カードローン会社の種類別で見る

カードローンは法制上の観点から二つに分けることが出来ます。一つは銀行法により決まりが制定されている銀行のカードローン、他方貸金行法に従い融資・返済が行われるのが消費者金融や信販系のカードローンです。

消費者金融及び信販会社は貸金行法に基づいて融資を行う貸金業者、従来は個人向けの無担保融資というと消費者金融による借入を指すことがほとんどでした。クレジットカードを発行する信販会社もまた貸金業者の一タイプ、発行されたカードを用いることにより借入を行うことが出来ます。

最後に銀行カードローンですが、現在では大きく分けて二つのタイプの銀行カードローンが主流です。一つはネット銀行と呼ばれるオンライン上の銀行、もう一つは通常の一般銀行です。カードローンの申込みは、現在ではインターネットを介して行うことが主流になっていますので、どちらのタイプの銀行カードローンでもサービス自体はあまり違いはありません。

銀行系カードローンの特徴やポイントについて

銀行系カードローンのいちばんのメリットは金利が低いこと、また借入限度額も高めに設定されていることがほとんどなので、スペックが高いことが人気の理由になります。
ただしその反面、審査に関してはやや厳しいのでデメリットといえそうです。

借入及び返済は銀行のATMでスムーズに行うことが出来ます。

信販系カードローンの特徴とポイントについて

信販系カードローンとは、クレジットカードを発行する信販会社のカードローンになります。
すでにクレジットカードをお持ちの方であれば、借入機能を付帯させるだけで済みますので、手軽で簡単に借入を行うことが出来ます。
また旅行先の海外でのキャッシングも可能なこともメリットの一つ、国内・海外に関わらず必要なときに利用できるので便利です。

消費者金融カードローンの特徴とポイントについて

一般的にいうと消費者金融のカードローンの金利は、銀行系のカードローンに較べると高いといわれていますが、その代わり審査がスピーディだったり、一定期間無利息サービスがあったりと顧客のニーズをうまく捉えていることが特徴です。

消費者金融のカードローンの一番の特徴は、それぞれの利用者に合わせた細かいプランが設定されていること、女性向けのプランや小口融資プラン、即日審査・融資対応など、利用者一人一人のニーズに合わせたきめ細かいサービスが人気です。

Partnersブランドの立ち上げでリクルート中小企業者や小規模事業者に新たなビジネスチャンス!

株式会社リクルートホールディングスとその子会社であるリクルートファイナンスパートナーズで、このたび新しい金融サービスの運営に乗り出すことになりました。2017年8月から中小企業や小規模事業者に経営に関する必要な情報・資源を提供するサービス「Partners」ブランドを立ち上げます。

企業の中で金融機関からの融資を受けているところは多いです。しかし中小企業の場合、その実績の低さ・少なさなどで金融機関から簡単に融資を受けられない「貸し渋り」の状況がしばしば起こります。宿泊業界の中でも資金繰りに困っているところは多いです。特に閑散期にお金をどう調達するかで頭を悩ませているところはしばしば見られます。そのようなところに積極的に融資をしようというのが、今回のPartnersサービスです。

Partnersシリーズの第一弾は2つのサービス

リクルートの提供するPartnersサービスは、随時新しいものが登場します。2017年8月からの第一弾は、Partnersクラブ・Partnersローンの2種類のサービスで構成されます。リクルートグループで運営している旅行予約サービスである「じゃらんnet」に参画している宿泊施設が対象です。

まずPartnersクラブとは、会員制のサービスです。会員登録をすると、ヒト・モノ・カネを中心とした経営資源の強化・調達に関する情報収集ができます。さらに各種ソリューションサービスの紹介などの会員向けの特典も多数用意しています。Partnersクラブの最初のコンテンツとして、「Partnersクラブマガジン」というメールマガジンを8月より配信します。旅行業界に特化した内容で、設備投資やリフォーム、補助金など宿泊業経営に欠かせない最新情報を提供します。

