ダイレクトワンはスルガ銀行のグループ会社提供の即日融資対応カードローンです!

スルガ銀行はインターネットバンキングを日本全国に展開する、静岡県に拠点を置く地方銀行です。そしてダイレクトワンはスルガ銀行傘下のグループ企業が提供するカードローンであり、即日融資に対応できる便利なカードローンとなっています。

2011年に民事再生法の適用を、前身となった会社は申請しており、その後社名を現在のダイレクトワンに変更して、スルガ銀行の子会社となって営業を再開しました。知名度も高い人気のカードローンですが、一方では金利が若干割高に設定されていることや、借り入れや返済にインターネットが利用できないことなどのデメリットもあるようです。

今回はダイレクトワンの特徴について、メリットとデメリットの両面から確認してみたいと思います。

ダイレクトワンはどのようなカードローンなのでしょうか?

インターネットバンキングで知られるスルガ銀行は、業界の異端児として知名度の高い地方銀行です。スルガ銀行は静岡県沼津市に本店を置き、静岡県・神奈川県を主な営業エリアとしています。実店舗は五大都市圏にも展開していますし、インターネットネットバンキングは日本全国に展開をしています。

さらににスルガVISAデビットカード・見守りサービス・バイオセキュリティシステム・移動銀行窓口車・特定目的ローンなどの独自の様々なサービスを提供していることも、スルガ銀行の大きな特徴だといえるでしょう。スルガ銀行系のカードローンであるダイレクトワンには、インターネットを活用して日本全国から手軽に申し込むことができます。

スルガ銀行の普通預金口座があればATM利用手数料無料で利用することができるのですが、スルガ銀行の店舗展開は東海地方中心となっていますので、その他の地域の人の場合には難しいかもしれません。スルガ銀行口座の普通預金口座を持っていない人でも、ダイレクトワンには問題なく申し込むことができます。

ダイレクトワンはスルガ銀行系のカードローンなのですが、スルガ銀行そのものが提供するカードローンではありません。ダイレクトワンはスルガ銀行のグループ企業が提供する消費者金融系のカードローンになりますので、総量規制による制限を受けることになります。

申込条件は安定した収入のある20歳から69歳までの人となっていますので、安定した収入と認められればパートやアルバイトなどの非正規雇用の人や、パートやアルバイトによる収入がある主婦や学生などの人でも申込むことができます。ただし自分自身の収入のない専業主婦や無職などの人は、ダイレクトワンに申込むことはできません。

ダイレクトワンのキャッシング詳細

貸付利率(実質年率) 4.9%~20.0%
借入限度額 最高300万円
審査期間 最短即日
最短振込日数
返済方式 定額リボルビング方式
返済期間・回数 月額4,000円毎(銀行休業日の場合は翌営業日)
返済方法 口座振込、スルガ銀行ATM、コンビニ提携ATM、プロミスATM、店頭窓口
遅延損害金(年率) 20.0%
申込み資格 20歳から69歳までで、収入の安定している方
担保・保証人 原則不要
必要書類 運転免許証または健康保険証、パスポート、
マイナンバーカード、在留カードまたは
特別永住者証明書、個人番号カード。
※上記の写しいずれか1通を用意してください。

ダイレクトワンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

即日融資にも対応しています!

ダイレクトワンは即日融資に対応していますので、すぐにお金が必要な場合などにも安心して申込むことができます。店頭窓口からの申込みであれば、最短30分程度で即日融資が受けられます。

ダイレクトワンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

金利が若干割高です!

ダイレクトワンに適用される金利条件は年率4.9%~20.0%となっていますので、これは若干割高だといえるでしょう。大手消費者金融系カードローンでは最も高い上限金利が18%程度、銀行系カードローンでは同じく15%に設定されていることが一般的です。

もし低金利でカードローンを利用したいという人は他社のカードローンへの申込みについても検討してみてください。

ダイレクトワンの金利条件は?

ダイレクトワンでは金利条件を年率4.9%~20.0%に設定しているのですが、これは他社のカードローンと比較すると若干割高だといえるでしょう。ちなみに上限金利となる20.0%は借入限度額が10万円未満に設定された場合の金利であり、借入限度額が10万円以上に設定された場合には最大で18.0%までの金利が適用されることになります。

ダイレクトワンでは1万円からの借り入れが可能であるため上限金利は最大で20.0%が適用されるのですが、プロミスやアコムなどの大手消費者金融系カードローンであれば1万円からの借り入れでも適用される金利は最大で18.0%になりますので、低金利でカードローンを利用したい人にはダイレクトワンは不向きだといえるかもしれません。

ダイレクトワンの利用限度額は?

ダイレクトワンで設定される利用限度額は審査により利用者ごとに個別に設定されるのですが、認められる利用限度額は最大で200万円までになります。他社のカードローンでは300万円や500万円までの限度額が認められることがありますので、ダイレクトワンの利用限度額はやや低めだといえるでしょう。

ちなみにダイレクトワンは消費者金融系カードローンであるため、借入限度額を最大で年収の3分の1までに制限する総量規制が適用されることになります。例えば利用限度額の上限となる200万円を借り入れるためには、少なくとも600万円以上の年収を得ていることが必要になるのです。

ダイレクトワンの申込方法や審査時間は?

