モビットの審査基準やおまとめ、特徴を徹底解説

モビット業界トップクラスの低金利と安心感!「モビット」
業界でもトップの知名度と信頼度を持っているので安心感はピカイチのモビット。新金利の年利3.0%~18.0%(実質年率)、限度額は最高800万円です。

もちろん自営業、アルバイト、パートの方でも申込可能です。TVコマーシャルでも放映され、社会認知度の高いサービスが充実しています。

利用の際も三菱東京UFJ銀行をはじめ全国のコンビニエンスストア、銀行などの提携ATMネットワークを使用できるので大変便利です。

モビットのキャッシング商品詳細

モビットの商品詳細情報です。実質年率や融資の限度額などを比較して、ご自身に最適なサービスを利用しましょう。

貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査期間
最短振込日数
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 (最長)8年10ヶ月(最大)106回
返済方法 銀行振込
口座振替(三菱東京UFJ銀行のみ)
ATM:全国のセブンイレブン、三菱東京UFJ銀行、プロミス、その他提携先
遅延損害金(年率) 20.00%
申し込み資格 20歳以上69歳以下の安定した収入のある方。(モビットの基準を満たす方)
※アルバイト、パート、自営業の方もご利用可能。
担保・保証人 原則不要
必要書類 運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し。

モビットは安心の働く人のためのローン
モビットのストロングポイントは、知名度の高いサービス力と消費者金融大手というの安心感。 借入れもスムーズです。

ネットで申込みと同時にその場で審査結果を表示
ネット申込みで迅速対応!スピーディーな応答で、申し込むとすぐにその場で審査結果を表示!

長い間人気を維持しているキャッシング。
何と言ってもサービスの特長は、金利の安さと安心感!それが人気の秘訣です。

三井住友銀行グループのモビットです。

ただし銀行のグループ企業であっても消費者金融であることから総量規制の対象になりますので注意が必要です。

モビットでは審査スピードがセールスポイントになっています。最短30分で審査結果が判明しますし、審査に通過することができれば即日で融資を受けることができるのです。

(ただし申し込みの時間帯や曜日などによっては当日中の借り入れが難しいという場合などもあります。)

申し込みができるのは安定した収入がある満20歳以上69歳以下の人です。

また安定した収入があれば正社員だけでなく、派遣社員・パート・アルバイト・自営業などの人でも申し込むことができます。

ただし本人に収入がないという専業主婦の人や年金以外の収入がない人(年金生活者)などは申し込むことができません。

モビットのメリットについて

最短30分で審査結果が判明します

スピード審査がモビットの大きなメリットです。

平日19時までの申し込みであれば最短30分で審査結果が判明します。

また特に急ぐという人の場合には、申し込みを事前にホームページで行ってから電話でコールセンターに問い合わせてみることをおすすめします。

通常よりもさらにスピーディーな審査が可能になるはずです。

(ただし申し込みの時間帯や曜日などによっては当日中の借り入れが難しい場合などもあります。)

さらにモビットでは実際の申し込みの前に「お試し審査」を利用することもできます。ホームページで基本的な情報を入力すれば10秒簡易審査が行われます。

あくまでも借り入れができるかどうかを診断する簡易的な審査であり本審査の結果とは異なる場合もあるのですが、借り入れができるかどうかを判断するためのひとつの目安として便利に活用することができるはずです。

即日の借り入れが可能です

「振込キャッシング」を希望すれば銀行口座への振込みにより融資を受けることができます。

借り入れの申し込みや契約の手続きなどはホームページから行うことができるのです。

申し込み手続きなどを平日14時50分までに完了させれば当日中の入金が可能です。

また自動契約機などを利用すればその場でローンカードの発行を受けることができますし、ローンカードの発行を受ければすぐにATMを利用して借り入れを行うこともできます。

「web完結」ならば来店も電話も郵便物もなしで契約ができます

モビットの「web完結」を利用すれば申し込みから借り入れまでの全ての手続きをホームページ上で完結させることができます。

来店は不要ですし自宅などに電話がかかってきたり郵便物が届いたりすることもありません。

ただし「web完結」ではローンカードが発行されませんのでATMを利用した借り入れはできないことに注意してください。

また「web完結」に申し込むためには

・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を開設していること
・社会保険証か組合保険証を持っていること