最新情報のほかにも、経営課題に役立つ情報や最新トピックについても紹介されています。しかも「財務・経理」「労務・法務」「採用・人材育成」といったようにテーマ別で掲載しているので、自分の欲しい情報をピンポイントで収集できます。Partnersクラブマガジンは会員登録すると配信され、会費などは無料です。もう一つのサービス・Partnersローンは、融資に関する商品です。リクルートファイナンスパートナーズの提供する融資サービスでオンラインにて手続きのできるのが特徴です。

中小企業や小規模事業者の求める資金ニーズに、適切・迅速にこたえられるサービスとして注目を集めています。8月末のサービス開始時にはローンサービスを利用できるのは、じゃらんnetに参画している宿泊施設に限定しています。ただし今後段階的に融資対象を拡大していく予定とリクルートサイドも発表しています。

ビッグデータとAIを活用してスピーディな融資を提供するPartnersローン

Partnersローンの特徴として、すべての工程がオンラインで行える点です。融資申込み・審査・入金のすべての過程が含まれます。なぜこのようなオンラインによるワンストップが可能か、リクルートの持っているシステムを最大限活用できるからです。

じゃらんnetに参画していると、サイトを通じて宿泊施設の予約手続きができます。逆に言うと、各宿泊施設の予約状況をリクルートは把握できる立場にあります。この予約状況をチェックすれば、宿泊施設の経営状況、融資した債権を確実に回収できるかどうか判断できます。

商取引データやフィンテックを活用することで、金融機関ではなかなか実現できないスピーディな融資実行を目指せるわけです。従来の金融機関とは異なる、オリジナルの与信モデルを構築します。このため、金融機関から融資を断られたような宿泊施設でもPartnersローンを活用すれば、必要な資金を調達できる可能性も出てきます。

今後も新サービスの登場する可能性も

リクルートのニュースリリースの中で、今後上で紹介した2つのサービス以外でもPartnersブランドの新商品が出てくる可能性は高いです。Partnersはもともと、中小企業者や小規模事業者がビジネスチャンスや成長する機会が大企業と比較しても公平に得られる社会の創造が設立理念でした。

経営資源と経営そのものに関する情報を今後もテーマにしていきます。そのうえで外部企業とのパートナーシップを積極的に推進していきます。外部企業の成長を促進できるような様々なソリューションの提案を行っていくと発表しています。今後は従業員の定着率を向上し、経営者のビジョンに共感してくれる人材が採用できるようなソリューションサービスの提供を目指すといいます。そのほかにはハード・ソフト両面の投資により売り上げアップ・コストダウンにつなげられるような投資のサポートも計画しているそうです。


その一環として、Partnersは2017年6月19日にREADYFORという国内でも最大手のクラウドファンディングサービスを運営している株式会社との間で基本合意書を交わしています。協業の本格的な検討を進めていくとのことで、「Partnersクラウドファンディング powered by Readyfor」(仮称)のサービス開始を視野に入れています。リクルートファイナンスパートナーズだけでなく、クラウドファンディングを通じて必要な資金を調達でき、用途の多様化が期待できます。

0

常陽銀行カードローンには学生・専業主婦・年金受給者でも申し込むことができます!

img_top_201703

本店を茨城県に置く常陽銀行は、東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・宮城県・福島県・大阪府などにも支店を置く地方銀行です。常陽銀行では住宅ローン・マイカーローン・リフォームローンなどの一般的なローン商品に加えて、さらに介護ローン・ブライダルローン・アパートローンなどの様々なローン商品の提供を行っています。

常陽銀行ではさらに「キャッシュピット」という商品名でカードローンサービスの提供を行っており、主婦・年金受給者・学生などの利用にも対応しています。低金利で大きな金額を借り入れることができますし、さらに常陽銀行の普通預金口座を開設している人であれば即日融資が可能になります。ただし普通預金口座を持っていない人の場合には、実際に融資が受けられるまでには2~3日程度の期間が必要になるようです。

