金利タイプとその意味を解説

みずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」!

みずほ銀行カードローンでは、「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の2種類のプランが設定されています。いずれのプランも低金利で利用することができますので、お得でおすすめのプランだといえるでしょう。今回はみずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランとコンフォートプランの違いなどについて調査してみました。

みずほ銀行カードローンには2種類のプランが設定されています!

みずほ銀行のカードローンでは2種類のプランが設定されており、それぞれ「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」となっています。基本的な申し込み方法や利用限度額が最大で1000万円まで認められることなどは共通なのですが、金利条件やプレゼントサービスなどにおいて様々な違いがあるようです。

みずほ銀行カードローンでは、申し込みの際に利用者がプランを選択することはできません。プランの決定は審査の結果に基づいて、みずほ銀行が行うことになります。次はエグゼクティブプランとコンフォートプランの金利条件やサービス内容の詳細などについて、さらに詳しく確認してみましょう。

みずほ銀行カードローンのコンフォートプランにはどのような特徴があるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンのコンフォートプランは、一般的な利用者を対象とした基本的なプランです。金利条件やサービス内容などはみずほ銀行カードローンの従来からのプランと同様であり、幅広い利用者を対象とした使いやすいプランだといえるでしょう。

コンフォートプランでは年4.0%~14.0%の金利が設定されているのですが、みずほ銀行の住宅ローンを利用している人には0.5%の金利の優遇が適用されますので、適用後の金利条件は年3.5%~13.5%になります。これは様々な銀行系カードローンの中でもかなりの低金利となりますので、初めてカードローンを利用するという人などもみずほ銀行カードローンへの積極的な申し込みを検討してみてください。

みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランにはどのような特徴があるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランは、40代から50代の高収入な利用者を対象としたプランになります。エグゼクティブプランは借入限度額の下限が200万円からとなっていますので、200万円未満の借入限度額を希望して申し込んだ場合には自動的にコンフォートプランが設定されることになります。

エグゼクティブプランでは年3.5%~7.0%の金利が設定されていますので、コンフォートプランよりもさらに低金利で借り入れを利用することができるのです。住宅ローンを利用している場合にはコンフォートプランと同様に0.5%の金利の優遇が適用されますので、適用後の金利条件は年3.0%~6.5%になります。

さらにエグゼクティブプランでは独自の特典として、エグゼクティブプラン限定の各種のサービスを利用することができます。具体的には教育資金のサポート抽選制によるエグセクティブプレゼントコミュニケーションメールの配信などのサービスが提供されています。

みずほ銀行カードローンは専業主婦にもおすすめのカードローンです!

みずほ銀行カードローンには借入限度額を年収の3分の1までに制限する総量規制は適用されませんので、自分自身の収入がない専業主婦でも借り入れを申し込むことができます。現在は様々な銀行や消費者金融などが専業主婦を対象としたカードローンのサービスを提供しているのですが、低金利で利用することができるみずほ銀行カードローンは専業主婦にもおすすめのカードローンだといえるでしょう。

みずほ銀行カードローンを専業主婦が利用するためには、配偶者に継続的な安定した収入があることが必要になります。審査は配偶者の収入に基づいて行われるのですが、専業主婦の場合には借入限度額は最大で30万円までに限定され、自動的にコンフォートプランが適用されます。コンフォートプランであっても他の銀行や消費者金融などが提供するカードローンよりも低金利で利用することができますので、カードローンの利用を希望する専業主婦にはみずほ銀行カードローンへの申し込みをおすすめしたいと思います。

0

利息制限法とは違う?法定利率と法定利息って何?

