千葉銀行カードローン クイックパワーはweb完結利用で書類提出なしの手軽な申込み!

chiba千葉銀行は本店を千葉県千葉市に置く地方銀行です。千葉県内に支店の多くが存在するため、千葉県在住以外の方にとっては馴染みが少ないかもしれません。ただし千葉銀行は海外(ニューヨーク・ロンドン・香港など)にも支店を有しており、その売上高は全銀行中のトップ10に入っています。千葉銀行は地方銀行としては、横浜銀行の次に規模の大きな銀行なのです。

千葉銀行が提供するカードローンのサービスが、千葉銀行カードローン「クイックパワー」です。利用できるのは千葉県・神奈川県(一部のみ)・埼玉県・茨城県・東京都のいずれかの地域に居住または勤務している人となっていますので、首都圏以外の方は残念ながら利用することはできません。

千葉銀行の普通預金口座を持っていない人でも申し込むことができるのですが、申し込みから実際に融資を受けるまでにはある程度の期間が必要になります。また審査の結果は最短即日で判明するのですが、その後融資が受けられるのは最短で5営業日後となります。

千葉銀行カードローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

千葉銀行カードローン「クイックパワー」の商品詳細については、以下のとおりとなっています。

  • 借入限度額は→最大500万円までです
  • 実質年率は→4.3%~14.8%です
  • 申込み方法は→電話・インターネット・ファックス・郵送で申し込むことができます
  • 申込み条件は→安定した収入のある20歳以上65歳未満の人です
  • 申込みに必要な書類は→運転免許証・健康保険証・パスポートなどを準備してください
  • 資金の使い道は→事業資金以外であれば自由な目的に利用することができます
  • 即日融資は→最短即日で融資が受けられます
  • 審査に必要な時間は→最短即日で審査の結果が判明します
  • 保証人や担保は→保証人も担保も不要です
  • 借り入れ方法は→インターネットバンキングまたはATMとなります
  • 返済方法は→インターネットバンキングまたはATMとなります
  • 無利息期間サービスは→無利息期間サービスの提供は行っていません

千葉銀行カードローンでは審査の結果に基づいて、年4.3%・年5.5%・年6.0%・年9.0%・年12.0%・年14.8%のいずれかの金利条件が適用されることになります。これは銀行系カードローンとしては平均的な金利条件だといえるでしょう。

千葉銀行カードローンにはパートアルバイトなどの人でも申し込むことができますし、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込むことができるのですが、年金収入のみの年金受給者の場合には申し込むことはできません

また申し込みの際には原則として本人証明ができる書類の提出が必要であり、さらに100万円以上の借入限度額を希望する場合には収入が証明できる書類の提出が必要になります。

千葉銀行カードローン クイックパワーのキャッシング詳細

貸付利率(実質年率) 1.7%~14.8%
借入限度額 最高800万円
審査期間 最短即日※申込日当日
最短振込日数 約5日
返済方式 残高スライド方式
返済期間・回数 月額2,000円毎(銀行休業日の場合は翌営業日)
返済方法 ・提携ATM
※千葉銀行の口座から自動引き落としによるご返済も可能です。
遅延損害金(年率) 19.8%
申し込み資格 ご契約時に年齢が20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方
担保・保証人 原則不要
必要書類 運転免許証または健康保険証、パスポート、
マイナンバーカード、在留カードまたは
特別永住者証明書、個人番号カード。
※上記の写しいずれか1通を用意してください。

【2】利用限度額により所得証明書類が必要。
※所得証明書類の提出が必要となるのは、原則、利用限度額が500万円超の場合。
※審査の結果、限度額500万円以下の場合でも提出の必要が生じる場合あり。

千葉銀行カードローンでは最短即日で融資を受けることができます!

地方銀行である千葉銀行が提供する「ちばぎんカードローンクイックパワーアドバンス」は、最高500万円までの借入限度額が認められる即日融資に対応するカードローンのサービスです。金利条件は年率4.3%~14.8%が設定されていますし、申し込みの際に所得が証明できる書類を提出する必要はありません。千葉銀行カードローンには原則として、本人確認ができる書類のみで申し込むことができます。

ただし即日融資を受けるためには普通預金口座の開設が必要になります!