続きを読む

0

インターネット専業カードローン会社

様々な形態のインターネットバンキングがあるのですが、サービスとしてのインターネットバンキングが最も最初に誕生しました。銀行が提供する顧客サービスの一環として、まずは1980年代後半からテレフォンバンキングという電話回線を利用して取引を行うサービスの提供が開始されました。その後パソコンが一般家庭に普及したこととあわせて、銀行取引をインターネット回線を利用して行うサービスの提供が開始されたのです。

日本で最初のインターネットバンキングサービスは、現在の三井住友銀行の前身となる旧住友銀行が1997年に開始しました。その後多くのメガバンクや地方銀行などがインターネットバンキングのサービス提供を行うようになり、これらが現在のサービスとしてのインターネットバンキングにつながっています。

インターネットバンキングでは、パソコン・タブレット・スマートフォンなどのインターネットに接続が可能な端末を利用して取引を行います。また従来からのテレフォンバンキング(固定電話を利用)やモバイルバンキング(携帯電話を利用)などの従来型のサービスとあわせて、「○○ダイレクト」という名称で総合的なサービスを提供する金融機関なども増えています。具体的にはSMBCダイレクト(三井住友銀行)、みずほダイレクト(みずほ銀行)、はまぎんマイダイレクト(横浜銀行)、ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行)などのサービスを利用することができます。

専業のインターネット銀行のサービスには及びませんが、これらの総合的なサービスでは店頭取引よりも若干高めの受取利息が設定されていますし、また各種手数料(振込手数料やATM利用手数料など)も若干割安に設定されています。24時間いつでも取引が可能な利便性と、実店舗で様々な相談ができるという安心感を兼ね備えていますので、オンラインですべてのやりとりを行うインターネットバンキングに不安を感じるという人にもおすすめなのです。

大手銀行系カードローンとインターネット銀行系カードローンにはどのような違いがある?

大手銀行系カードローンもインターネット銀行系カードローンもいずれも銀行系カードローンの一種になるのですが、具体的な利用条件などについては若干の違いがあるようです。まずは金利については大手銀行系カードローンでは各社ごとの違いが少なく、ほとんどの場合には最低金利が3.5%から最高金利が14.8%までの範囲内に収まっています。一方のインターネット銀行系カードローンでは各社ごとの金利の違いが大きく、大手銀行よりも低金利で利用できる場合から消費者金融並みの高金利が設定されている場合まで様々となっています。

即日融資への対応については、大手銀行系カードローンでは三井住友銀行がすべての新規申込者に対する即日融資を実現しているのですが、一方のインターネット銀行系カードローンでは自行の普通預金口座を持っている人に限り即日融資が受けられることが多いようです。ただしインターネット銀行系カードローンでは多くの場合には他行への振り込み入金に対応できることに対して、大手銀行系カードローンでは他行への振り込み入金には対応できない場合などがあります。

返済については多くの銀行系カードローンでは、自行の普通預金口座からの引き落としによる方法のみとなっているのですが、インターネット銀行のオリックス銀行カードローンと楽天銀行カードローンでは、他行の普通預金口座からの引き落としによる返済方法にも対応しています。さらに任意返済をインターネットバンキングで行う場合には、ほとんどの銀行系カードローンでは自行の口座を利用することが必要になるのですが、楽天銀行カードローンでは他行の口座からの「ペイジー」を利用した返済にも対応しています。

ちなみに多くの銀行系カードローンでは返済方式として元利均等残高スライド方式を採用しているのですが、楽天銀行ではさらに元利均等定額方式の利用が可能となっており、申し込みの際に利用者が希望する返済方式を選択することができます。

インターネット銀行系カードローンにはインターネットから申込むことになります!

