イオン銀行カードローンならキャッシング初心者でも使いやすく安心の低金利!



イオン銀行のフリーローンとしては、ネットフリーローンが有名ですが、高所得者向けフリーローンであるカードローンも、非常に便利です。高所得者向けフリーローンというと、少々敷居が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はとても使い勝手が良く、また借入れ限度額が高く、かつ低金利のとてもお得な内容となっています。

イオン銀行カードローンのキャッシング商品詳細

イオン銀行カードローンの商品詳細情報です。実質年率や融資の限度額などを比較して、ご自身に最適なサービスを利用しましょう。

貸付利率(実質年率) 年3.8%~13.8%
借入限度額 最高800万円
審査期間 画面に審査結果を表示
最短振込日数 インターネットより14:00までにお申込みいただいた場合原則として最短での回答をいたします。
※・土日申込⇒融資は翌営業日
返済方式 残高スライド方式
返済期間・回数 1年(ローンカード発行日から1年後の応当月約定返済日まで)ごとの自動更新
返済方法 支店窓口、ATM、提携ATM、指定銀行口座への振込、銀行引き落とし
遅延損害金(年率) ご返済予定日の翌日より:14.6%
※1年を365日として日割り計算
申し込み資格 ・ 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
・ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
・ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方*1。
*1 パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方は可、学生の方は不可。
・イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
担保・保証人 原則不要
必要書類 (下記のうちいずれか1通。ただし、氏名、住所および生年月日の記載されており、有効期限内のものに限ります。)
①運転免許証(変更事項がある方については両面)
②パスポート(公印、写真並びに現住所のページ)
※ 審査の状況によっては、上記以外の書類(例:健康保険証)をご提出いただく場合があります。
※ ローンカードお受取りの際は、運転免許証のご提示をお願いいたします。

・月々の返済額の設定は、なんと3,000円から可能です。

イオン銀行カードローンは、月々の返済額を3,000円から設定することが可能です。これで、毎月の返済に苦しむことはなくなります。家計が苦しいときや、急に大きな出費をする機会が重なってしまったときなどのお借入れでも、月々3,000円からの返済額ならば、無理なく地道に返済することが可能です。

イオン銀行カードローンの会社概要

低金利で初心者でも利用しやすいカードローンとして人気となっているのが「イオン銀行カードローン」です。

商号 株式会社イオン銀行
所在地 東京都江東区 枝川1-9-6
設立 2006年5月15日

イオン銀行カードローンのメリットとデメリットについて

◆イオン銀行カードローンのメリットは
低金利で利用ができるということがイオン銀行カードローンの最大のメリットです。最高金利が適用される場合であっても金利は年13.8%ですから、消費者金融などの一般的な金利である18%と比較するとかなりお得になります。例えば50万円を借り入れて30日後に返済する場合であれば支払利息は1726円も少なくなるのです。

借入金額が大きくなったり借入期間が長くなったりするほどお得になります。また提携する銀行やコンビニのATMを利用することができますので、使い勝手が良くいつでも自由に借入や返済が行えることも大きな魅力となっています。提携ATMを利用すれば24時間いつでも利用が可能ですし、またインターネットバンキング(パソコン・スマートフォンなど)を利用すれば手数料は無料です。

◆イオン銀行カードローンのデメリットは
融資を申し込んでから実際に融資が受けられるまでにある程度の時間がかかってしまうことが、イオン銀行カードローンのデメリットだといえるでしょう。申込みをインターネットから行った場合には電話による本人確認が行われるのですが、審査結果については後日郵送で送られてくることになります。

すぐに審査結果が知りたいという人にとってはもどかしく感じるかもしれません。さらに審査に通過した後は申込書に記入捺印をして郵送する必要があるため、ローンカードが手元に届くまでにはさらに日数が必要になります。イオン銀行カードローンでは郵送による書類のやり取りが多く融資を受けるために時間がかかるため、できるだけ早く融資を受けたいという人にはあまりおすすめできません。

イオン銀行カードローンの金利条件や利用限度額について

イオン銀行カードローンを利用する場合の金利は利用限度額に応じて設定されることになります。利用限度額は最大で800万円まで認められますが、最初からいきなり大きな利用限度額が利用できるわけではありません。通常は小さな利用限度額からスタートして、一定の返済実績を重ねることで利用限度額の増額が可能になるのです。