法定利率・法定利息とは法律上認められた利息のことで特に利率の取り決めがない場合に適用される
カードローンを利用するにあたって利率や利息のことはきちんと理解しておかなくてはなりません。一般的にカードローンやキャッシング、クレジットカードは利息制限法に基づいた金利が適用されています。

しかしカードローン会社によっては利息制限法で定められている上限金利よりも若干低めの金利で貸付しているところもあります。その金利のことを「約定利率」もしくは「約定利息」と言います。これは事前に取り決めた金利が適用されることを表しています。 続きを読む

0

カードローンの上限金利と下限金利の見方についての解説

上限金利と下限金利の見方を理解して最適なカードローンを探そう
カードローンを利用する際には「金利」を理解することが大切です。金利が低いほどトータルの返済額が少なくなり、利用者にとってはメリットが大きいからです。 逆に言えば、カードローンの金利の利率を考えるのは当たり前のことだとも言えます。現在は貸金業法によって上限金利が明確に定められています。具体的には以下の通り。 続きを読む

0

利息制限法とはカードローンなどでお金を借りるときに生じる金利の上限を定めた法律

2010年の貸金業法改正によって利息制限法が適用されるようになった

カードローンやキャッシングは「上限金利」が定められています。これは借入した金額に応じて適用できる金利が法律で決められている、というもので、その基準を作っているのが「利息制限法」という法律です。ちなみに、利息制限法が適用されるのはカードローンやキャッシング、クレジットカードなどの貸金業者だけでなく、個人、非事業者も関係なく適用されます。具体的に利息制限法で決められている金利の上限は次の通り。 続きを読む

0

実質年率と金利、そして利息の違いとは?

実質年率、金利、利息と分かりづらいカードローン用語を解説!
カードローンを利用するにあたっていくつかの用語が登場します。中でも区別がつきづらいのが「金利」「実質年率」そして「利息」です。そこでここではこれらの違いを分かりやすく解説していきます。 続きを読む

0

Q. 貸出金利/貸付金利って一体何? A. カードローンの貸付に対するレンタル料を割合で表示したもの

貸出金利/貸付金利は簡単にいうとカードローンの金利だと考えれば分かりやすい
カードローンを利用するにあたって「貸出金利/貸付金利」という単語を目にすることがあります。普段はあまり見なれないので「貸出金利/貸付金利って何?」と思う方も多いようです。

貸出金利/貸付金利はカードローンを使ってお金を借入する際に、その貸付するお金に対するレンタル料のようなものです。元本に対する割合を表示しています。 続きを読む

0

カードローンの基本的な金利タイプの固定金利型について解説!

将来設計が立てやすく毎月の返済額や総返済額が分かりやすい固定金利型
カードローンと言えばほとんどが「固定金利型」となっています。従来の消費者金融が提供しているカードローンはもちろん、近年参入することが増えてきた銀行系カードローンも大半は固定金利型になっています。一方で、銀行系カードローンのいくつかは変動金利型を採用することが増えてきましたが、まだまだ主流なのは固定金利型だと言えるでしょう。そこでここでは、固定金利型について解説していきます。 続きを読む

0

カードローンの変動金利型は金融情勢の変化に応じて金利が見直されるタイプ

カードローンの変動金利型はまだまだマイナーだが今後銀行系を中心に広まっていく可能性がある

カードローンの金利と言えば「固定金利型」が一般的です。これは、申込みした時に決められている金利が最後まで変わらない、というもの。一方で最近では銀行系カードローンを中心に「変動金利型」も登場しています。そこでここでは変動金利型カードローンについて紹介していきます。 続きを読む

0

カードローンの最高金利は20%以下!ほとんどの消費者金融は18%に設定

カードローンの最高金利は利息制限法により20%以内に抑えなくてはならない “グレーゾーン金利が認められていた頃は29.2%の「出資法」に基づいた金利を適用するカードローンがほとんどでした。しかし、現在は貸金業法改正によりグレーゾーン金利が撤廃され、最高金利は利息制限法に基づいた数値となっています。具体的には以下の通りです。 続きを読む

0

カードローンのグレーゾーン金利の撤廃で金利の上限が変わった!

グレーゾーン金利の撤廃後は消費者金融をはじめとしたカードローンへの規制がより強化されるようになった

現在日本に存在している利息の上限を決める法律は「利息制限法」と「出資法」の2つがあります。

以前まではこれら2つの法律が存在していたため、ダブルスタンダードとも言える状況にあり、罰則が原則として設けられていない利息制限法(15%から20%)と出資法(上限29.2%)のどちらを使っても良い「グレーゾーン金利」というユーザーにとってメリットが薄く、消費者金融にとってメリットも大きい、分かりづらい状況にありました。 続きを読む

0