カードローンの最高金利は20%以下!ほとんどの消費者金融は18%に設定

カードローンの最高金利は利息制限法により20%以内に抑えなくてはならない “グレーゾーン金利が認められていた頃は29.2%の「出資法」に基づいた金利を適用するカードローンがほとんどでした。しかし、現在は貸金業法改正によりグレーゾーン金利が撤廃され、最高金利は利息制限法に基づいた数値となっています。具体的には以下の通りです。

借入金額 最高金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

 

このように、借入する金額に応じて最高金利が適用されるという形になっています。そこで実際に消費者金融や銀行が提供しているカードローンをチェックしてみましょう。

多くのカードローン会社は「年利6.5%から18.0%」といった風に、下限金利と最高金利の2つを掲載しています。これだけ見ると「6.5%で融資してくれるのかな?」と勘違いする方も多いですが、基本的には最高金利が適用されるものだと考えてください。

どうして18.0%から?

カードローンの最高金利を見るといずれの消費者金融も18.0%を設定していることが多いです。

実際に借入したい金額は10万円未満にもかかわらず、どうして18.0%で借入できるのか、不思議に感じる方もいるかもしれません。これは、自分が希望する金額は10万円未満だったとしても、審査に通ればとりあえず10万円以上は借入できるチャンスがある、つまり利息制限法の関係以上18.0%でなくては不都合が生じる可能性が出てきてしまうからです。

ちなみに利息制限法を超える最高金利を適用させてしまった場合は消費者金融は厳しい刑事罰を受けなくてはならないためそのリスクを避けるためにも、18.0%を最高金利に設定していることが多いと判断できます。

大事なのは返済総額

最高金利にそこまで大きな違いはありませんが、毎月の返済額についてはそれぞれのカードローン会社で随分と異なってくるものです。

例えば、毎月5000円の返済でOK!というところもあれば、毎月1万円以上の返済を求めてくるところもあります。毎月の返済額が少ない方が家計への負担は小さいので良い、と思われがちですが、返済期間が長引けば長引くほどトータルの利息が大きくなってしまいます。例えば、最高金利18%で10万円を返済するとします。Aは毎月1万円、Bは毎月2万円の返済です。すると以下の通りになります。

▼毎月1万円返済の場合

回数 返済額 元金 利息 残高
1 10000 8500 1500 91500
2 10000 8628 1372 82872

10 10000 9719 281 9023
11 9158 9023 135 0

 

▼毎月2万円返済の場合

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20000 18500 1500 81500
2 20000 18778 1222 62722

5 20000 19636 364 4680
6 4750 4680 70 0

 

Aの場合はトータルの利息が9158円、Bの場合は4750円となります。ほぼ倍の利息が発生することに。たとえ多少金利が少なくなっていても最低返済金額が少ないとどうしても返済総額が高くなってしまうので注意が必要です。必ず事前に返済シミュレーションを利用しましょう。

とはいえ、家計を圧迫するほど毎月の返済額が大きくなってしまうと、そのために借金をする、いわゆる多重債務状態に陥ってしまう可能性もあるので注意が必要です。本当に必要な金額だけをカードローンで借入すること、無理のない返済プランをきちんと立てることが重要です。

ほとんどのカードローンは決められた最低返済額に自分で返済額を上乗せすることができます。これを繰り上げ返済といいます。

例えば、今月は出費が少なかったからいつもより多めに返済しよう、といった使い方が可能だということです。早めに返済し終わることで返済総額を小さくまとめられるので積極的に狙っていきましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*