イオン銀行カードローンの場合には一般の消費者金融に比べるとかなり低金利で利用できるのですが、一方では申込み時の審査が厳しいというデメリットもあるようです。

・イオン銀行カードローンは低金利で利用できるカードローンです

カードローンの申し込みが初めてだという人の場合には最大金利が適用されることが一般的です。イオン銀行カードローンでは最大金利は年13.8%に設定されていますので、利用限度額が小さい場合であっても消費者金融や信販会社のカードローンよりも有利な条件で利用することができるのです。

 業者名  金利 遅延利率・遅延損害金
イオン銀行カードローン 年3.8~13.8% ご返済予定日の翌日より:14.6%
イオン銀行イオンアシストプラン 年3.8~13.5% ご返済予定日の翌日より:14.5%
じぶん銀行 2.3~17.4% 18%
オリックス銀行 1.7~17.8% 借入残高に対し借入利率+2.1%

また、イオン銀行カードローンでは最大金利だけでなく全ての金利区分が低金利に設定されていますので、利用限度額が大きめの場合であっても有利に活用することができます。例えば、利用限度額が100万円になると利息制限法による規制が18%から15%に変化しますので、100万円を境として法定利率が15%に低下するのです。

利用限度額が80~90万円程度の人は利用限度額を100万円に増額することで、より有利な条件で借入ができることになります。低金利で利用できるカードローンを探している人は利用限度額が100万円未満の場合と、利用限度額が100万円の場合の2種類の金利をチェックしてみましょう。

 業者名    限度額   金利
イオン銀行カードローン 10~800万円 年3.8~13.8%
イオン銀行イオンアシストプラン 30~700万円 年3.8~13.5%
じぶん銀行 1~800万円 2.3~17.4%
オリックス銀行 最高800万円 1.7~17.8%

利用限度額が大きくなればそれだけ低い金利が適用されて有利になるのですが、実際には200万円以上の利用限度額を認められる人はほとんどいないようです。金利については最大で100万円までをチェックしておけばそれで十分でしょう。いくら低金利であっても利用限度額が500万円などの場合には利用することが難しいためあまり意味がないのです。

利用限度額100万円の場合にはイオン銀行カードローンは金利8.8%で利用することができますので、かなりお得だといえるでしょう。ちなみに他の銀行系カードローンでは12~15%、消費者金融系のカードローンでは15%程度に設定されていることが一般的です。

消費者金融と比較すると金利差が6.2%ですから、返済の負担についてもかなりの違いが生じることになります。ちなみに最大金利についてはイオン銀行カードローンが13.8%であることに対して消費者金融では18%程度であることが一般的ですので、利用限度額が小さい場合であっても4.2%の金利の違いが生じることになります。

ちなみにお借入れ金利と限度額の関係は以下のようになっています。

お借入金利 ご利用限度額
年11.8%~13.8% 10万円 ~90万円
年8.8%~13.8% 100万円 ~190万円
年5.8%~11.8% 200万円 ~290万円
年4.8%~8.8% 300万円 ~390万円
年3.8%~8.8% 400万円 ~490万円
年3.8%~7.8% 500万円 ~590万円
年3.8%~5.8% 600万円 ~790万円
年3.8% 800万円

イオン銀行カードローンの申込方法について

インターネット申し込み

イオン銀行カードローンにはパソコンやスマートフォンなどを利用して、インターネットから申し込むことができます。店舗などに足を運ばなくてもインターネットだけで全ての申し込みを完結させることができるため、とても便利です。

申し込みの条件

イオン銀行カードローンに申し込むためには、

「日本国内に居住していて、外国籍であれば永住許可を取得していること」
「契約時において年齢が20歳以上65歳未満であること」
「イオン銀行の普通預金口座を保有していること」
「本人または配偶者が安定して継続した収入を得ていること(ただしパート・アルバイト・自営業・専業主婦は含まれるが、学生は含まれない)」
「イオンクレジットサービスまたはオリックスクレジットの保証が受けられること」