の2つの条件を満たしていることが必要になります。

モビットのデメリットについて

金利は高めです

モビットで借り入れを行う場合の金利は3.0%から18.0%に設定されています。

これは消費者金融各社の中では高めの部類に入りますので、できるだけ低金利で借り入れをしたいという人にはあまりおすすめできないのです。

貸金業法による総量規制が適用されます

三井住友銀行グループの一員であるモビットなのですが、あくまでも消費者金融として営業を行っていますので貸金業法による総量規制が適用されるのです。

借り入れができる金額は最大でも年収の3分の1までに制限されます。

返済の際に手数料がかかる場合があります

モビットでは銀行振込、提携ATM、口座引き落としの3種類の方法で返済ができるのですが、銀行振込と提携ATMで返済を行う場合には手数料が必要です。

また口座引き落としの場合には手数料はかからないのですが、利用できるのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のいずれかの口座に限られます。

モビットは次のような人に最適です。

すぐにお金が必要な人や急いでいる人におすすめです

モビットは最短30分で審査が完了しますし、審査に通過することができれば即日融資を受けることも可能です。

またインターネットや自動契約機などで事前に申し込みをして、その後電話などで問い合わせをすればすぐに審査の結果が判明します。

モビットはすぐにお金が必要な人や急いでいるという人におすすめなのです。

電話連絡や郵便物などが困るという人には「web完結」をおすすめします

モビットで借り入れがしたいけれど、

「勤務先に電話連絡がくると都合が悪い」
「自宅に電話がかかってきたり郵便物が届いたりすると困る」

などの理由で申し込みを躊躇しているという人なども多いようです。

そんな人にはモビットの「web完結」をおすすめします。

「web完結」ならば借り入れの申し込みから契約や借り入れまでの全ての手続きをホームページ上で完結させることができます。

また電話連絡や電話や郵便物などを心配する必要もないのです。ただし「web完結」を利用するためには一定の条件が必要になります。

モビットの金利について

モビットで借り入れを希望する場合には3.0%(下限)~18.0%(上限)までの間の金利が適用されることになります。

 業者名  金利 遅延利率・遅延損害金
モビット 3.0~18.0% 20.0%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%(実質年率)
アコム 3.0~18.0% 20.0%
アイフル 4.5~18.0% 20.0%

実際にどの金利が適用されるのかについては幅がありますので実際に申し込んでみないとわからないのですが、初めて借り入れを申し込むという人の場合にはほとんどの場合上限金利である18.0%が適用されるはずです。

18.0%は消費者金融としては一般的な金利なのですが、銀行系のカードローンであれば14~15%で借り入れができますのでやはり割高だといえるかもしれません。

できるだけ低金利で利用したいという人はモビット以外の選択肢も検討してみてください。

モビットでは借入限度額を1万円から800万円までとしています。これはキャッシングを普通に利用するだけであれば必要十分な金額であるといえるでしょう。

ただし上限が800万円までであっても誰もが限度額までの借り入れを認められるわけではないのです。

 業者名    限度額   金利
プロミス 1~500万円 4.5~17.8%
アコム 1~800万円 3.0~18.0%
モビット 1~800万円 3.0~18.0%
アイフル 1~500万円 4.5~18.0%

モビットは消費者金融ですので貸金業法の規定による総量規制が適用されます。そのため借り入れが可能な金額は最大でも年収の3分の1までに制限されているのです。

また他社から借り入れをしているという場合にはその分が年収の3分の1から差し引かれることになります。

24時間365日カード不要、スマホのみでいつでも入出金が可能なモビットの新サービス

上記でWeb完結について解説しましたが、そんなweb完結申込み合わせて即日融資が簡単に利用できる2017年5月15日から、モビットはローンカードなしで取引が可能な新しいサービスの提供を開始します。

従来はカードローンで借り入れや返済などを利用するためにはローンカードの利用が必須だったのですが、モビットの新しいサービスではスマートフォンを活用することで、セブン銀行で各種の取引を行うことができるのです。

すでにモビットとの契約を完了している人を対象としたサービスになりますが、これから新規にモビットと契約を行う人も同様に新しいサービスを利用することができます。新サービスの具体的な特徴やメリットなどをまとめてみると、以下のとおりとなります。

・カード不要でスマートフォンを活用してATMを利用することができる業界初のサービスです!
・モビット公式アプリをダウンロードしてインストールするだけで利用することができます!
・日本全国のセブン銀行ATM(2万3000台以上)で利用することができます!
・ほぼ全てのスマートフォンで利用可能な2種類のOS(iOS・Andoroid)に対応しています!
・365日24時間いつでも利用することができます!
・web完結と組み合わせればセブン銀行ATMで即日融資を利用することができます!

