プロミスで即日借りる方法や審査基準、サービス内容を徹底調査

数あるカードローン会社の中でも常に一定の支持を得続け、人気の高い「プロミス」。どこのカードローン会社に申込むか悩んでいる方にとって候補の1つとなるのではないでしょうか?

特にキャッシング利用がない初心者にとっては

「プロミスを考えているけれど、どんなメリットがあるのか知りたい」
「プロミスの注意すべき点には何がある?」

といった声も耳にします。そこで今回はプロミスの特徴、審査、メリット、デメリットにフォーカスを当てて徹底解説していきます。

これからプロミスに申込もうと思っている方はこの記事を読んで、万全の体制で挑みましょう。

プロミスの公式サイトはコチラ!

プロミスの紹介

まずはプロミスのスペック、特徴など基本的な部分から紹介していきます。金利をはじめとした各スペックを表にまとめると次のようになります。

分類 消費者金融カードローン
申込資格 20~69歳の安定した収入のある人
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
審査時間 最短30分
無利息期間 30日間
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
遅延利率 20.0%
担保・保証人 不要

それではより詳細な内容を見ていきましょう。

審査時間は最短30分

プロミスの審査時間は最短30分と業界最高水準となっています。時間のない時でもすぐに審査結果がわかるので、急いでいる方にとって心強いですね。

WEB完結申込に対応しているので、カードがなくても振込キャッシング「瞬フリ」で即日融資も可能です。最短30分の審査時間というスピーディーな対応だからこそ実現できるサービスですね。

他の消費者金融に比べて金利が少しだけ低い

大手消費者金融の金利を見ると、最大金利を18.0%に設定しているのが大半です。そんな中、プロミスは17.8%と僅か0.2%ではありますが金利が少しだけ低めに設定されています。

ただ借入金額や、利用日数が大きくなればなるほど発生する利息に差はついていくので、これだけでもプロミスを選ぶ理由としては十分です。

プロミスをはじめとした大手消費者金融の金利をまとめると次のようになります。

金融機関 金利
プロミス 4.5~17.8%
アコム 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%

初めての利用者は30日の無利息期間サービス

プロミスを初めて利用する方は30日間の無利息期間サービスが適用されます。初回借入日から30日間は利息が発生しません。

他社にも同様の無利息期間が設けられていますが、ほとんどは「カードローン契約日」から期間が始まります。なので即借入しないと無利息期間を無駄にしてしまうことに。

ところがプロミスは初回借入日からの適用となるので、すぐに借入れしない場合も無駄がありません。大きなポイントです。

但しこのサービスを利用するためには次の2つの登録が必要になります。

  • メールアドレスの登録
  • web利用明細の登録

web利用明細はパソコンやスマートフォンを使っていつでもネット上から利用明細を確認できるサービスです。いつでも自由に取引内容を確認できるので便利。

ちなみにweb利用明細を利用すると毎月郵送される利用明細書および受取証書が送られなくなるのでこの点だけ注意しておきましょう。

プロミスの無利息サービスをチェック!

プロミスの審査申込方法

プロミスには次の4つの申込方法が用意されています。

  • WEB
  • プロミスコール(電話)
  • 来店
  • 郵送

これらの中から使い勝手の良いものを任意で選べます。それぞれ内容や申込みの流れを紹介しましょう。

WEB申込

パソコン、スマホから申込できる便利な方法です。24時間365日いつでも申し込めます。

WEB申込の場合、契約方法を次の2つのいずれかを選択します。

  • WEB完結
  • 来店

WEB完結の場合、カードの発行はありません。振込手続きなどはすべてネット上で手続きする形となります。基本的に振込キャッシングですが、希望さえすれば後日カードを発行してもらうこともできます。