ただし千葉銀行カードローンで即日融資を受けるためには、千葉銀行の普通預金口座を開設してキャッシュカードを所持していることが必要になります。即日融資は普通預金口座への振り込み入金により行われますので、普通預金口座がないと即日融資を受けることができないのです。

あるいは即日融資を希望しないのであれば、千葉銀行カードローンには普通預金口座がない人でも申し込むことができます。普通預金口座がなくても申し込み自体はOKなのです。

即日融資を確実に利用するためにできるだけ早い時間帯に申し込むようにしましょう!

申し込みの時間帯などによっては、その他の条件を満たしていても即日融資が受けられない場合があります。即日融資を確実に利用するためには、申し込みや審査などの手続きを平日の正午までに完了させることが必要になるのです。また普通預金口座の開設を同時に申し込む場合には、普通預金口座の開設についても同様に平日の正午までに完了させることが必要になります。

千葉銀行カードローンでは平日の午後に即日融資を希望しても、当日中に融資を受けることはできません。手続きの完了が平日の正午以降になった場合には、実際の振り込み入金は千葉銀行の翌営業日に行われることになるのです。平日の正午までに手続きが完了するかどうかが、即日融資が受けられるかどうかの基準になります。

普通預金口座があれば書類の提出を省略できるweb完結で申し込むことができます!

安定した収入のある満20歳から64歳までの人であれば、千葉銀行カードローンの申し込み資格を満たすことができます。パートやアルバイトや派遣社員などの非正規雇用の人でも安定した収入の条件を満たすのであれば申し込みが可能になりますし、専業主婦の場合には安定した収入を得ている配偶者がいれば申し込みが可能になります。ただし年金収入のみの年金生活者の場合には、安定した収入の条件を満たすことができませんので申し込みは不可となります。

申し込みのためには特定のエリアに居住または勤務していることが必要になります!

千葉銀行カードローンに申し込むためには、千葉県神奈川県(横浜市と川崎市のみ)・埼玉県茨城県東京都のいずれかに居住または勤務していることが必要になります。店頭窓口での申し込みを希望する人は、居住または勤務している地域を担当する店舗に足を運んで手続きを行うようにしてください。

千葉銀行カードローンには5種類の方法で申し込むことができます!

千葉銀行カードローンでは5種類の申し込み方法を利用することができるのですが、郵送以外の申し込み方法であれば最短即日での融資が可能になります。千葉銀行カードローンで利用できる申し込み方法は、具体的には以下のとおりとなります。

  • インターネットによる申し込み(パソコン・スマートフォン)
  • 携帯電話による申し込み(ガラケー・モバイル)
  • 電話による申し込み
  • ファックスによる申し込み
  • 郵送による申し込み(郵送の場合には即日融資を利用することはできません)

申し込み後の流れはどうなるのでしょうか?

インターネット・携帯電話・電話・ファックスで申し込んだ場合には、すぐに審査が行われて電話により審査の結果が通知されます。審査に通過した場合には申込書をファックスか郵送で提出することで契約が完了するのですが、インターネットからの申し込みの場合には申込書の提出を省略することができますので、すぐに借り入れを利用することができるのです。

携帯電話や電話やファックスから申し込んだ場合には、審査通過後に申込書の提出が必要になります。郵送で提出した場合には到着までの間は借り入れを利用することができませんので、即日融資を希望する場合にはファックスを利用してください。書類の確認が完了すればすぐに借り入れが利用できることになります。

暗証番号の面倒な管理の手間を省略することができます!

ローンカードをATMで借り入れに利用する場合には、通常は暗証番号を入力することが必要になります。そのため申し込みの際には、希望する暗証番号を設定して申告することが一般的となっています。千葉銀行カードローンの場合には、申し込みの際に希望する暗証番号を設定して申告する必要はありません。申し込みの際には自動的に手持ちのキャッシュカードと同じ暗証番号が設定されますので、暗証番号の面倒な管理の手間などを省略することができるのです。

千葉銀行カードローンには専業主婦でも借り入れを申し込むことができます!