モビットの新しいサービスではどのように取引が行われるのでしょうか?

スマートフォンのみでローンカードなしでセブン銀行ATMを利用する際の主な流れについては、以下でご紹介する4つのステップで行われることになります。

セキュリティ性能が高くさらに誰でも簡単に利用することができますので、すべてのユーザーにおすすめの便利で魅力的なサービスだといえるでしょう。

・まずはログインをしてください!

お手持ちのスマートフォンにモビット公式アプリをダウンロードして、インストールをしてください。公式アプリは現行のスマートフォンのほぼ全機種で利用できる、iOSとAndroidの2種類のOSに対応しています。インストールが完了したらアプリを起動させて、まずはログインをしましょう。

・利用したい取引をアプリで選択してください!

アプリにログインすると、マイページのメニューに「スマホATM取引」の項目が表示されます。スマホATM取引から「ご出金」を選択して、カメラを起動させてください。

・セブン銀行ATM画面からQRコードを読み取ってください!

セブン銀行ATMの画面に表示されたQRコードを、スマートフォンのカメラで撮影して読み取ってください。

・出金を行ってください!

スマートフォンでQRコードを読み取ると、「企業番号」「暗証番号」がスマートフォンの画面に表示されます。表示された番号をセブン銀行ATMに入力すれば、取引の準備は完了です。希望する借入額を入力して、出金を行ってください。

モビットの新しいサービスにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

モビットの新しいサービスの様々なメリットについて、具体的に確認してみましょう。

いつでもローンカードなしで手軽に入出金ができます!

従来のカードローンでは審査に通過してからローンカードが手元に届くまでの間は、借入れが利用できないことが一般的でした。さらに振り込みで融資を受ける場合にも即日融資を受けるためには、銀行の営業終了時間である午後3時までにすべての手続きを完了させることが必要だったのです。

モビットの新しいサービスではスマートフォンでATMを利用することができますので、web完結申込みで契約を完了すればローンカードの到着を待つことなくすぐに入手金を行うことができます。セブン銀行ATMは365日24時間いつでも利用することができますので、即日融資が今まで以上に手軽に受けられるモビットの新しいサービスは便利でおすすめだといえるでしょう。

セブン銀行のATMは日本全国に2万3000台以上設置されています!

セブン銀行のATMは日本全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されており、その台数は合計で2万3000台以上となっています。自宅や勤務先などの近所のセブンイレブンはもちろんですが、さらに出張や旅行などの際にも便利に活用することができるのです。

安心して利用することができる高水準のセキュリティレベルを実現しています!

ローンカードなしでセブン銀行のATMを利用することができるモビットの新サービスについては、セキュリティの面で心配だと感じる人がいるかもしれません。モビットの新サービスでは1回限りの使い切りのQRコード(ワンタイムQRコード)を利用することにより、高水準のセキュリティレベルを実現しています。セキュリティレベルはクレジットカードなどに採用されているICカードと同程度の水準になりますので、大きな金額のやり取りなども安心して行うことができるのです。

・モビットの新しいサービスを積極的に活用しましょう!

現在は日本人の多くがスマートフォンを利用していますので、カードローンについてもスマートフォン対応が標準になることが予想されています。スマートフォンでセブン銀行ATMを利用することができるモビットの新サービスは、新しい時代の先駆けだといえるのかもしれませんね。

モビットと契約をしてアプリをスマートフォンにインストールすれば、あとはログインするだけで手軽に借り入れなどを利用することができますので、モビットの魅力的な新サービスは全ての人におすすめだといえるでしょう。すでにモビットを利用している人はもちろんですが、他社のカードローンを利用しているという人なども、モビットの新サービスの積極的な活用を検討してみてください。

モビットの申し込み方法について

モビットでは様々な申込み方法を利用することができます。

具体的にはパソコン・スマートフォン・携帯電話・電話・郵送・自動契約機などから申し込むことができるのです。

パソコンを利用すればすべての手続きをインターネット上で完結させることができますし、また自動契約機を利用すればその場でローンカードの交付が可能ですので、自分が希望する条件などに適した申し込み方法を選んでみてください。