などの条件を全て満たすことが必要です。

保証人・担保

申し込みについてはイオンクレジットサービスまたはオリックスクレジットが保証を行いますので、保証人や担保は必要ありません。

ご本人確認書類
(下記のうちいずれか1通。ただし、氏名、住所および生年月日の記載されており、有効期限内のものに限ります。)
①運転免許証(変更事項がある方については両面)
②パスポート(公印、写真並びに現住所のページ)
※ 審査の状況によっては、上記以外の書類(例:健康保険証)をご提出いただく場合があります。
※ ローンカードお受取りの際は、運転免許証のご提示をお願いいたします。

必要な書類

本人確認書類として下記のうちいずれか1通。ただし、氏名、住所および生年月日の記載されており、有効期限内のものに限ります。

  1. 運転免許証(変更事項がある方については両面)
  2. パスポート(公印、写真並びに現住所のページ)

※ 審査の状況によっては、上記以外の書類(例:健康保険証)をご提出いただく場合があります。
※ ローンカードお受取りの際は、運転免許証のご提示をお願いいたします。

イオン銀行カードローンの審査方法について

イオン銀行の普通預金口座を持っていればイオン銀行カードローンの審査ではかなり有利になります。イオン銀行の口座があればカードローンの最短審査が可能なのです。(ただし最短借入ができるのは最大で50万円までとなっています。)

銀行系カードローンは低金利で利用できることがメリットなのですが、一方で審査のためにはある程度の時間が必要になることがデメリットだといえます。すぐにお金が必要な人にとっては、いくら低金利であっても融資までに時間がかかってしまえば意味がないのです。

すぐにお金が必要な人の多くは消費者金融を利用しているようです。消費者金融ならばほとんどが最短での審査に対応していますので、急いでお金が必要だという場合でも十分に対応することができます。ただし消費者金融は銀行系カードローンよりも金利が高いため注意が必要です。

低金利の銀行系カードローンで最短での審査が可能であれば、銀行系カードローンを利用する人はさらに増加するはずです。最短審査を希望する人の数は非常に多いため、これに対応できないことが銀行系カードローンの弱点になっています。

しかしイオン銀行カードローンであればイオン銀行の口座があれば最短で審査が受けられますので、「低金利」での「融資」が可能になるのです。

イオン銀行カードローンは銀行系カードローンと消費者金融の両方のメリットを同時に備えたカードローンだといえます。(イオン銀行の口座を持っていない人はカードローンと同時に申し込むことができます。ただしその場合には融資までにはある程度の日数が必要になります。)

・在籍確認はあるのでしょうか
イオン銀行カードローンに申し込んだ場合には、審査の際に勤務先に対して電話での在籍確認が行われます。ただしこの時には担当者が個人名で在籍確認を行いますので、会社の同僚などにキャッシングに申し込んでいることがバレてしまう心配はありません。在籍確認の電話がかかってきたら慌てずに落ちついて対応すればOKです。

イオン銀行カードローンの借入方法について

・借入方法は

イオン銀行カードローンでは、口座振込とATMの2種類の借入方法が利用できます。

1)口座振込による借入
口座振込を希望する場合にはインターネットバンキングまたはモバイルバンキングから申し込んでください。振込先がイオン銀行の口座であれば24時間いつでも入金が可能ですが、その他の銀行の場合には営業時間内のみの入金となります。またその他の銀行への入金の際には振り込み手数料が必要です。

2)ATMによる借入
提携ATMを利用した借入も可能です。ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、マイバスケットなどのATM(イーネット、イオン銀行ATMを含む)を利用することができます。

・口座振込による借入の特徴は

口座振込はパソコンやモバイルを活用することで365日24時間いつでも申し込むことができます。イオン銀行の口座があれば24時間いつでも入金が可能ですが、他行口座の場合には銀行の営業時間内に限っての入金となります。また他行口座への入金では振込手数料が必要です。振込手数料は1回あたり数百円程度ですが、利用する回数が多くなるとそれだけ負担が大きくなりますので注意が必要です。

・ATMによる借入の特徴は

コンビニなどのATMを利用すれば365日24時間いつでも借入ができます。(メンテナンス時は除きます。)イオン銀行のATMであれば手数料はいつでも無料なのですが、イーネット(ファミリーマートなど)やローソンのATMでは平日8時45分から18時までの間は100円(税別)、それ以外の時間には200円(税別)の手数料が必要です。

