アコムの人気は利便性の高いサービス、最短で借入できるキャッシング詳細を総網羅!

TVのコマーシャルなどで多くの方に知られているカードローン会社のアコムは、抜群の知名度を活かした充実度の高いサービスで常に人気があり、初めての方でも安心して利用できます。

中でも注目すべきは即日融資に対応している点であり、そのやり方をご存知でしょうか。

「どうしても今日中にお金が必要」
「アコムの即日融資のやり方を知りたい」

といった方に向けて、今回はアコムの基本的なスペックとともに、即日融資のやり方について詳しく紹介していきます。

この記事を読んで、アコムから最短でお金を借りる方法をマスターし、急ぎでお金が必要な方は参考にしてください。

アコムの公式サイトはコチラ!

アコムの紹介

まずはアコムの基本的な情報を紹介します。申込資格や実質年率などのスペックを表にまとめると次のとおりです。

分類 消費者金融カードローン
申込資格 20~69歳の安定した収入のある人
実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
無利息期間 契約日の翌日から30日間
返済方式 定率リボルビング方式
遅延利率 20.0%
担保・保証人 不要

審査・融資スピードが早い

アコムの特徴の1つとして審査・融資スピードの早さが挙げられます。審査時間は最短30分程度。

申込当日の融資に対応しているので、すぐにお金が必要な方にとって心強いですね。

利息は利用日数分だけ

アコムの利息は利用日数に応じて計算されます。金利が3.0%~18.0%で、借入額や利用実績に応じて決定。

利息の計算方法は次のとおりです。

利息=借入残高×借入利率÷365日×利用日数

例えば50,000円を金利18.0%で30日間借入した場合と、60日間借り入れした場合の利息は次のとおりです。

50,000円×18.0%÷365日×30日=739円
50,000円×18.0%÷365日×60日=1,478円

借入残高と利用日数が大きくなるほど利息も大きくなっていきます。利息を小さく抑えるには、なるべく早めに返済するよう心がけることが大事です。

初めての利用者は30日間の無利息サービスの利用が可能

アコムは初めての利用する方を対象に、契約日の翌日から30日間金利0円の無利息サービスを提供しています。

もちろん無利息サービス期間中に全額返済すれは一切利息を払うことなく借入できます。

カードローン機能付きクレジットカードの取扱っている

アコムはカードローン機能のついたクレジットカード、ACマスターカードを取り扱っています。

1枚のカードでカードローンとクレジット機能の両方を利用できる利便性溢れる商品でありこれを扱っているのはアコムだけ。

唯一無二のサービスなので、どちらも利用したい方はアコムを検討してみましょう。

カード名 ACマスターカード
国際ブランド Mastercard
発行カード会社 アコム
申込資格 安定した収入
入会金 なし
年会費 なし
カード発行事務手数料 不要
家族カード なし
ETCカード なし
利用限度額 最高300万円まで※
手数料率(実質年率) リボ払い14.6%
返済方式 定率リボルビング方式
支払い方法 引落しまたはATMでの入金

※300万円はショッピング枠ご利用時の限度額です。

アコムの審査申込

次はアコムの審査や申込みについて紹介していきましょう。

アコムの申込方法は次の5つのパターンが用意されています。

  • ネット
  • 店頭窓口
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送

それぞれの申込方法をみてみましょう。

インターネットの申込

パソコンやスマホなどネット接続環境のある端末から24時間365日申込できます。

最も手軽かつ便利な申込方法なので基本となるでしょう。即日振込による借入にも対応しています。

ネット申込の流れは次の5ステップ。

  1. ネットから申込
  2. 送られたメールに記載されているURLからログインし、書類を提出する
  3. 審査結果連絡
  4. カードの受取(店頭窓口・自動契約機への来店、または自宅へ郵送)
  5. 借入

書類提出は次の5つの方法の中から都合に合ったものを選択してください。

  • 会員ページ
  • 専用アプリ
  • FAX
  • 郵送
  • 店頭窓口、自動契約機

必要な書類や借入方法の詳細は後述します。

店舗窓口で申込

アコム店頭窓口なら申込から審査、カードの発行まですべてを行えます。申込後最短30分で審査結果が出て、すぐにカードを発行してもらえるので急いでいる方に最適。

また担当スタッフと相談しながら申込・契約ができるのも強みです。ただし、店頭申込は利用可能な時間帯が限られているので注意しておきましょう。

営業時間および休業日は次のとおりです。

営業時間 平日9:30~18:00
休業日 土・日・祝日休業

自動契約機(むじんくん)で申込

アコムの自動契約機「むじんくん」も申込からカード発行までワンストップで利用できます。

店頭窓口よりも遅い時間まで空いていますし、年末年始を除く年中無休で営業しているのでより利用しやすいですね。

営業時間および休業日をまとめると次のとおりです。

営業時間※ 8:00~22:00
休業日 年中無休(年末年始は除く)