申込み方法は?

ダイレクトワンへの申込み方法は、以下のとおりとなっています。

  • インターネットによる申込み(公式ホームページから申込むことができます)
  • 電話による申込み
  • 店頭窓口での申込み

インターネットまたは電話による申し込みであれば、日本全国から来店不要で手軽に申し込むことができます。

審査や融資のために必要な時間は?

審査や融資がスピーディーに行われ即日融資が受けられることが、ダイレクトワンの大きな特徴になります。すぐにお金が必要な人は店舗に足を運んで、店頭窓口で直接申し込むようにしましょう。申し込みからローンカードの発行までが最短30分で完了しますので、即日融資にも余裕を持って対応することができます。ただしダイレクトワンに直接申し込むことができる店舗は全国10カ所だけに限られますので、店舗を利用することが難しい人はインターネットまたは電話で申し込んでみてください。

ダイレクトワンに申込むことができる時間帯は、インターネット申込みであれば24時間、電話申込みであれば9時から20時までとなります。審査の際には勤務先への在籍確認が行われますし、さらに契約のための手続きの時間などが必要になりますので、即日融資を希望するのであれば日中のできるだけ早い時間帯に申し込むようにしましょう。

インターネットまたは電話で申込む場合には、契約書類などをファックスまたは郵送で提出することが必要です。急いで融資を受けたいのであれば、書類はファックスで提出するようにしてください。審査に通過して書類の確認が完了すれば、指定した銀行口座あての振込みで初回の融資を受けることができす。またATMなどで利用することができるローンカードは、後日自宅などに郵送されることになります。

お試し審査は?

ダイレクトワンではクイック診断という簡易審査を、公式ホームページ上で提供しています。融資が可能かどうかを年齢・年収・他社借り入れ額の3条件を入力するだけで手軽に診断することができるのですが、あくまでも基本的な情報に基づいた簡易的な診断になりますので、申込みを判断するための目安として活用してみてください。審査に通過できるかどうかについては、やはり実際に申しこんでみなければわからないようです。

借り入れ方法は?

ダイレクトワンで利用することができる借入れ方法は、以下の3つの方法になります。

  • ATM借り入れ
  • 電話借り入れ
  • 店頭窓口借り入れ

ATM借り入れでは提携するコンビニなどのATMを利用することができますので、日本全国ほとんどの地域でダイレクトワンを便利に活用することができます。さらにスルガ銀行の普通預金口座を持っている人はATM利用手数料が無料になりますので、店舗の利用が可能な地域の人は口座の開設を検討してみてください。

電話による借り入れの場合には、電話で申し込んで銀行口座への振り込みにより融資を受けることになります。ちなみにダイレクトワンでは借り入れや返済に、インターネットを利用することはできません。スルガ銀行はインターネットバンキングで知名度が高い地方銀行ですから、ちょっと意外ですね。

店頭窓口で借り入れを申し込むようにすれば最短即日の借り入れが可能になりますし、銀行振込みの際の手数料も無料になりますので、お得で便利な借り入れ方法だといえるでしょう。ただし即日融資を希望するのであれば、申込みの手続きは遅くても13時30分までに完了させるようにしてください。

おまとめローンとしての活用は?

ダイレクトワンは利用目的が限定されないフリーローンですから、おまとめローンとして活用することもできます。ただし実際には、ダイレクトワンはおまとめローンにはあまり向いていないようです。これについては利用限度額が最大で200万円までに限られることや、金利の設定が割高であること、さらに総量規制が適用されることなどがその理由となっています。

おまとめローンは複数の借り入れをまとめて一本化することを目的としていますので、基本的には大きな金額の借り入れが必要になります。さらに返済の負担を軽減するためには、できるだけ低金利のローンに借り換えることが重要なのです。

ダイレクトワンは上記の条件を満たしていませんので、おまとめローンとしての活用にはあまりおすすめできないということになります。おまとめローンの利用を希望するのであれば、低金利で大きな金額を借り入れることができる銀行系カードローンなどへの申込みを検討してみてください。

ちなみにダイレクトワンでは、おまとめローンや借り換えローンなどとしての利用を前提とした「借り換え専用コース」を設定しています。ただし利用限度額は最大でも300万円までに限られますし、金利条件は通常と同じく年率4.9%~20.0%に設定されていますので、やはりメリットは少ないといえるようです。

無利息期間サービスの提供は?

近年ではあらかじめ設定された期間内については利息の負担なしで借り入れが利用できる、無利息期間サービスの提供を行うカードローンが多いようです。残念ながらダイレクトワンでは、無利息期間サービスの提供は行っていません。無利息期間サービスの利用を希望するのであれば、プロミスやレイクなどの無利息期間サービスを提供する大手消費者金融系カードローンへの申し込みをおすすめします。

ダイレクトワンの返済方法は?

次はダイレクトワンの返済方法や返済期日などについて、さらに詳しく確認してみましょう。

約定返済の方法は?