インターネット銀行はインターネット上における営業に特化した形態の銀行であり、一般の銀行のような店舗は持っていません。インターネット銀行の場合には、カードローンへの申し込みはインターネットを利用する方法に限られることになります。一般的な銀行系カードローンにはインターネット・電話・店頭窓口などから申し込むことができますし、さらに三井住友銀行では支店に設置された自動契約機からの申し込みにも対応しています。

一定の期間利息の負担なしで借り入れが利用できる無利息期間サービスの提供については、大手銀行系カードローンの多くでは対応していないことが多いようです。インターネット銀行では住信SBIネット銀行とジャパンネット銀行が、無利息期間サービスの提供を行っています。また公共料金の引き落としなどの際に残高不足に対応することができる自動融資機能のサービスについても、大手銀行系カードローンでは対応していないことが多くなっています。インターネット銀行ではジャパンネット銀行とイオン銀行が、自動融資機能サービスの提供を行っています。

ネット専業カードローン会社の詳細

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「ネット専業カードローン会社」ページを作成しました。

続きを読む

0

消費者金融系で比較

カードローンの利用を決めたとき、数ある消費者金融の中からどれを選べば良いのか悩むことがキャッシング経験の浅い人にはあるものです。

一見、どれでも同じような気もしますが、細かく見ていくと差別化されているもので

「各消費者金融の特徴を知りたい」
「比較するポイントはどれ?」

といった疑問もあるでしょう。そこでここでは消費者金融の特徴を解説し、比較ポイントをひとつずつみていきましょう。

また、職業別の選ぶポイントも併せてチェックします。

この記事を読めば、複数ある業者の中から、あなたに合う消費者金融を選べる知識が身につけられるので、ぜひ参考にしてくださいね。

消費者金融カードローンとは?

まず始めに消費者金融カードローンは利用目的不問のキャッシングサービスです。

生活費に使っても、買い物に使っても自由、まさにお金に困ったときに頼れる存在になります。

各消費者金融は、それぞれ実質年率(金利)、限度額が決められていますがその数値を表にまとめると次の通りです。

主な消費者金融 実質年率 限度額
アコム 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5~18.0% 500万円
ノーローン 4.9~18.0% 300万円

