Q. 貸出金利/貸付金利って一体何? A. カードローンの貸付に対するレンタル料を割合で表示したもの

貸出金利/貸付金利は簡単にいうとカードローンの金利だと考えれば分かりやすい
カードローンを利用するにあたって「貸出金利/貸付金利」という単語を目にすることがあります。普段はあまり見なれないので「貸出金利/貸付金利って何?」と思う方も多いようです。

貸出金利/貸付金利はカードローンを使ってお金を借入する際に、その貸付するお金に対するレンタル料のようなものです。元本に対する割合を表示しています。

要するに「○○万円貸付するから、○○円のレンタル料が発生する」ものを割合表示させたのが貸出金利/貸付金利になります。レンタル料を割合ではなく、金額で表示させると「このカードローンを利用すると高く付くのか、安く済ませられるのか分かりづらい」ので割合で表している、ということです。 つまり、貸出金利/貸付金利=実質年率と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

貸出金利/貸付金利は必ず表示させなくてはならない

では利用しようと思っているカードローンの貸出金利/貸付金利がどれくらいのものなのかをチェックしてみましょう。こちらは、各カードローン会社の公式ホームページなどに記載されている「金利」「年利」「実質年利」といったものが該当します。ちなみに、現在は貸金業法によって上限金利が明確に定められています。これは銀行系カードローン、消費者金融系カードローン、信販系カードローン問わず全てのカードローンが同様に適用されているものです。

借入金額 利息制限法による上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

 

貸出金利/貸付金利はこれ以上の数値になってはならないと決められています。もしもこれ以上の貸出金利/貸付金利を設定した場合、そのカードローン会社は厳しく罰せられることになります。

貸出金利/貸付金利から利息を計算しよう

それでは貸出金利/貸付金利を使って利息を計算してみましょう。利息はカードローンのキャッシング残高の利用に数に応じた日割り計算が適用されています。これはいずれのカードローン会社も同様です。計算式は以下の通り。 利息=キャッシング残高×利率÷365日(閏年は366日)×利用日数 ちなみに小数点以下は切り捨てとなっています。

例えば、10万円を貸出金利/貸付金利18%、30日間利用した場合は次のようになります。

100,000×0.18÷365×30=1479.45

小数点以下は切り捨てなので、利息は1479円になります。トータルの返済金額は10万1479円です。

貸出金利/貸付金利は低い方がお得!

言うまでもありませんが、貸出金利/貸付金利は低いほど発生する利息がより小さくなっていくため、お得になります。ですので、カードローンの利用を検討している方は必ず貸出金利/貸付金利の比較をしましょう。

例えば、貸出金利/貸付金利が18%のところと、17%のところがあったとします。先程の条件に当てはめてみると次のような計算となります。

・貸出金利/貸付金利18% 100,000×0.18÷365×30=1479.45
・貸出金利/貸付金利17% 100,000×0.17÷365×30=1397.26

それぞれの利息を比較すると、1479円と1397円になります。その差は82円。「たったそれだけ?」と思う方もいるでしょう。

しかし、これを1年間にした場合、随分と違いが出てきます。

・貸出金利/貸付金利18% 100,000×0.18÷365×365=18000
・貸出金利/貸付金利17% 100,000×0.17÷365×365=17000

このように、年間で1000円の違いが出ることになります。借入金額が10万円だった場合で1000円の違いがあり、100万円の場合だと1万円も差が出てしまいます。これらのことからも貸出金利/貸付金利が低いカードローンをできるだけ選んでいきたいものです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*