長期借入は借入をする人によっては損にもなり得にもなる

長期借入金は短期借入金とは異なり、借り入れた資金を長期間で返済していくことが特徴となっています。返済の期日が借り入れ日の翌日から1年以上先に設定されるものが、会計上は長期借入金として取り扱われることになります。

長期借入金は固定負債として、会計帳簿に記載されます。長期借入金の利息は短期借入金よりも若干割高になりますので、まとまった資金の借り入れが必要で長期借入金を利用した場合には、その後資金に余裕ができた時点で長期借入金を返済して短期借入金に借り換えることが多いようです。

特に大企業の場合には借入の金額が大きいため、利息の負担についてもかなりのものになります。短期借入金に借り換えればその分だけ利息の負担が軽減できるため、企業ではできるだけ金利の安い借り入れにシフトしたいと考えています。

新しい事業のための土地や工場などを購入するためには、長期借入金が活用されることが一般的です。固定資産の新規購入により企業の収益力や収益規模が拡大すれば長期借入金の計画的な返済を行うことができますし、さらに長期借入金の金利や長期借入金を利用して購入した固定資産の減価償却費は通常控除の対象になりますので、税金の支払額を減らす効果を期待することができます。

そのためある程度の資金の余裕があっても、あえて長期借り入れ金を利用する企業が多いようです。企業規模が大きくなると金利の支払いや税金の支払いなどの額も大きくなるため、最終的な利益を少しでも増やすために長期借入金を積極的に活用する企業が増えています。

短期借入金と長期借入金にはどのような違いがあるのでしょうか?

上記でも解説しましたが、借入期間が1年未満の借入金が短期借入金であり、借入期間が1年を超える借入金が長期借入金になります。

借入期間が数日や数カ月のものは短期借入金に、借入期間が数年のものは長期借入金に該当することになりますので、例えばカードローンやクレジットカードのキャッシングなどが短期借入金で、住宅ローンや自動車ローンなどが長期借入金だと考えればわかりやすいかもしれません。

長期借入金にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

月々の返済を余裕を持って行うことができます!

長期借入金は長期間で返済を行う借り入れですから、月々の支払額を少額に設定することができます。そのため日常生活などに影響を及ぼすことが少なく、余裕を持って返済を行うことができるのです。

長期借入金にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

金利は若干割高に設定されています!

長期借入金は短期借入金よりも金利が割高であることが一般的であり、トータルでは利息の支払いが大きく返済総額が増えてしまうことになります。長期借入金は返済の期間が長くなるため、金融機関では貸し倒れのリスクに備えて割高な金利を設定しています。

担保や保証人が必要になります!

長期借入金の場合には大きな金額を長期間で返済することが多いため、金融機関では融資についてより慎重に判断することになります。担保や保証人を用意することが必要になりますので、借り入れを申し込むためには時間や手間がかかってしまうのです。

どのような場合には長期借入金の利用が適しているのでしょうか?

個人としての目的のために借り入れを利用する場合には?

住宅や自動車の購入や旅行やレジャーの費用や生活費の補てんなど、個人としての目的のために借り入れを利用するのであれば、できるだけ返済期間の短い借り入れを活用してください。

長期の借り入れでは月々の支払額を少額に抑えることができるのですが、その一方で完済までに時間がかかるため返済を続けていくモチベーションを維持することが難しくなります。

さらにトータルでは利息の負担や返済総額が増加して不利になります。返済に余裕があれば繰り上げ返済などを積極的に活用して、早期の完済を目指すようにしましょう。

事業のために借り入れを利用する場合には?

事業のための資金の借り入れを利用する場合には、個人としての目的のための借り入れとは若干事情が異なるようです。短期借入金を利用した場合には、借り入れから短期間で返済を行うことが必要になります。

この時に事業の経営状態が良好であれば問題ないのですが、事業にトラブルが発生した場合などには借金で借金を返済する自転車操業に陥ってしまう可能性が高くなります。短期借入金の利用が多いと返済のための資金の調達で苦労することになりますし、さらに銀行などの金融機関からは「事業がうまく行っていないのではないか?」と疑われてしまうことになります。

いわゆる貸し剥がし・貸し渋り・借り換えの拒否などの原因にもなりますので、事業資金の借り入れが必要な場合には長期借入金の活用を検討しましょう。長期借入金であれば借入期間が長いため事業経営に専念することができますし、確実な返済を積み重ねることで金融機関からの信頼を獲得することができるのです。

長期借入に適しているのは次のどちらのケースか?

個人的な用途のために借入をするケース

個人的に住宅や車、旅行代、生活費の足しなどのために行う借入であればできるだけ長期ローンは避けたいものです。毎月の返済への負担が少なくても、なかなか返済が完了することなくいつまでも返済を行っている気分になるからです。

また最終的に支払う利息も高くなってしまいます。お得な借入を目指しているのであれば、できるだけ短期的な借入をする方がいいといえます。

できるだけ返済は早く済ませる方がいいのです。個人的なレベルでの借入のケースには長期借入は不利になってしまいます。できるだけ避けていきたいものです。

ビジネスのための借入のケース

ビジネスの場合は個人的な用途のために借入するケースとは、問題が違ってきます。短期借入はその後に入ってくると予想されるお金で返済することになります。つまり事業の失敗などで返済ができなくなるのであれば、借金で借金を返済するという自転車操業に陥る危険性がとても高いのです。

そのために短期借入をいくつもしていると、金融機関側からは経営がうまくいっていないとみなされてしまいます。同時期に多くの借入の返済が迫ってくると返済するための資金に困ってしまうこともあるのです。

これらの事情から金融機関からの借り換えの拒否、貸し渋り、貸し剥がしなどに直面することがあるのです。

ビジネスのためには長期借入が向いているといえます。長期的に借入がでいることで経営にもしっかりと集中することができ、きちんと返済を行っていくことで金融機関からの信頼も得ることができます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*