このように、ほとんどの消費者金融が上限金利18.0%に設定されていますがプロミスだけ17.8%と少々低めになっています。

消費者金融を利用するメリット

カードローンは消費者金融以外にも、銀行からも提供されています。

では消費者金融を選ぶメリットには一体何があるのでしょうか。

消費者金融を利用するメリットとして次の3つが挙げられます。

  • 審査スピード
  • 豊富な申込方法
  • 無利息サービスがある

それぞれについて詳しく見てみましょう。

審査スピードが早い

消費者金融は審査スピードが早く、大手(アコムやプロミスなど)のほとんどは審査が最短30分程度で完了します。

急いでお金を借りたい人にとって審査がすぐに終わるのは非常に魅力的ではないでしょうか。

もちろん審査時間が早ければ即日融資のチャンスもあるわけで、実際に大手消費者金融のほとんどは申込んだその日のうちにお金を借りられます。

豊富な申込方法

消費者金融はニーズに合わせた様々な申込方法を用意しています。

主流な申込方法として次の5つが挙げられます。

  • ネット
  • スマホアプリ
  • 電話
  • 来店
  • 契約機

中でもおすすめなのは24時間365日いつでも申込可能なネットやスマホアプリです。

自分の都合に合わせて申し込めるため、急いでいる方もちろん、時間に余裕のない方、深夜や早朝に申込みをしたい方など幅広い方たちに対応します。

無利息期間サービスがある

大手消費者金融のほとんどは「無利息期間サービス」を用意しています。ただしSMBCモビットにはありません。

この無利息期間中は利息が発生しないため、対象期間中に返済すれば利息を1円も支払うことなく完済できます。

もちろん期間を過ぎて借入しても、期間中の利息分がお得になるので積極的に活用したいですよね。

例えば10万円を金利18%で30日間借り入れした場合の利息は次のとおりです。

10万円×18%×30日÷365日=1,479円

上記の利息も無利息期間中に完済できれば、約1,500円浮くことになります。

銀行カードローンと比較

カードローンを提供しているのは金融機関は、消費者金融だけでなく、銀行も行っています。

そこでここからは消費者金融と銀行のカードローンの場合、どんな違いがあるのか比較していきましょう。

まずはそれぞれの大まかな比較を表にまとめました。

消費者金融 銀行
金利(平均) 4%~18% 4%~15%
限度額(平均) 800万円 500万円
審査時間(平均) 最短30分 3営業日前後
総量規制 あり なし
即日融資 可能 不可能
担保・保証人 不要 不要

このように、銀行カードローンの方が金利が低めに設定されていることが多いのですが、即日融資に対応していない、審査に時間がかかるなどのデメリットも挙げられます。

審査時間が短いのは消費者金融

消費者金融はいずれも当日中に審査結果が出ます。上記でも解説したように審査時間は、早いところで最短30分程度。

銀行カードローンは早くても3営業日、銀行によっては1週間程度の時間がかかることもあります。

急いでお金を借りたい、即日融資を希望する方の場合、審査時間の短い消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

金利が低いのは銀行カードローン

審査に時間がかかる銀行カードローンのメリットは、金利が低く設定されていることです。

借入まで多少時間がかかっても大丈夫だけれど、できる限り、利息を少なく低金利にこだわりたい!という方は銀行カードローンの利用が適しています。

少額の借入なら消費者金融、高額の借入なら銀行カードローン

また総量規制の問題もあり、少額の借入は消費者金融を、高額の借入なら銀行カードローンを選ぶのが良いでしょう。

総量規制とは年収の1/3までしか借り入れできない、という貸金業のルールであり、例えば年収300万円の人は上限100万円までしか借入れできません。

さらに50万円以上の借入を希望する場合は収入証明書の提出が必要となり、これの準備する時間と手間もかかってしまいますね。

ただし適用されるのは消費者金融のみで、銀行は総量規制対象外となっています。

つまり法律上は年収の1/3以上の借入も可能です。

銀行カードローンは金利が低いので、利用期間が長期になりがちな高額の借入に適していると言えますね。

職業別に比較

特徴についてそれぞれ比較をしてきました。

次は職業別に消費者金融を選ぶべきか、銀行を選ぶべきかを紹介していきましょう。

アルバイトの場合

消費者金融、銀行のどちらも申込条件が「安定した収入があればOK」としているため、アルバイトは両方が選択肢になります。

ですが審査の難易度で見るなら消費者金融の方が易しく入手難易度で考えるなら消費者金融の方がおすすめになります。

専業主婦の場合

専業主婦は消費者金融から借入できません。

そのため銀行カードローン一択。

消費者金融が受け付けていない理由は「総量規制」によります。

年収1/3以下しか借入できない=年収が0円だと借入できない、と判断されるので、審査に通ることはありません。

また銀行カードローンも「配偶者貸付」に対応していなければまず審査に通らないので注意を。

配偶者貸付とは、夫または妻の収入を信用してカードローンを発行するサービスであり、当然ながら同意が必要です。

学生の場合

銀行カードローンは、学生利用不可の場合があります。

また学業の傍らにアルバイトやパートで収入を得ているケースがほとんどで年収はさほど多くないでしょうから、銀行カードローンの審査通過は、少し厳しいです。

これらの観点から利用するならば消費者金融が適しているでしょう。

公務員の場合

貸金業において公務員は最もスコアリングの点数が高くなりやすいです。

スコアリングとは申込情報に点数をつけて、審査や借入額を評価するシステムのことであり、リストラされるリスクがほぼなく、常に安定した給与が得られる公務員は貸金業者によって魅力的な顧客になります。

公務員の場合は、高額の利用枠を作ることができるため、低金利の銀行カードローンを目指すのがベターでしょう。ただし急ぎでお金が必要な場合なのであれば消費者金融も検討すると良いですね。

初めて申込むならどこの消費者金融にすべき?