千葉銀行カードローンでは安定した収入を得ていることが申し込みのための条件となっているのですが、専業主婦の場合には配偶者に安定した収入があれば申し込むことができますので、家計のピンチなどの際にも大いに役立つのです。

ただし専業主婦の場合には借入限度額が制限されることになります!

一般の人が自分自身の収入に基づいて千葉銀行カードローンに申し込む場合には、最大で500万円までの借入限度額が認められることになります。ただし自分自身の収入がない専業主婦の場合には配偶者の収入に基づいて申し込むことになりますので、専業主婦の場合には借入限度額が制限されることになります。

専業主婦の借入限度額は30万円程度が設定されることになります!

専業主婦が初めて千葉銀行カードローンに申し込む場合には、認められる借入限度額は最大でも30万円程度までになります。ただしその後の利用状況などによっては、50万円程度までの増額が認められる可能性があるようです。専業主婦の場合には「利用限度額30万円」「極度額50万円」が利用の際の目安だと考えてください。

千葉銀行カードローンに家族や同僚に内緒で申し込むことはできるのでしょうか?

千葉銀行カードローンにはweb完結を利用すれば所得証明書の提出なしで申し込むことができますし、口座開設不要で最短即日の融資を受けることができます。千葉銀行カードローンはお得で便利なカードローンですから、申し込みを希望する人が多いのではないでしょうか。

ただし利便性の高い千葉銀行カードローンもやはり借金の一種ですから、申し込みの際には家族や同僚などに知られてしまうのではないかと不安を感じることがあるかもしれません。家族や同僚などに内緒で千葉銀行カードローンに申し込むためには、具体的にはどのようなポイントに注意をすればよいのでしょうか。

審査の際には職場への在籍確認が必ず行われることになります!

千葉銀行カードローンでは保証会社であるエム・ユー信用保証が、実際の審査を担当しています。さらに審査の際には同様にエム・ユー信用保証が職場への在籍確認を行うことになるのですが、その際には担当者が個人名で電話をするか、あるいは千葉銀行を名乗って電話をするかのいずれかになります。

一部のカードローンでは書類の提出などにより職場への在籍確認の手続きが省略できる場合があるのですが、千葉銀行カードローンでは審査の際には職場への在籍確認が必ず行われることになりますので、在籍確認が行われることを前提として申し込むようにしましょう。

ローンカードの発行や郵送を省略することはできません!

千葉銀行カードローンでは普通預金口座への振り込みで初回の融資を受ける場合であっても、ローンカードの発行や郵送を省略することはできません。家族などが郵便物を受け取ってしまうとカードローンに申し込んだことを知られてしまう可能性がありますので、くれぐれも注意をしてください。

家族や同僚にはどのように説明すればよいのでしょうか?

千葉銀行からの郵便物が自宅に届いた場合には、家族に「何が入っているの?」と聞かれることがあるかもしれません。また電話による職場への在籍確認が行われた場合には、同僚に「何の電話?」と聞かれることなどもあるでしょう。そのような場合には「クレジットカードに申し込んだ」「デビットカードに申し込んだ」などと説明すれば、家族や同僚に不審に思われることはないはずです。

千葉銀行カードローンはおまとめや借り換えなどに活用することもできます!

おまとめローン借り換えローンなどを利用したいという人は、千葉銀行カードローンへの申し込みを検討してみてください。千葉銀行カードローンは大きな金額を低金利で借り入れることができるカードローンですから、おまとめや借り換えなどにも余裕を持って対応することができます。

ただし金利条件にはくれぐれも注意が必要です!

おまとめローンや借り換えローンを利用する際には、できるだけ低金利のローンを選ぶことが重要になります。低金利のローンに借り換えることができれば、その分だけ金利の負担を軽減することができるのです。千葉銀行カードローンでは、年率4.3%~14.8%という金利条件が設定されています。最も低い金利である下限金利は比較的割安となっているのですが、一方で最も高い金利である上限金利は他行が提供するおまとめローンや借り換えローンよりも割高だといえるかもしれません。

大きな金額を借り入れる場合には低金利で利用することができます!