※一部店舗は営業時間が異なる

電話で申込

フリーダイヤルに電話して申込むことも可能です。24時間365日対応しています。

問い合わせ先の電話番号は次のとおり。

0120-07-1000

なお18時以降に電話した場合、審査結果は翌日以降となるので注意しておいてください。

早く審査結果を知りたい方は18時以前の余裕のある時間帯を選ぶようにしたいところです。

郵送で申込

近くにアコムがない方は郵送での申込も可能です。

フリーダイヤル(0120-07-1000)に電話し、申込書類を請求します。

申込書類が届いたら必要事項を記入のうえ、必要書類の写しを郵送すればOKです。

審査完了後契約手続きを行い、自宅に契約書類とカードが届きます。カードは最短で翌日に到着。

アコムの審査申込はコチラ!

審査申込前に準備しておくべきもの

アコムに申し込む前にいろいろと準備しておかなくてはならないことがあります。

ここからは具体的に何を準備しておけば良いのかを見ていきましょう。

3秒診断で借入できるかチェック!

アコム公式サイトに「3秒診断」という簡易診断が用意されています。まずはこちらで審査に通るかどうかをチェックしてみましょう。

簡易診断自体は、お金がかかったり情報が記録されるといったことはありません。

ただしこの3秒診断の結果はあくまでも目安であり、実際の借入時の審査結果と異なる場合があります。

とはいえたった3秒で完了するのでやってみる価値は十分あるでしょう。

審査に必要な書類

申込時・審査時に提出が求められる書類に「本人確認書類」があります。

以下の4点のいずれかを提出しましょう。

証明書になる書類 備考
運転免許証
健康保険証 運転免許証がない場合
個人番号カード(マイナンバーカード) 運転免許証がない場合
住民票、公共料金領収書、納税証明書 顔写真がない書類または現在の住所と書類の住所が異なる場合

基本的には運転免許証が推奨されています。

持っていない方は健康保険証やマイナンバーカードを準備しておきましょう。

借入額50万以上の場合は収入証明書類も提出

次の2つの条件に当てはまる人は収入証明書類も提出する必要があります。

  • アコムで50万円以上の契約を希望する
  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える

収入証明書として有効な書類には次の5点が挙げられます。

収入証明になる書類 備考
源泉徴収票 1.最新年度
2.本人のフルネーム記載
3.支払い金額を鮮明に記載
4.現在の勤め先が記載
給与明細書 1.直近年月のもの
2.本人のフルネームが記載
3.支払い総額が鮮明に記載
4.現在の勤め先が記載
市民税、県民税額決定通知書 最新年度のもの
所得証明書 最新年度のもの
確定申告書、青色申告書、収支内訳書※ 1.最新年度のもの
2.本人のフルネームが記載
3.税務署受付印の押印または税理士名が記載

※e-taxの場合は税務署の受け付け日時が記載されていること

アコムの借入方法

アコムの借入方法はニーズに合わせて次の3通りが用意されています。

  • 振込
  • ATM
  • 店頭窓口

各借入れ方法について見ていきましょう。

振込による借入

24時間365日いつでもネットまたは電話にて振込依頼ができます。

アコムのATMに行く時間がない時などに心強いですね。

振込借入には次の3つのメリットがあります。

  • 手数料無料
  • 24時間365日借入可能
  • 楽天銀行口座なら24時間最短1分で振り込み

ネットからの申込は会員メニューから手続き可能です。

また振込先の金融機関によって振込実施時間が変わります。

次の表を参考にしてください。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 9:30頃
9:00 〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

電話からの申込は次の2とおりから選べます。

  • アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)
  • 担当者受付

それぞれの電話番号および受付時間は次のとおりです。

【アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)】
0120-134-567
0:10~23:50

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 0:10~9:00 当日 9:30頃
9:00~14:00 当日 15:00まで
14:00~23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝 0:10~23:50 翌営業日 9:30頃

【担当者受付】
0120-629-215
9:00~18:00

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 9:00~14:00 当日 15:00まで
14:00~18:00 翌営業日 9:30頃
土・日・祝 9:00~18:00 翌営業日 9:30頃