ここまで紹介したように、大手消費者金融はほとんどが即日融資に対応していますし、金利にさほど違いはありません。

となると注目すべきポイントは「サービス面」。

ここからは初めて申込む人におすすめの消費者金融を紹介していきます。

アコム

「はじめてのアコム♪」のCMソングでもお馴染み。

店頭窓口および無人契約機(むじんくん)が多く、利用しやすいカードローンのひとつですね。

初めてアコムに契約する人を対象とした、30日間金利0円サービスも用意されているのが魅力的でネット申込、専用アプリでの申込もOK。

ちなみにアコムの利用者数は2018年3月末時点で148万3,000人と圧倒的!より多くの人たちに選ばれているからこそ初めての方にイチオシです。

アコムのスペックは次のとおり。

審査時間 最短30分
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する
返済方式 定率リボルビング方式

プロミス

プロミスは金利の上限額を17.8%に設定しているため、他消費者金融よりもちょっとだけ利息がお得になります。

それ以上に注目したいのが「WEB完結申込」による「カードレスキャッシング」です。

スマホアプリを利用することで、セブン銀行ATMからカードレスで借入と返済が可能で財布にローンカードがないときでも気軽に利用できますし、周囲の人たちに利用がバレるリスクもほぼありません。

プロミスのスペックをまとめると次のとおりです。

審査時間 最短30分
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
申込条件 20歳~69歳の安定した収入のある人
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

SMBCモビット

SMBCモビットは2018年オリコン日本顧客満足度ランキング「ノンバンクカードローン1位」を獲得した実績のある消費者金融です。

次の3つの項目が高評価ポイント。

  • 申し込み手続き
  • 審査対応
  • 返済のしやすさ

次の2点が大きく作用しています。

  • WEB完結申込
  • カードレスキャッシング

三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人はWEB上ですべての申込と契約を完了させることができ、ローンカードの発行なしでもセブン銀行ATMから借入・返済できます。

他消費者金融とは異なり、無利息期間は設けられていないものの、ここまで多くの人たちに高く評価されているのは注目すべき点でしょう。

SMBCモビットのスペックをまとめると次のようになります。

審査時間 10秒簡易審査
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申込条件 満20歳以上69歳までの安定した収入のある人
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

レイクALSA

レイクALSAの特徴は「選べる2つを無利息期間」です。

次の2つの無利息ローンの中からより有利なものを選べます。

  • 180日間利息0円(50,000円まで)
  • 30日間利息0円

180日間利息0円は借入額の50,000円分まで適用され、50,000円を超える借入に対して利息が発生しますが、180日間という長期の無利息期間が魅力的。

一方の30日間無利息0円は借入額全額に対して適用されます。

またレイクALSAは提携先の新生銀行レイクATMやコンビニエンスストアに設置されている提携ATMの借入・返済手数料が無料なのも嬉しいポイントです。

レイクALSAのスペックは次の表のとおり。

審査時間 最短30分
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
申込条件 満20歳~70歳の安定した収入のある方
返済方式 残高スライドリボルビング方式または元利定額リボルビング方式のいずれかを選択

まとめ

消費者金融カードローンの特徴、比較ポイント、職業別の選ぶポイントについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。

要点をまとめると次の3点が挙げられます。

  • 消費者金融は即日融資に対応し、無利息期間が設けられていることがほとんど
  • 銀行カードローンは低金利が魅力
  • 職業ごとに有利、不利なカードローンがあるので必ずチェックすること

「お金を借りたいんだけど、どこにしたらいいのか悩んでいる」
「自分にぴったりの消費者金融カードローンはどれだろう?」

という方は今回の記事を参考に、より使い勝手の良い、便利な消費者金融カードローンを選んでくださいね。

0

信販系の会社

カードローンといえば銀行が提供する銀行系カードローンや、消費者金融が提供する消費者金融系カードローンなどが一般的となっています。銀行系カードローンとしては三井住友銀行カードローンなどが人気を集めていますし、また消費者金融系カードローンとしては大手消費者金融のアコムやプロミスやSMBCモビットやアイフルなどの利用者が多いようです。