来店を選んだ場合、自動契約機またはサービスプラザにてカードを発行してもらい、その場で受け取ります。

WEB申込の営業時間をまとめると次の表のとおりです。

営業日 営業時間
平日 0:00~24:00
土日 0:00~24:00

申込の流れ4ステップ
  1. 申込:24時間365日受付。契約方法は「WEB」「来店」のいずれかを選択。
  2. 審査:審査完了後メールまたは電話にて契約可能額を連絡。
  3. 契約:web契約はカードの有無を選択。来店での契約は自動契約機またはサービスプラザに足を運ぶ。
  4. 借入:カードなしの場合はwebで借入手続き。カードありの場合は契約書類およびカードが郵送される。カード入手後、全国のプロミスATMや提携ATMですぐに借入可能。

即日融資を希望する方はWEB完結申込を強くおすすめします。最短30分で審査結果が出て、契約手続きが完了すればすぐに振込キャッシングが利用できるからです。

プロミスコールで申込

通話無料の「プロミスコール(0120-24-0365)」に電話して申込むことができます。

申込の営業時間をまとめると次の表のとおりです。

営業日 営業時間
平日 9:00~22:00
土日 9:00~22:00

申込の流れ4ステップ
  1. 申込:プロミスコールに電話で申し込む。審査に必要な項目(名前や生年月日など)を伝える。
  2. 審査:審査結果は最短30分。目安は30分~1時間ほど。審査を無事にクリアすると契約可能額を教えてくれる。
  3. 契約:契約は来店でのカードを受取、または郵送での受取のどちらかを選択可能。来店の場合即日発行。
  4. 借入:カード入手後はすぐに全国のプロミスATMや提携ATMで借入可能。

来店で申込

プロミスの自動契約機またはサービスプラザに足を運ぶことで申込むこともできます。最大の特徴はその場で申込・審査・カード発行まですべて行えること。

急いでいる方はもちろん、ワンストップで手軽にカードを作りたい方、スタッフに相談しながら借入したい方にもおすすめです。

自動契約機およびサービスプラザの営業時間をまとめると次の表のとおりです。

平日 土日
店頭窓口 10:00~18:00
無人契約機 9:00~22:00※ 9:00~22:00※

※一部21時もあります。

申込みの流れ4ステップ
  1. 申込:必要書類を持参の上、最寄りの自動契約機またはサービスプラザに来店。必要書類の詳細は後述。
  2. 審査:最短30分で審査結果が出る。その場ですぐに伝えて、合わせて契約可能額の回答も。
  3. 契約:無理のない利用のために商品やサービスの内容を説明した上で、契約手続きとカードの発行。
  4. 借入:全国のプロミスATMや提携ATMから借入可能。

郵送で申込

郵送での申込はあらかじめ申込書を手に入れて置く必要があります。主な入手先は次の3つ。

  • プロミス公式サイトからダウンロード
  • 無人契約機または店頭窓口で入手
  • プロミスコールに電話して郵送してもらう

申込書を入手したら必要事項を記入のうえ、必要書類のコピーと一緒に郵送します。誰にも会うことなく申込ができるのが郵送での申込のメリットです。

申込みの流れ4ステップ
  1. 申込:申込書を必要書類と一緒に郵送。
  2. 審査:指定した連絡先に審査結果と融資可能額の連絡が入る。
  3. 契約:契約書類とカードは郵送で送られてくる。
  4. 借入:カードが届いたらプロミスATMや提携ATMから借入可能。

選べるプロミスの審査申込はコチラ!

プロミスの審査で気になるポイント

プロミスに限ったことではありませんがカードローン会社から借入れするためには、申込後に審査をクリアする必要があります。

しかしこの審査こそが申込で最も不安な部分ではないでしょうか?

そこでここからはプロミスの審査で気になるポイント、疑問に上がりやすいポイントについて紹介していきます。

学生や専業主婦の利用は可能?

まずプロミスから融資を受ける条件が20~69歳の安定した収入のある人になっており、基本的にこの条件を満たしていれば職業形態を問わず、誰でも申込できます。

そのため未成年や収入を得ていない学生や専業主婦では借入はできませんが、アルバイトやパートなどしていて収入さえ得ているのであればプロミスへの申込、つまりは利用することが可能です。

職場への在籍確認の電話はある?