ATMから借入

アコムのATMだけでなく、全国の提携ATMからも借入できます。

アコムATMは24時間年中無休で利用できます。またコンビニATMも同様に24時間年中無休。

提携先のATMは次の表を参考にしてください。

利用可能な提携ATM一覧※
Enet※1 ゼロバンク※2
MUFG三菱UFJ銀行 イオン銀行

※1.EnetのマークがあるコンビニなどのATM(ファミリーマート・ミニストップなど)
※2. 愛知県、岐阜県のゼロバンクATMのみご利用可能

また提携ATM利用時は利用料が発生するので注意を。アコムATMの場合は利用料はかかりません。

取引金額および利用料を表にまとめると次のとおりです。

取引金額 借入手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

店舗窓口から借入

店舗窓口はスタッフと相談しながら借り入れできるので、借入に不慣れな方に適しています。

ただし営業時間があるため、あまり時間が取れない方には適していません。

店舗窓口での借り入れを希望する方は時間に余裕をもって活用しましょう。

急ぎの方におすすめ、最短でお金を借入する方法

アコムは申込と契約の2ステップで借入ができます。

ここでは急ぎの方に実践して欲しい最短でお金を借入れする方法について紹介しましょう。

インターネットか電話で申込

ネットまたは電話での申込なら時間や場所を選びません。事前に申込を済ませておいて、審査の時間で自動契約機や店頭窓口に向かいましょう。

契約・カード発行までの手続き時間を短縮でき、よりスピーディーな借入を目指せます。

最寄りの店頭窓口、自動契約機(むじんくん)で契約

審査を通過するとすぐに契約手続きが可能です。店頭窓口または自動契約機(むじんくん)に必要書類を持参して、その場ですぐにカードを発行してもらいましょう。

カードを手に入れれば土日祝日でもATMで即日融資が可能となります。

アコムの返済方法

次はアコムの返済について紹介していきます。

返済方法には次の4つが用意されているので利用しやすいものを使いましょう。

  • 振込
  • ATM
  • 店頭窓口
  • 口座振替

それでは各返済方法について解説します。

返済日が設定できる

アコムは次の2つの返済日の中から自身の都合に合わせたものを設定できます。

  • 毎月払い
  • 35日ごと

毎月払いの場合、毎月同じ日を指定できます。例えば「毎月15日」「毎月20日」といった具合。

35日ごとの返済日を選択した場合は、前回の返済日の翌日から数えて35日目が期限になります。

返済日を忘れたくない、毎月決まった日の方が使いやすい!という方は毎月指定期日が良いでしょう。

振込で返済

銀行またはネットバンキング(Pay-easy:ペイジー)から指定した口座に振込むことで返済できます。

ただし銀行振込の場合は振り込み手数料が自己負担となってしまうので注意を。

ネットバンキングを使った振り込みなら手数料無料、24時間365日いつでもすぐに返済できるのでおすすめです。もちろん土日祝日もOK!

ATMから返済

アコムATMまたは提携ATMから返済できます。アコム、コンビニATMは24時間いつでも利用できるので、ちょっと出かけた時についでに返済できるのもメリット。

ただしアコムATMは手数料不要ですが、提携ATMの場合は利用手数料が発生するので注意してください。

取引金額および返済手数料は次の表のとおり。

取引金額 返済手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

店頭窓口で返済

店頭窓口ならスタッフに相談しながら返済できます。

営業時間の関係上、夜間や土日祝日は利用できませんが、返済手数料は一切かかりません。

口座振替で返済

事前に登録しておくことで、毎月6日に口座振替(自動引落)で返済できます。

手数料無料。

返済日を忘れてしまいがちな人や、いちいち返済するのが面倒な方にピッタリです。

アコムのデメリット

アコムを利用する上でデメリットについても理解しておく必要があるでしょう。

具体的には次の3つのデメリットが挙げられます。

  • 総量規制の対象
  • 金利が高い
  • 提携ATM利用時の手数料

各内容を詳しくみてみましょう。

総量規制の対象

アコムは消費者金融なので貸金業法の1つ「総量規制」の対象です。これは過剰な貸付を防ぐために設定されていて、年収の1/3までしか借入れできない、というルール。

なお総量規制は他社借入も含めて年収の1/3いかに抑えなくてはならなりません。総量規制によって多額の借入れは難しくなっています。

金利が高め

消費者金融としては標準的な金利ですが、銀行カードローンと比べると高め。

ですが銀行カードにはないスピーディーな対応、即日融資はアコムならではのメリットです。

提携ATM利用に手数料がかかる

1回あたりの手数料はさほど高くありませんが、何度も繰り返し利用すると負担になってしまうでしょう。

そのため借入・返済はできればアコムATMまたはネットを活用したほうが無難です。

まとめ

ということでアコムの概要、借入方法、返済方法について紹介しました。

ポイントをおさらいしましょう。

  • 即日融資対応で24時間365日いつでも申し込める
  • 借入、返済方法の自由度が高い
  • 30日間無利息サービス期間が用意されている

以上3点が挙げられます。

「即日融資に対応している消費者金融はどこ?」
「アコムの詳しい利用方法を知りたい」

といった方は今回の記事を参考にして、アコムでスムーズな借入を目指してください。

最短30分で審査が終わり、即日融資に対応しているので急ぎの方にこそピッタリですよ!

利用者からの評判・評価

アコムを利用したことのある方は、ぜひ以下の表内全項目にチェックして投票お願いします。リアルタイムで結果を表示します。

投票数 悪い 項目 良い 投票数
7 総合 13
6 審査対応 14
8 審査時間 12
9 融資スピード 11
4 スマホ対応 16
6 申し込みやすさ 14
6 返済方法 14
7 提携ATM 13
12 おまとめ向き 8
5 無利息サービス 15

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。