また、提携銀行のATMを利用する場合にもそれぞれの銀行が設定する利用手数料が必要になります。現在コンビニ業界の最大勢力であるセブンイレブン(セブン銀行)では利用できないのですが、イオン銀行のATMは現在出店が増加している「ミニストップ」「まいばすけっと」などにも導入されていますので今後はさらに利用しやすくなるはずです。

ちなみにイオン銀行のATMは2014年11月の時点で約5300台が日本全国に設置されています。

・もしもの場合には「自動融資」が役立ちます
公共料金の引き落としなどで口座の残高が不足してしまった場合には、「自動融資」を利用すればカードローンにより自動的に不足分の融資が行われます。

自動融資を利用すれば残高不足による引き落とし不能を防ぐことができるためとても便利です。

ただし残高不足の原因が積立式定期預金や投資信託自動積立への自動振替、イオン銀行ローンの返済、電子マネーWAON(ワオン)へのオートチャージ、イオンクレジットサービスへの返済などの場合には自動融資の対象になりませんので注意しましょう。

イオン銀行カードローンの約定返済と返済方式について

約定返済は約定返済日(毎月20日。ただし「土曜日」、「日曜日」、「祝日」、「国民の休日」、「年末年始等」の場合にはこれらの日の翌日)に前月末日の貸越残高に応じてご返済いただきます。約定返済方法は以下から選べるようになっています。

  1. イオン銀行普通預金口座からの引き落とし(約定日前日までに約定返済額をご用意ください)
  2. ATMからのご返済(毎月1日~約定日に当行指定ATMからご入金ください)

具体的な金額については下記の表を参考にしてください。

前月末日の貸越残高 約定返済額
3万円以下 1,000円
3万円超5万円以下 2,000円
5万円超10万円以下 3,000円
10万円超~20万円以下 5,000円
20万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 15,000円
100万円超~150万円以下 25,000円
150万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 35,000円
300万円超~500万円以下 40,000円
500万円超~600万円以下 50,000円
600万円超~700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円

繰上げ返済(任意返済)について

イオン銀行カードローンでは繰り上げ返済を行うことができます。借入の元金を減らすことができればそれだけ利息の負担が少なくなりますので、返済に余裕があれば積極的に繰り上げ返済を行うことをおすすめします。

パソコンやモバイルによる繰上げ返済

イオン銀行カードローンではインターネットバンキングやモバイルバンキングで繰り上げ返済を行うことができます。預金口座からカードローン口座への振り替えにより繰り上げ返済が24時間いつでも可能です。

銀行振込による繰上げ返済

イオン銀行カードローンでは銀行振込により繰り上げ返済を行うこともできます。ただしその場合には振り込み手数料の負担が必要です。

銀行ATMによる繰上げ返済

イオン銀行カードローンでは銀行ATMで繰り上げ返済を行うこともできます。利用できる銀行はイオン銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などです。

コンビニATMによる繰上げ返済

イオン銀行カードローンではコンビニATMを利用して繰り上げ返済を行うこともできます。利用できるのはイオン銀行ATM設置店(ミニストップ・まいばすけっとなど)、イーネット設置店(ファミリーマートなど)、ローソンです。

返済時に必要なATM利用手数料について

借入の場合と同様に、返済についてもATM手数料が必要な場合があります。返済にイオン銀行のATMを利用すれば手数料は必要ありません。またメンテナンス時などを除き基本的には365日24時間いつでも返済を行うことができます。

ローソンATMやイーネット(ファミリーマートなど)を利用する場合には、平日8時45分から18時までは100円(税別)、それ以外の時間には200円(税別)の利用手数料が必要です。提携銀行のATM利用手数料についてはそれぞれの銀行ごとに異なりますので、利用の前に各銀行に確認してみてください。(基本的にはイオン銀行のキャッシュカードを提携銀行で利用する場合の手数料と同じ金額が請求されます)

・毎月の最低返済額が少ないため支払の負担が軽くなります

イオン銀行カードローンは低金利で利用できることが特徴なのですが、さらに毎月の最低返済額が少なめに設定されていることも大きなメリットになっています。

銀行系カードローンの場合には消費者金融と比較すると毎月の最低返済額が多めに設定されていることが一般的なのですが、イオン銀行カードローンの場合には最低返済額が消費者金融と同じかそれ以下に設定されているのです。

上の表はイオン銀行カードローンの最低返済額なのですが、特に借入残高が10万円超40万円以下の場合と40万円超50万円以下の場合にはかなり少ない金額が設定されています。