モビットですぐに融資を受けたいという場合には

できる限りスピーディーに融資を受けたいという人はモビットのホームページにアクセスしてみてください。

ホームページに「カード申し込み」の項目がありますので必要な事項を入力して送信しましょう。

その後フリーダイヤルに電話をすればすぐに審査が開始されますし、審査が終わればすぐに結果を知らせてもらうことができるのです。

審査に通過すればすぐに融資を受けることができます。銀行口座への入金を希望する場合には振込によるキャッシングを利用してみましょう。

電話かホームページで申し込めば希望する金額を銀行口座に入金してもらうことができるのです。

また自動契約機を利用してローンカードの交付を受けるという方法もあります。この場合にはカードの交付を受ければすぐにATMで希望する金額の借り入れができます。

どちらの方法の場合も申し込みを行ってから借り入れまでに必要な時間は1時間(移動のための時間は除きます)程度です。

振込みによるキャッシングを希望する場合には平日14時50分までに全ての手続きを完了させてください。

それ以降の場合には実際の振込みが銀行の翌営業日となってしまう場合がありますので注意が必要です。

また自動契約機は基本的に営業時間が21時までとなっていますのでこちらについても注意しましょう。

「web完結」では全ての手続きをインターネット上で完結させることができます

「来店が不要・電話連絡なし・郵便物なし」で借り入れを行うことができるのが「web完結」です。

全ての手続きをインターネット上だけで行うことができますし、さらに通常の申し込みで必要な電話連絡などを省略することもできるのです。

ただし実際に「web完結」に申し込むためには一定の利用条件を満たすことが必要になります。

・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を開設していること
・社会保険証か組合保険証を所持していること
・給与明細書、源泉徴収票、所得証明書、税額通知書、確定申告書のいずれかの写しが提出できること

などの条件を全てクリアしなければ申し込みを行うことができないのです。「web完結」への申し込みはホームページ上の「web完結申込」のページから行ってください。

必要事項を入力して送信すればすぐに審査が行われますし、審査が終了すればメールで審査結果が通知されます。

審査に通過して入会手続きをホームページ上で行えばすぐに借り入れが可能になるのです。

また「web完結」ではローンカードが発行されませんので借り入れは振り込みで行われることになります。

申し込みを行う時間に注意が必要です

ホームページや自動契約機で申し込みをすれば審査の結果はその場で画面上に表示されます。

審査に通過することができればすぐに融資を受けることができるのですが、この時には申し込みを行う時間について注意が必要になります。

振り込みによる入金を希望する場合には全ての申し込み手続きを平日の午後2時50分までに完了させてください。

それ以降の場合には実際の入金が銀行の翌営業日になってしまうかもしれません。

また自動契約機でローンカードの交付を受けたいという場合には自動契約機の営業時間に注意してください。

自動契約機の営業時間は基本的には21時までとなっています。詳しくはホームページなどで確認してみてください。

申し込みのために必要な書類について

モビットに申し込むためには次の書類の提出が必要です。

まず本人が確認できる書類として運転免許証の写しが必要です。運転免許証を持っていないという人の場合には健康保険証やパスポートなどで代用することもできます。

次に収入が証明できる書類として給与明細書、源泉徴収票、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書のいずれかの写しが必要になります。

さらに個人事業主の人が借り入れを希望する場合には営業状況確認書類の提出が必要になるかもしれません。

また他社では収入が証明できる書類については一定の場合に提出が必要なのですが、モビットでは条件などが明示されていませんので原則として提出が必要だと考えてください。

書類の提出方法について

必要な書類はインターネットを利用して提出することができます。

必要な書類をデジカメで撮影したりスキャナーで取り込んだりすればデータ情報としてオンラインで提出することができるのです。

もちろんFAXを利用して提出することも可能です。また郵送で提出することもできるのですが、到着までに日数がかかりますので即日融資を希望する人にはおすすめできません。

