カードローンの変動金利型は金融情勢の変化に応じて金利が見直されるタイプ

カードローンの変動金利型はまだまだマイナーだが今後銀行系を中心に広まっていく可能性がある

カードローンの金利と言えば「固定金利型」が一般的です。これは、申込みした時に決められている金利が最後まで変わらない、というもの。一方で最近では銀行系カードローンを中心に「変動金利型」も登場しています。そこでここでは変動金利型カードローンについて紹介していきます。

変動金利型の内容について

変動金利型は名前の通り金利が変動するタイプの金利となります。何を基準に変動するのか、についてはほとんどのカードローンが「金融情勢の変化に応じて」と定めています。 つまり、金融情勢が良い状態であれば金利が低くなり、金融情勢があまり喜ばしくない状態だと金利が高くなってしまう可能性が考えられます。提供しているカードローン会社にもよりますが、年に2回の金利の見直しが設定されていることが多いようです。

変動金利型のメリットとデメリット

従来のカードローンの金利タイプである固定金利型のメリットとデメリットは分かりやすいのですが、変動金利型になると分かりづらい部分も少なからずあります。 そこで以下の表をみてください。こちらは固定金利型と変動金利型のメリット・デメリットを比較した表です。

  固定金利型 変動金利型
特徴 金利が最後まで同じ 金融情勢の変化に応じて金利が変更される
メリット 総返済額が分かりやすい、市場情勢の影響を受けない 初期金利が低めに設定されることが多い、キャンペーンの対象になりやすい、金利が高いときに利用し始めると金利が下がったときに返済額が減る
デメリット 金利が高め、金利が高いときに利用すると最後までその金利で利用しなくてはならない 総返済額が分かりづらい、金利が上がると返済額が増える、極端な金利の上昇によって元金が減りづらい可能性が出てくる

 

このように、固定金利型と変動金利型のメリットとデメリットを比較してみると、金融情勢の変化に応じてそれぞれの特徴がハッキリと浮き彫りになります。

 景気動向が不安定なときは固定金利型を選んだほうが損をしづらいのですがどうしても金利が高めに設定されているのが気になるところ。景気動向が不安定になると心配ですが、安定している時なら初期金利を低めに設定できるのは変動金利型の大きな魅力のひとつです。

変動金利型のカードローンを選ぶときに一番気になるのはやはり「金利がどれくらい変動するものなのか」ということではないでしょうか。こちらはそれぞれのカードローン会社が変動する金利の幅を発表しているのでそちらを参考にするのが良いかと思います。例えば、スルガ銀行カードローンの変動金利を見てみると次のようになっています。

利用限度額100万円未満 7.000 % ~ 14.900 %
利用限度額100万円以上 7.000 % ~ 14.900 %

一般的なカードローンの場合、100万円未満の借入なら利息制限法によって最大で15%までしか金利を設定することができません。

 しかし、この表の通り、最も金利が低い時で7%という破格の金利になるチャンスもあります。

金利タイプからカードローンを選ぶときには従来の「固定金利型」を選ぶのか、徐々に広まりつつある「変動金利型」を選ぶのかはそれぞれの特徴を把握した上で、自分のライフプランや借りる時の状況、将来の景気動向などを考慮した上で選択できるようにしっかりとした下調べを怠らないようにしたいものです。

変動金利型は元金の減りが早い?

変動金利型の魅力は金利の低さにあります。これはつまり、従来のカードローンと比べて総返済額を少なくできる可能性がある、ということ。 もともとの金利が低く設定されているので返済額の多くを元金に充てられます。

しかし、金利が何らかの事情で上がってしまった場合は思っているように返済が進まないこともあります。「毎月決められた金額を返済しているにもかかわらず、元金がなかなか減らない…」ということも十分考えられるわけです。

このような不確定な部分が少なからず存在しているため、変動金利型のカードローンを利用する際には「金利が低い時の総返済額」と「金利が上がってしまった時の総返済額」の両方を計算し、シミュレーションしておくことをおすすめします。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*