カードローンの上限金利と下限金利の見方についての解説

上限金利と下限金利の見方を理解して最適なカードローンを探そう
カードローンを利用する際には「金利」を理解することが大切です。金利が低いほどトータルの返済額が少なくなり、利用者にとってはメリットが大きいからです。 逆に言えば、カードローンの金利の利率を考えるのは当たり前のことだとも言えます。現在は貸金業法によって上限金利が明確に定められています。具体的には以下の通り。

借入金額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

 

このように、カードローンで借入する金額に応じて上限金利が変化します。しかし、実際に各カードローン会社の公式ホームページなどを見てみると「○○%~○○%」といった表示があります。これがいわゆる上限金利と下限金利になります。

上限金利と下限金利とは

例えばあるカードローン会社では「金利4.0%から14.5%」と記載されていたとしましょう。この場合だと金利が少ない方にあたる4.0%が「下限金利」であり、金利が多い方にあたる14.5%が「上限金利」となります。 つまり、どれだけ多くの金利が適用されたとしても最大で14.5%まで。条件が合い、少ない金利で借りられる一番小さな物が4.0%ということになります。 この上限金利と下限金利を見ると「金利4.0%はかなりお得だな」と感じるかもしれません。

しかし、必ずしも下限金利が適用されるとは限りません。むしろ、下限金利が適用される条件はかなり厳しく、普通に使っているだけではなかなかその域まで達しないのが一般的です。 またカードローン会社のホームページなどを詳しく見ると、利用したい借入額に応じて適用される金利が記載されている場合があります。

例えば

100万円以下の場合は14.5% 100万円から200万円の間の場合は12.0%

といった具合です。

カードローンを新たに契約する場合、上限金利と下限金利をチェックするのはもちろん重要なのですが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に大切なのが「利用しようと思っている借入金額の金利」をチェックすることです。

こちらは細かい数値まではホームページなどで確認するのは難しい場合があるので、担当者に電話などで相談するか、審査を受けてその結果を確認するのが一般的です。

例えば、上限金利と下限金利が他のカードローン会社よりもかなり低めに設定されていたとしても、自分が利用しようと思っている借入金額の金利が他のカードローン会社よりも高ければむしろ損をしてしまうことになります。

●審査が厳しいカードローン会社ほど金利が低め?

上限金利と下限金利は各カードローン会社によって設定されている数値が異なってきます。基本的には審査の内容が厳しいカードローン会社ほど上限金利、下限金利ともに低めに設定されていることが多いです。

逆に、審査が緩い、易しいところほど上限金利、下限金利ともに高めに設定されていることが多い傾向にあります。 金利によってトータルの返済額が変わってくるわけですので、少しでも返済額を小さくしたい、という方は金利に注目した上でカードローン会社選びを進めていくようにしましょう。

もしも公務員や大企業などに勤めており、収入が高くて安定しているのなら厳しい審査のカードローン会社でも審査に通りやすいので、金利が安いところを優先して選ぶことができます。

しかし、アルバイトやパートなどいわゆる非正規雇用として働いており、収入が決して高いわけではない方は金利が高くても審査に通りやすいカードローンを使わざるを得ません。その中でも上限金利、下限金利が低めに設定されているところを探したいものです。 カードローン会社も1人でも多くの顧客を獲得したい、と考えているので下限金利を低めに設定して、あたかも「うちは金利が安いです!」とPRしていることが多いです。

むしろ重要なのは下限金利ではなく、上限金利だということを理解しておきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>