「お借り入れ診断」を試してみてください

モビットにはお試し審査サービスである「お借り入れ診断」が用意されています。

生年月日・年収・現在の他社借入額の3つの情報を入力するだけで借り入れが可能かどうかの仮審査が受けられるのです。

個人が特定できる情報を入力する必要はありませんので、「お借り入れ診断」を利用してもあなたのプライバシーはしっかりと守られます。

審査の結果については

「ご融資が可能だと思われます」
「申し訳ございませんが判断ができません」

のいずれかが表示されますので本審査に申し込むかどうかの参考にしてみてください。

ちなみに「判断ができません」が表示される場合には本審査の通過は難しい場合が多いようです。

「お借り入れ診断」についてはあくまでも簡易的な審査による目安として活用してみてください。

モビットの借入方法について

振り込みキャッシングが利用できます

振り込みキャッシングは指定した銀行口座への入金により融資を受ける方法です。利用のための手数料はかかりません。

電話またはインターネット(パソコン・スマートフォン・携帯電話)により振り込みキャッシングの手続きを行うことができます。

手続きを平日の午後2時50分までに完了させれば当日中の入金が可能ですが、それ以降の場合には実際の入金が銀行の翌営業日となりますので注意してください。

提携ATMによるキャッシングが利用できます

モビットには自社ATMはありません。

ただし提携する銀行やコンビニなどの130,000台(2017年6月現在)以上のATMを利用することができますので、ATMの利用で不自由することはないはずです。

主な提携ATMとしては三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行・ローソンATM・E-Netなどがあげられます。

ただし利用額が1万円以下の場合には105円、利用額が1万円以上の場合には210円の利用手数料が必要です。

モビットのおまとめローンについて

複数の借り入れを一本化するおまとめローンとしては、モビットはあまり適していないかもしれません。

モビットは消費者金融であり総量規制が適用されるため利用できる最大限度額は年収の3分の1までに制限されますし、また金利も高めであるため借り換えのメリットが少ないのです。

おまとめローンとして利用するのであれば、総量規制の対象外であり比較的低金利で利用することができる銀行系のカードローンがおすすめです。

例えば住信SBIネット銀行が提供する「Mr.カードローン」(プレミアム)であれば1.99%~7.99%の金利設定で最大1000万円までの利用が可能になります。

銀行系のカードローンは全般的に審査が厳しいのですが、低金利で利用できるためおまとめや借り換えのメリットが大きく有利なのです。

モビットの無利息期間について

条件を満たすことで一定期間利息なしで借り入れができる「無利息プラン」「無利息キャンペーン」などを提供する消費者金融が増えていますが、モビットではこのようなプランやキャンペーンなどの提供は行っていません。

短期での返済を確実に行うことができる人の場合には他社の無利息プランや無利息キャンペーンなどを活用した方がお得かもしれませんので検討してみてください。

モビットの返済方法について

モビットでは提携ATM・銀行振込・口座引き落としのいずれかの方法で返済を行うことができます。

ただし他社とは異なりインターネットバンキングを利用した返済には対応していません。

提携ATMか銀行振込で返済を行う場合には手数料が必要になりますので注意してください。

また口座引き落としでの返済は手数料不用ですが、利用できる銀行口座は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のいずれかに限られます。

また繰り上げ返済(追加返済)はいつでも自由に行うことができますので、返済に余裕があればできるだけ早めの完済を目指しましょう。

モビットの返済方式について

モビットでは「借り入れ後残高スライド元利定額返済方式」という返済方式が採用されています。

これは「残高スライドリボルビング方式」とも呼ばれている多くの消費者金融で幅広く採用されている返済方法です。

この方法では毎月の返済額は借入残高に応じてスライド(増減)することになります。

最初は借り入れ金額が大きいため返済額も大きめになるのですが、返済を続けて借り入れ金額が減少すればこれに応じて返済額が小さくなるのです。

ただし借り入れ後残高スライド元利定額返済方式には返済期間が長期化して利息の支払いが増えやすいというデメリットがあります。

当初は借り入れ残高が大きいため利息の支払い負担が大きくなりますし、一方で月々の返済額が少なくなると完済までに時間がかかるため利息の支払い総額が増えてしまうのです。

 利用限度額   返済額(利率が18.0%の場合) 
~10万円 4000円
10万円~20万円 8000円
20万円~40万円 11000円
40万円~50万円 13000円
50万円~60万円 16000円
60万円~70万円 18000円
70万円~80万円 21000円
80万円~90万円 24000円
90万円~100万円 26000円

返済に余裕があれば繰り上げ返済などを積極的に利用することをおすすめします。元本の返済をできるだけ進めることで利息の負担を減らすことができるのです。

モビットの店舗数について

モビットでは有人の店舗や自社ATMの設置などは行っていませんが自動契約機の設置を積極的に行っています。さらに全国130,000台(2017年6月現在)の銀行ATMやコンビニATMの利用が可能です。

ユーザー評価グラフ表

投票数 悪い 項目 良い 投票数
4 総合 9
5 審査対応 8
5 審査時間 8
6 融資スピード 7
5 スマホ対応 8
4 申し込みやすさ 9
5 返済方法 8
6 提携ATM 7
4 おまとめ向き 9
10 無利息サービス 3

口コミ体験談を書く


Submit your review
* 必須

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。