カードローンの金利は通常一定の幅を持った表示がされていて、大きな金額を借り入れる場合には低い金利が、少ない金額を借り入れる場合には高い金利が適用されることになります。千葉銀行カードローンで認められる最大額の500万円を借り入れた場合には、最も低い下限金利である年率4.3%が適用されるのですが、これは様々な銀行系カードローンの中でもかなりの低金利だといえるでしょう。大きな金額の借り入れが可能な場合には、千葉銀行カードローンは低金利で利用できる有利なカードローンになります。

少額を借入れる場合には他行が提供するおまとめ専用ローンや借り換え専用ローンが有利になります!

一方で借入金額が少額の場合には、最も高い上限金利である14.8%が適用されることになります。これは銀行系カードローンとしては平均的な金利なのですが、他行が提供しているおまとめ専用ローンや借り換え専用ローンの中にはさらに低金利で利用できるものが多くなっていますので、低金利でおまとめや借り換えを利用したいという人は他行が提供する専用ローンへの申し込みを検討してみてください。

返済は毎月1日に指定口座からの引き落としで行われます!

千葉銀行カードローンの返済方法は、指定した銀行口座からの自動引き落としとなります。返済日は毎月1日が指定され、月々の返済額は借入残高に応じて決定されることになります。

月々の返済額はどのように決定されるのでしょうか?

千葉銀行カードローンの月々の返済額(約定返済額)は、借入残高に応じて以下のとおりとなります。

  • 借入残高が50万円までの場合には→月々の返済額は1万円になります
  • 借入残高が100万円までの場合には→月々の返済額は2万円になります
  • 借入残高が200万円までの場合には→月々の返済額は3万円になります
  • 借入残高が300万円までの場合には→月々の返済額は5万円になります
  • 借入残高が400万円までの場合には→月々の返済額は7万円になります
  • 借入残高が500万円までの場合には→月々の返済額は9万円になります

大手銀行系カードローンや大手消費者金融では月々の返済額が数千円からとなっていることが多いのですが、千葉銀行カードローンでは借入額が少額の場合でも月々の返済額は1万円からとなっています。月々の返済の負担は若干大きくなってしまうのですが、その分だけ早期の完済を目指すことができますので、トータルでは利息の負担を減らしてお得になるはずです。

提携する各種銀行やコンビニなどのATMを利用することができます!

千葉銀行カードローンでは、提携する様々な銀行やコンビニなどのATMを利用することができます。ゆうちょ銀行やイオン銀行などの銀行ATMや、セブン銀行(セブンイレブン)・ローソンATM(ローソン)・イーネットなどのコンビニのATMを利用することができるのです。返済の際にはATM利用手数料を請求されることはありませんので、返済には提携するコンビニATMの利用が手軽で便利だといえるでしょう。一方で借り入れに提携ATMを利用した場合には、借入金額に応じて108円または216円のATM利用手数料が請求されることになります。

返済に余裕があれば任意返済を積極的に活用しましょう!

千葉銀行カードローンでは月々の返済日に一定の金額の返済(約定返済)を行えばOKなのですが、さらに返済に余裕があれば任意返済(繰り上げ返済)を利用することができます。繰り上げ返済は千葉銀行のATMや提携する銀行やコンビニのATMで行うことができるのですが、さらにインターネットバンキングやテレフォンバンキングなどの方法で行うことができます。ただし任意返済は通常の返済とは別の返済として取り扱われますので、任意返済を行った場合にも通常の返済は別途行うことが必要になります。口座引き落としによる返済の際に残高不足にならないように、必要なお金をしっかりと準備しておくようにしましょう。

千葉銀行カードローンは手軽で便利なおすすめのカードローン!

手軽で便利なサービス内容が、千葉銀行カードローンの大きな魅力だといえるでしょう。できるだけ早く融資を受けたい人は、手続きが最も早いweb完結申し込みの活用を検討してみてください。ただしweb完結申し込みを利用するためには、千葉銀行の普通預金口座とキャッシュカードを持っていることが必要になります。

すでに千葉銀行に普通預金口座を開設している人にとっては、千葉銀行カードローンはメリットの大きなカードローンだといえるでしょう。即日融資を利用できることはもちろんですが、さらに面倒な本人確認書類の提出などの手間を省くことができますので、カードローンにスピーディーに申し込むことができるのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。