さらに銀行系カードローンや消費者金融系カードローン以外には、信販会社が提供する信販系カードローンを利用することができます。こちらについては銀行系や消費者金融系よりも知名度が低くなりますので、知らないという人やよくわからないという人がいるかもしれません。信販会社は主にクレジットカードや各種ショッピングローンなどを提供する会社であり、オリコやオリックス・クレジット株式会社などが信販系カードローンの提供を行っているのです。

また近年ではクレジットカードにキャッシングの機能が付帯することが多いのですが、こちらも広い意味では信販系カードローンの一種だといえるでしょう。買い物などに利用することができるショッピング枠が付帯するかどうかが、クレジットカードと信販系カードローンの大きな違いになります。クレジットカードはあくまでも買い物などに利用することがメインであり、一方の信販系カードローンはお金を借りることに特化したものになります。

近年では銀行系カードローンや消費者金融系カードローンを利用する人が増加しているのですが、急にお金が必要になった場合には信販系カードローンへの申し込みについても、選択肢のひとつとして検討してみてください。

信販系カードローンとはどのようなカードローンなのでしょうか?

オリコ(オリエントコーポレーション)やオリックス・クレジット株式会社などの信販会社が提供するカードローンが、信販系カードローンです。信販会社はお金の借り入れに特化した専用の信販系カードローンだけではなく、さらにキャッシング枠が付帯したクレジットカードの発行なども行っています。

信販系カードローンの利用条件については、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの中間的なものになるようです。ただし信販系カードローンでは申し込みから融資までに時間がかかることが多く、審査が完了して借り入れが利用できるまでには申し込みから1週間以上の期間が必要になる場合などもあるようです。

主な信販系カードローンの金利条件をご紹介します!

オリックスクレジットVIPローンカードの金利条件は

  • 金利条件は→年率3.0%~16.8%が適用されます
  • 借入限度額は→最大で800万円までの借入限度額が認められる可能性があります

三井住友カードゴールドローンの金利条件は

  • 金利条件は→年率3.5%~9.8%が適用されます
  • 借入限度額は→最大で700万円までの借入限度額が認められる可能性があります

三菱UFJニコスローンカードの金利条件は

  • 金利条件は→年率6.0%~17.8%が適用されます
  • 借入限度額は→最大で500万円までの借入限度額が認められる可能性があります

クレディセゾンマネーカードの金利条件は

  • 金利条件は→年率15.0%が適用されます
  • 借入限度額は→最大で100万円までの借入限度額が認められる可能性があります

信販系カードローンの金利条件や借入限度額は、カードローンを提供する信販会社ごとに大きく異なっています。例えばオリックスクレジットVIPカードローンでは低金利で大きな金額の借り入れが可能になっているのですが、実際に大きな借入限度額が認められるためには厳しい審査を通過することが必要になります。

オリックス銀行グループに所属する信販会社が、オリックス・クレジット株式会社です。ちなみにオリックス銀行本体でも、カードローンのサービスを提供しています。オリックス・クレジット株式会社はオリックス銀行カードローンの保証会社となっているのですが、オリックス・クレジット株式会社としてもカードローンのサービスを提供しているのです。

信販系カードローンは消費者金融系カードローンと同様に、貸金業者を規制する総量規制の適用を受けます。総量規制は過剰な融資が原因で利用者が返済不能に陥ることを防止するために制定された規則であり、借り入れができる限度額を最大で年収の3分の1までに制限しているのです。例えば500万円の借入限度額を希望する場合には、その3倍となる1500万円以上の年収を得ていることが必要になります。