原則として在籍確認の電話を実施しています。上記した4つの申込方法のいずれを選択しても同様です。

もし勤務先に電話をかけないで欲しい場合はオペレーターに相談してください。申込時または申込確認の折り返し電話がかかってきた時に相談すればOKです。


審査に必要な書類について

審査に必要な書類を大別すると次の2つになります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(条件によって求められる)

それぞれの有効書類は次のとおりです。

証明書になる書類 備考
運転免許証
パスポート 免許証を持っていない場合
住民基本台帳カード 免許証を持っていない場合
特別永住者証明書 外国籍の方の場合、必要
在留カード 外国籍の方の場合、必要
公的証明書類 氏名・住所・生年月日あり
個人番号カード※

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

以下の条件に当てはまる方の場合、収入証明書類の提出も必要になります。

  • 希望借入額が50万円以上
  • 他社借入との合計が100万円以上

プロミスの借入方法

プロミスの借入は次の3つの方法の中から選ぶことができます。

  • 振込融資
  • 店頭窓口
  • ATM融資

web申込で「カード発行なし」にした方は振込融資のみ選択できます。ローンカードを持っている方は全ての借入方法を選べます。

それではそれぞれの借入方法について紹介しましょう。

振込で融資

プロミスの会員ページから振込キャッシングの手続きを行えます。振込融資には次の2種類があります。

  • 通常の振込キャッシング
  • 瞬フリ

瞬フリの特徴は次の3つです。

  • 三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座限定
  • 24時間いつでも利用できる
  • 受付完了から10秒程度で振込が反映される

通常の振込キャッシングは振込時間を気にしなくてはなりませんが、瞬フリなら24時間いつでもOK。しかも反映スピードが早いのが嬉しいですね。

それぞれの振込方法の受付時間および振込実施時間は次のとおりです。

店頭窓口で融資

国のプロミス「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」から借入ができます。借入に関する相談も気軽にOK。ただし営業時間に気をつけてください。

来店申込で紹介したように平日は10:00~18:00、休日・祝日は休みになっています。

ATMから融資

全国のプロミスATMまたは提携ATMから借入ができます。提携ATMは全国の金融機関ATMやコンビニATMとなり、プロミスのステッカーがある端末が対象です。

各自に利用時間があるのでそこだけ注意しておきましょう。

ATM 営業時間
プロミスATM 7:00~24:00※1
三井住友銀行 7:00~24:00
提携銀行のATM 9:00~21:00※2
提携コンビニATM 24時間

※1.ATMにより営業時間、休日が異なります。
※2.各金融期間ごとで異なる

プロミスの返済方法

プロミスには4つの返済方法が用意されています。

  • ネット返済
  • ATM返済
  • 店頭窓口返済
  • 口座振替返済

それぞれ組み合わせ方法は自由。例えば普段は口座振替で返済しておいて、繰上げ返済したいときはATMを利用するといった使い方もできます。

それぞれの返済方法の詳細を見てみましょう。

返済日が選べる

プロミスは返済日を次の4つの中から選ぶことができます。

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

それぞれ自身にとって都合の良い日を選べるため、給料日付近など支払いしやすいタイミングを選びましょう。

インターネットで返済

インターネット会員サービスを活用して返済することができます。パソコン、携帯、スマートフォンから24時間いつでも返済手続きができます。

またATMまで足を運ぶ必要がなく、振込手数料も0円とお得。ネット会員サービスにログインし、返済金額を指定。あとは金融機関を選択してインターネット返済を実行すればOKです。

ATMで返済

プロミス専用ATMや提携ATMからの返済が可能です。ただし返済は1,000円単位となっていて、細かい金額の支払いができません。例えば一括返済時や返済最終月で端数が発生することがあります。

1,000円未満の支払いは次の2つの方法を選びましょう。

  • ネット返済または銀行振込
  • 店頭での支払い

また提携ATMの場合、借入手数料および振込手数料が発生してしまいます。便利に使えるのはありがたいですが、常日頃から返済方法として選ぶには少々コストが割高。他の支払い方法をメインに利用した方が良いでしょう。