最低返済額が少なめに設定されている消費者金融であっても借入残高が40万円ならば1万円から1万2千円程度、借入残高が50万円ならば1万3千円から1万5千円程度になりますので、イオン銀行カードローンの借入残高が10万円超40万円以下で3千円、40万円超50万円以下で5千円という最低返済額は全てのカードローンの中でも群を抜いて有利だといえるでしょう。

イオン銀行カードローンは低金利でありながら少ない最低返済額で利用できるカードローンですから、全ての人に安心しておすすめすることができるのです。

イオン銀行カードローンの返済に遅れてしまった場合には

イオン銀行カードローンの返済に遅れてしまった場合には、「遅延損害金」を支払うことが必要になります。遅延損害金はご返済予定日の翌日より14.6%です。
※1年を365日として日割り計算 金利条件によって計算されます。

無利息期間サービスは利用できるのでしょか

最近では借入から一定の期間について利息の負担なしの「無利息」で利用ができるサービスを提供するカードローンが増えているのですが、イオン銀行カードローンでは今のところ無利息期間サービスを利用することはできません。

もしも借り入れた金額を一定期間内に確実に返済できるのであれば、無利息期間サービスが利用できるカードローンを検討してみてください。利息の負担なしで利用することができれば圧倒的に有利になります。ただし無利息期間サービスは初めて利用する人限定のサービスであることが多いですから、カードローンを今後頻繁に利用したいという人にはイオン銀行カードローンをおすすめしたいと思います。

イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由や原因は

イオン銀行カードローンはもうひとつのイオン銀行から提供されているカードローン「イオン銀行アシストプラン」と比較してより利用しやすくなっています。

とはいえ、やはりきちんとした審査があるわけで、こちらをクリアしないことにはカードが発行されません。まずはじめに確認するべきは利用条件です。イオン銀行カードローンの利用条件は以下の通り。

担保 必要なし
保証人 必要なし
対象年齢 満20歳~満65歳まで
収入 安定した収入のある方
雇用形態 パート、アルバイト、自営業の方でも可能
保証会社 イオンクレジットサービスまたは、オリックス・クレジット保証が受けられる方

イオン銀行カードローンの審査でチェックされるところは?

基本的には先述した利用条件に沿って審査を進めていくものだと考えて良いでしょう。どれくらいの年収があるのか、勤務先はどこか、雇用形態、さらには勤続年数は何年くらいあるのかと言った点は必ずチェックされます。

特に年収と勤続年数は重要な要素となってくるので押さえたいところ。年収に関しては明記されていないので具体的には分かりませんが、150万から200万円以上はあったほうが安心です。また、勤続年数は1年以上は必要になってきます。もちろん他社借入状況も審査で必ずチェックされますので、可能なら完済した状態で申込みしたいところです。

イオン銀行カードローンは他のローン(住宅ローンや自動車ローン等)を抱えていると厳しい?

これはイオン銀行カードローンだけに限った話ではありませんが、他のローンがある状態で申込みすると年収や勤続年数などをクリアしていても審査に通りづらい場合があります。しかし、絶対に審査落ちするわけではありません。

例えば、イオン銀行が提供している住宅ローンや、マイカーローンを利用していればもう少し審査落ちのリスクが下がる可能性もあります。とはいえ、他社借入のひとつとしてカウントされてしまうので、あるよりは無い方が良いです。

イオン銀行カードローンの審査通過の可能性を少しでも上げるためにすべきことは?

まずはじめに取り組まなくてはならないのは「他社借入状況を無くすこと」です。たとえ少額でも他のカードローンなどから借入しているとそれだけで審査に通りづらくなってしまいます。ですので可能な範囲で完済してからイオン銀行カードローンに申込みすることをおすすめします。

イオン銀行ではおまとめローンも用意されているので、状況に応じてこちらを利用するのも有効な手段です。

ユーザー評価グラフ

投票数 悪い 項目 良い 投票数
4 総合 7
4 審査対応 7
2 審査時間 9
4 融資スピード 7
4 スマホ対応 7
2 申し込みやすさ 9
4 返済方法 7
4 提携ATM 7
7 おまとめ向き 4
11 無利息サービス 0

口コミ体験談を書く


Submit your review
* 必須

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。