カードローンの金利には一定の幅があり、大きな借入限度額が認められた場合には低い金利が、また少額の借入限度額しか認められなかった場合には高い金利が適用されることになります。信販系カードローンでは最も低い金利である下限金利が3.0%~3.5%から設定されているのですが、実際にこれらの低金利で信販系カードローンを利用するためにはかなりの金額の年収を得ていることが必要になるのです。

カードローンに初めて申し込む人の場合には、まずは少額の借入限度額でカードローンの利用を開始することが多くなります。ほとんどの場合には最も高い金利である上限金利が適用されることになりますので、カードローン選びの際には特に上限金利をしっかりと確認するようにしてください。

例えば三井住友カードゴールドローンでは9.8%の上限金利が設定されていますので、少額の借入限度額しか認められなくてもカードローンを低金利で利用することができます。ただし「ゴールドカードローン」という名称のとおり、審査に通過するためには高い年収や信用などが必要とされるようです。

クレジットカードのキャッシング枠を活用しましょう!

近年ではクレジットカードにお金の借り入れができるキャッシング枠が付帯することが増えていますので、クレジットカードに申込んだら自動的にキャッシング枠が付いていたという人が多いのではないでしょうか。クレジットカードのキャッシング枠については、10万円程度の借入限度額が付帯することが一般的となっています。

クレジットカードに付帯するキャッシング枠も広い意味における信販系カードローンであり、契約の際に定められた利用条件に基づいて信販会社から現金を借り入れることができます。クレジットカードを銀行などのATMに挿入すると、「キャッシング」「カードローン」のいずれかを選択する画面が表示されます。翌月の一括返済を行うのがキャッシングで、借り入れた金額をリボ払いなどの分割で返済を行うのがカードローンだと考えてください。またキャッシングまたはカードローンのいずれかの名称で、返済方法を選択できる場合などもあるようです。

クレジットカードはあくまでも、買い物などに利用するショッピング枠がメインになります。ショッピング枠についてはクレジットカードの利用を続けていると利用限度額の増額を受けることができるのですが、一方のキャッシング枠についてはなかなか増額が認められないことが多いようです。例えばカード全体の利用限度額が100万円でキャッシング枠が20万円の場合には、キャッシング枠で20万円を借り入れているとショッピングに利用できるのは80万円までということになります。

一方ですでにショッピングで100万円の利用をしている場合には、キャッシング枠で利用できるのは0円ということいなります。クレジットカードのキャッシング枠で50万円以上の借入限度額を希望する場合には、収入の金額が証明できる書類(給与明細・源泉徴収票・納税証明書など)の提出が必要になります。さらに審査自体も厳しく行われますので、実際に50万円以上のキャッシング枠が認められることはかなり難しいといえるかもしれません。

信販系カードローンは審査に通過しやすいのでしょうか?

「信販系カードローンは審査に通りやすい!」という口コミや体験談などを見かけることが多いのですが、実際にはそのようなことはありません。信販系カードローンでは比較的割高な金利条件が設定されていることが多いのですが、だからといって審査に通過しやすいわけではないのです。

新規にカードローンの利用を希望する人の場合には、まずは銀行系カードローンや消費者金融系カードローンに申し込むことが多いため、これらの審査に落ちてしまった人が信販系カードローンに申し込むという事例が多いようです。ただし銀行系カードローンや消費者金融系カードローンの審査に落ちてしまった人の場合には、信販系カードローンの審査にも落ちてしまう可能性が高くなります。

特に比較的利用しやすい消費者金融系カードローンの審査に落ちてしまう人の場合には、申込者の各種条件や信用情報などに問題があることが考えられます。勤務先や勤続年数や年収などの条件に問題があるのかもしれませんし、あるいは他社借り入れの件数や金額などが多すぎるのかもしれません。気になる人はカードローンの審査に申し込む前に、JICCやCICなどの信用情報機関に信用情報の開示請求をして登録された情報の内容を確認してみてください。

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「信販系の会社」ページを作成しました。

続きを読む

0