銀行系の会社

カードローンには一定の条件を満たす人であれば誰でも気軽に申し込むことができるのですが、実際に利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。特に銀行系カードローンでは厳しい審査が行われることがほとんどですから、審査に通過するためにはある程度の収入や、高い信用などが必要になります。

信用情報に問題がなく安定した収入を得ているのであれば、パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも銀行系カードローンの審査には通過できる可能性があるのですが、実際に審査に通過することはかなり厳しいといえるかもしれません。消費者金融系カードローンの審査に通過することができても、銀行系カードローンの審査には落ちてしまったという人が多いのです。

一部には銀行系カードローンは審査に通過しやすいのではないかという意見などもあるようですが、基本的に銀行系カードローンでは厳しい審査が行われるため、消費者金融系カードローンよりも審査に通過することは難しいと考えてください。

銀行系カードローンでは厳しい審査が行われることになります!

銀行系カードローンでも消費者金融系カードローンでも、いずれも申込み条件は「継続した安定した収入を得ている人」となっていますので、自分自身の収入がない人は原則としてカードローンを利用することはできません。(ただし専業主婦の場合には配偶者の収入に基づいて借り入れが認められる場合があります。)

年収の多少については申込条件には記載されていませんので、収入が少ない人やパートやアルバイトなどの人でも審査に通過できる可能性があるのですが、年収が少ない人の場合にはやはり審査に通過することは厳しくなるでしょう。

特に銀行系カードローンでは厳しい審査が行われますので、審査に通過するためにはある程度の年収を得ていることなどが必要になります。実際に消費者金融系カードローンの審査に通ったけれど、銀行系カードローンの審査には落ちてしまったという人が多いのです。カードローンの審査に不安を感じる人の場合には、比較的審査に通過しやすい消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

銀行系カードローンの実質的な審査は保証会社が行うことになります!

銀行系カードローンでは保証会社である消費者金融信販会社が、実質的な審査を行っています。銀行系カードローンを利用するためには保証会社の審査を受けて、保証会社との契約を行う必要があるのです。主な銀行系カードローンと審査を担当する保証会社については、以下のとおりとなっています。

  • 三井住友銀行の場合には→SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社となっています
  • みずほUFJ銀行の場合には→オリコが保証会社となっています

  • 消費者金融系カードローンの審査の違いについて!

    同じ銀行グループ内のカードローンでは基本的に同じ基準により審査が行われるのですが、申し込み条件や借入が認められる限度額や金利の条件などがそれぞれ異なるため、申込者の条件により審査の結果が異なることになります。例えば三井住友銀行カードローンは金利条件が年率4.0%~14.5%で借入限度額は最高で800万円までが認められるのですが、一方のプロミスのカードローンは年率4.5%~17.8%で借入限度額は最高で500万円までとなっていますので三井住友銀行カードローンでは利用条件が有利な分だけ審査に通過することが厳しくなるのです。

    ちなみにカードローンの審査通過率は消費者金融では40%~50%程度とされているのですが、銀行系カードローンの場合には20%~30%程度に限られるようです。消費者金融系カードローンでは申込者の2人に1人が審査に通過できるのですが、一方の銀行系カードローンでは申込者の3人に1人しか審査には通過できないということになります。

    なぜ銀行系カードローンの審査に通過することは難しいのでしょうか?

    銀行系カードローンの審査に通過することが難しい理由としては、以下のような原因が考えられます。

    • 低金利で借り入れが利用できること
    • 大きな金額の借り入れが利用できること
    • 銀行では厳しい審査が行われること

    保証会社との契約を行っている銀行系カードローンでは実質的な審査を保証会社が行うのですが、同時に銀行による審査も行われることになります。保証会社は銀行の基準に合わせた審査を行いますので、低金利で借り入れが利用できるカードローンでは審査が厳しくなる可能性が高いのです。

    保証会社は利用者が返済不能となった場合に、これに代わって銀行に返済(代位弁済)を行うことになります。貸し倒れが発生しても銀行に直接損害が発生することはありませんが、貸し倒れが発生してしまうとその後は利息による収入を確保することができなくなりますので、銀行の収入もやはり減少してしまうことになるのです。

    総量規制が適用されない銀行系カードローンでは、年収の3分の1を超える大きな金額の借り入れが認められる可能性があります。例えば年収が250万円の人であっても、150万円までの利用限度額が認められる可能性があるのです。このような人に貸し倒れが発生した場合には、貸し付けた金額や利息などの回収が難しくなります。

    銀行系カードローンで貸し倒れが発生すると、銀行にとっても保証会社にとっても不利益が発生することになります。消費者金融系カードローンではある程度の貸し倒れを見込んでその分だけ高い金利が設定されているのですが、低金利が設定された銀行系カードローンでは金利で貸し倒れのリスクに備えることができないため、その分だけ厳しい審査を行って確実な返済能力が認められた人に限定して融資を行うのです。

    他社借り入れの件数や金額が多すぎるとカードローンの審査では不利になります!

    すでに他社からの借り入れを利用しているという人は、新規のカードローンへの申込みの際には注意が必要になります。特に他社借り入れの件数や金額が多すぎる人の場合には、それが原因で新規のカードローンの審査に落ちてしまうことがあるかもしれません。

    カードローンの審査では申込者の返済能力が確認されるのですが、他社からの借り入れを利用している人の場合にはその分だけ返済能力が低く見積もられることになります。消費者金融系カードローンの場合には実際の借入限度額は総量規制により年収の3分の1までに制限されますので、すでに他社からの借入額が年収の3分の1に達している人の場合には新規の借り入れが認められることはありません。

    総量規制はカードローン以外にはショッピングの分割払いクレジットカードの利用残高などに対しても適用されることになりますので、他社からの借り入れや分割払いやクレジットカードなどを利用しているという人には、新規のカードローンに申し込む前にできるだけ返済してしまうことをおすすめしたいと思います。

    複数の借り入れを利用していて返済が苦しいという人の場合には、複数の借り入れをひとつにまとめて返済をしやすくする「おまとめローン」の活用を検討してみてください。低金利で大きな金額の借り入れが利用できる銀行系カードローンは、おまとめローンとしての利用にも最適だといえるでしょう。

    銀行系カードローン会社を徹底比較

    カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「銀行系の会社」ページを作成しました。

    カードローン会社 実質年率 利用限度額 審査時間
    プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分
    レイク 4.5%~18.0% 500万円 画面に審査結果を表示
    アコム 4.7%~18.0% 500万円 即日
    イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 800万円
    モビット 3.0%~18.0% 1~800万円 最短30分※
    イオン銀行ネットフリーローン 3.8%~13.5% 30万円~700万円
    レイク レディース 4.5%~18.0% 500万円 画面に審査結果を表示

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。