ちなみに主な提携ATMは以下になります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ

街中に数多い主要コンビニのATMほとんどが利用可能になっています。

ただし提携ATMを利用する場合には手数料が必要になり何回も利用していると額も中々になるので利用は計画的に行いましょう。

取引額 借入 返済
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

上記以外にローソンの「Loppi」やファミリーマートの「Famiポート」などのマルチメディア端末を利用した返済も可能です。

これらについては手数料無料で利用することができます。また口座引き落としや銀行振込などによる返済を選ぶこともできます。

コンビニ メディア端末
ローソン Loppi
ファミリーマート Famiポート
ミニストップ Loppi

口座引き落としを選択すれば返済忘れの心配もなく安心です。銀行振込については振り込み手数料は利用者負担であり返済の手間もかかりますのであまりおすすめはできません。

店頭窓口で返済

店頭窓口まで足を運んで直接支払いする方法です。同時に返済や借入に関する相談も可能。

ただし営業時間が他返済方法と比べて限られているため注意しておきましょう。

口座振替で返済

インターネット会員ページから口座振替の登録ができます。毎月決められた支払い日に自動的に引き落としてくれるため、振込手続きの手間を減らせます。

またついうっかり支払いを忘れてしまう、といった事態を避けられるのもメリット。利用する金融機関によって口座振替の内容が若干異なるので確認しておきましょう。

金融機関 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
その他の金融機関
申込方法 契約後、インターネット会員サービスにて申込 契約後、インターネット会員サービスにて申込
返済期日 5、15、25、末日のいずれ 毎月5日
引落開始日 前日までの登録で次回返済期日より 次回返済期日に間に合わない場合がある
引落し後のお借入残高への反映 当日 3営業日後
手数料 0円 0円

三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の金融機関だと支払い日が毎月5日で固定されるのでその点は注意しておきましょう。

プロミス

返済方法多数のプロミスに申込み!

プロミスのデメリット

次はプロミスを利用する上で考えられるデメリットを3つ紹介します。

  • 総量規制対象
  • おまとめローンに適していない
  • 金利が高い

それぞれ解説していきます。

総量規制の対象

プロミスをはじめとした消費者金融の借入には「総量規制」が適用されます。これは年収の1/3までしか借り入れしてはならない、という「借り過ぎ」を防止するための規制です。

例えばプロミスの最高限度額500万円を借り入れしようと思ったら、年収1,500万円以上がなくては不可能です。仮に年収が300万円の人なら上限額は100万円までとなります。

さらに、総量規制はプロミス1社だけでなく、他社借入も含めて年収の1/3まで。年収300万円の人がすでに50万円借りているとしたら、プロミスで借り入れできるのは50万円まで、といった計算になります。

おまとめローンに向いてない

複数の借入は「おまとめローン」を使うことで一本化させることができます。そしてプロミスにはカードローンとは別におまとめローンが用意されています。

そのためカードローンを使っておまとめローンを利用することはできません。

しかし、プロミスのおまとめローンは融資額が最大300万円までと人によっては少なく感じられるかもしれません。また金利も決して優れているとは言えません。

金利が高い

プロミスの最大金利は17.8%と他の消費者金融と比べて僅か0.2%でも低いのがメリットです。しかし銀行カードローンと比べた場合、どうしても金利が高くなってしまうのはデメリット。

もちろん銀行カードローンにはないスピーディーな発行などメリットもありますが、長期利用や頻繁な借入を想定するなら銀行カードローンに分があります。

まとめ

ということで今回はプロミスのキャッシングについて紹介しました。ポイントをおさらいしましょう。

  • 審査時間は最短30分
  • 30日間の無利息期間サービス
  • 豊富な借入、返済方法から選べる

以上3点が挙げられます。

「どのキャッシングを利用しようか迷っている」
「プロミスを選ぶ理由を知りたい」

といった方は今回の記事を参考にして、あなたに合ったプロミスの使い方を見つけてくださいね。

ユーザー評価グラフ

投票数 悪い 項目 良い 投票数
12 総合 21
15 審査対応 18
16 審査時間 17
10 融資スピード 23
13 スマホ対応 20
13 申し込みやすさ 20
12 返済方法 21
14 提携ATM 19
14 おまとめ向き 19
8 無利息サービス 25

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*