約定返済とは通常行う定期的な返済のことであり、ダイレクトワンでは原則として申込者の給料日の翌々日が約定返済日に指定されることになります。基本的には約定返済日の変更はできないのですが、どうしてもという場合には電話で相談をしてみてください。返済期間は約定返済日直前の1週間になりますので、その間に以下の3つの方法のいずれかで返済を行うようにしましょう。

  • ATM返済
  • 銀行振込返済
  • 店頭窓口返済

ダイレクトワンでは口座からの自動引き落としや、インターネットを活用した返済などには対応していません。また店頭窓口返済であれば手数料無料で返済ができるのですが、ATM返済や銀行振込返済の場合には利用者が手数料を負担することが必要になります。

繰り上げ返済の方法は?

ダイレクトワンでは月々の約定返済で多めの金額を返済することができますが、繰り上げ返済を行うことはできません。ダイレクトワンでは月に1回の約定返済だけを行うことになりますので、返済に余裕があれば月々の返済額を増やすことを検討してみてください。ちなみに借り入れの全額をまとめて返済する一括返済には対応していますので、希望するのであれば店頭窓口で直接相談するようにしましょう。

ダイレクトワンの返済方式は?

定額リボルビング方式を、ダイレクトワンでは返済方式として採用しています。定額リボルビング方式は借り入れ残高に応じた月々の返済額があらかじめ決められている返済方式であり、借り入れ残高が多い場合には月々の返済額も多くなり、借入残高が減少すれば月々の返済額も減少していくことになります。

例えば100万円をダイレクトワンで借り入れた場合には月々3万円を返済することになるのですが、借入残高が90万円以下に減少すれば月々の返済額は2万7千円に減少します。さらに返済を進めて借入残高が10万円以下になれば、月々の返済額は4千円に減少するのです。

指定される金額は最低返済額になります!

定額リボルビング方式では、返済を続けていくことにより月々の返済額が減少して返済の負担が軽減するというメリットがあるのですが、一方では返済が長期化して利息の支払い額(支払い総額)が増加してしまうというデメリットがあります。

一般的なカードローンでは繰り上げ返済を活用することが効果的なのですが、ダイレクトワンでは繰り上げ返済の利用には対応していませんので、返済に余裕があれば月々の返済を多めに行うようにしましょう。月々の返済額として指定される金額は最低返済額ですから、多めに返済をしても特に問題はありません。借り入れ残高が減少すれば利息の負担が減少しますし、さらに早期の完済を目指すことができるのです。

ダイレクトワンで利用することができるATMや店舗は?

次はダイレクトワンで利用することができる、ATMや店舗について確認してみましょう。

利用できるATMは?

ダイレクトワンではインターネットを活用した借り入れや返済には対応していませんので、借り入れや返済にATMを利用する人が多いようです。ダイレクトワンではスルガ銀行のATMや、各種銀行やコンビニなどの提携ATMを利用することができます。ただし各種銀行のATMとの提携については、一般的なカードローンよりも少なめとなっています。

銀行ATM

  • イオン銀行ATM
  • スルガ銀行ATM

コンビニATM

  • セブンイレブンなど(セブン銀行)
  • ファミリーマートなど(イーネット)
  • 愛知県や岐阜県のサークルKサンクスなど(ゼロバンク)

その他ATM

  • プロミスATM
  • タウンネットワークサービスATM

※提携ATMを利用する場合には、利用額が1万円未満の場合には108円、利用額が1万円以上の場合には216円の手数料の支払いが必要になります。

利用できる店舗は?

ダイレクトワンでは有人店舗を東京・愛知・静岡・神奈川などに設置していますが、その数は今のところ10店舗に限られますので、利用が難しい人が多いかもしれません。

利用できる無人契約機は?

ダイレクトワンでは無人契約機の設置は行っていませんので、インターネット・電話・店頭窓口のいずれかの方法で申し込むようにしましょう。

ダイレクトワンはどのような人におすすめのカードローンなのでしょうか?

今回はダイレクトワンの特徴をメリットとデメリットの両面から確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。ダイレクトワンは即日融資に対応したカードローンですが、近年では消費者金融系カードローンのほとんどが即日融資に対応していますので、あまりメリットが大きいとはいえないでしょう。

一方でダイレクトワンでは年率4.9%~20.0%という割高な金利が設定されていますし、さらにインターネットを利用した借り入れや返済にも対応していませんので、メリットが少なくデメリットが多いカードローンになります。

即日融資を確実に利用したいのであれば、知名度の高いプロミスやアコムなどの大手消費者金融系カードローンに申し込んでみましょう。低金利で大きな金額の借り入れを希望するのであれば、大手銀行系カードローンへの申し込みがおすすめです。地域に密着した金融機関が提供するカードローンを活用したいのであれば、地元の銀行や信用金庫などが提供するカードローンへの申し込みを検討してみてください。

自宅や勤務先の近くにダイレクトワンの店舗がある人や、スルガ銀行の普通預金口座を活用している人などには、ダイレクトワンへの申し込みがおすすめです。ダイレクトワンの店舗で直接申し込めば最短30分で即日融資を受けることができますし、スルガ銀行の普通預金口座があればATMを利用手数料無料で活用することができます。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*