです。

これらの事情から金融機関からの借り換えの拒否、貸し渋り、貸し剥がしなどに直面することがあるのです。

ビジネスのためには長期借入が向いているといえます。長期的に借入がでいることで経営にもしっかりと集中することができ、きちんと返済を行っていくことで金融機関からの信頼も得ることができます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*