横浜銀行カードローンは自分自身の収入がない専業主婦の利用にも最適なカードローンです!

yokohamabank神奈川県や東京都などの関東地方を中心とする地方銀行が横浜銀行です。横浜銀行では横浜銀行カードローンの提供を行っているのですが、利用できるのは一定の地域に居住または勤務する人に限られており、神奈川県全域東京都全域群馬県の一部の市のいずれかに居住または勤務することが利用条件となってます。

横浜銀行カードローンは低金利で大きな金額を借り入れるとができるお得で便利なカードローンであり、パートやアルバイトなどの非正規雇用者年金受給者専業主婦でも申し込むことができるのですが、学生の申し込みは不可となっています。

さらに横浜銀行カードローンでは「横浜バンクカード」という、キャッシュカード・クレジットカード・デビットカード・ローンカードなどのサービスが一体となったカードの提供も行っているのですが、今回は基本となる横浜銀行カードローンについてさらに詳しく確認してみたいと思います。

横浜銀行カードローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

横浜銀行カードローンの商品詳細については、以下のとおりとなっています。

  • 借入限度額は→1000万円までです
  • 実質年率は→1.9%~14.6%です
  • 申し込み方法は→電話・ファックス・インターネット・郵送で申し込むことができます
  • 申し込み条件は→安定した収入のある20歳以上69歳以下の人です
  • 申し込みに必要な書類は→運転免許証・健康保険証・パスポートなどを準備してください
  • 資金の使い道は→事業資金以外であれば自由な目的に利用することができます
  • 即日融資は→最短即日で融資が受けられます
  • 審査に必要な時間は→最短即日で審査の結果が判明します
  • 保証人や担保は→保証人も担保も不要です
  • 借り入れ方法は→インターネットバンキングまたはATMとなります
  • 返済方法は→インターネットバンキングまたはATMとなります
  • 無利息期間サービスは→無利息期間サービスの提供は行っていません

最短即日で審査の結果が判明しますし、さらに最短即日で融資を受けることができます。パソコンやスマートフォンを利用してインターネットから申し込むようにすれば、店頭窓口などに足を運ぶことなくカードローンを利用することができるのです。また自分自身の収入のない専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能になりますし、年金収入のみの年金受給者の申し込みも可能となっています。

パートやアルバイトなどの非正規雇用者でも申し込むことができるのですが、学生の申し込みについてはパートやアルバイトなどによる収入があったとしても不可となっています。横浜銀行カードローンを利用するためには銀行と保証会社の審査を受けてこれに通過することが必要になりますし、さらに保証会社による保証が受けられることが利用のための条件となっています。横浜銀行カードローンでは、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社となっています。

横浜銀行カードローンのキャッシング詳細

貸付利率(実質年率) 1.9%~14.6%
借入限度額 最高1000万円
審査期間 最短即日※申込日当日
最短振込日数 即日
返済方式 残高スライド定額リボルビング
返済期間・回数 月額3,000円毎月1日(銀行休業日の場合は翌営業日)
返済方法 ・提携ATM
※横浜銀行の口座から自動引き落としによるご返済も可能です。
遅延損害金(年率) 19.5%
申し込み資格 ご契約時に年齢が20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方
担保・保証人 原則不要
必要書類 運転免許証または健康保険証、パスポート、
マイナンバーカード、在留カードまたは
特別永住者証明書、個人番号カード。
※上記の写しいずれか1通を用意してください。

【2】利用限度額により所得証明書類が必要。
※所得証明書類の提出が必要となるのは、原則、利用限度額が310万円超の場合。
※審査の結果、限度額310万円以下の場合でも提出の必要が生じる場合あり。

横浜銀行カードローンで即日融資を受けるためには?

横浜銀行カードローンで即日融資を受けるためには、横浜銀行の普通預金口座を開設していることが必要になります。横浜銀行カードローンへの申し込みは、インターネットを利用する方法がおすすめです。パソコンやスマートフォンなどを利用すれば、24時間365日いつでも手軽に申し込むことができます。

普通預金口座を持っていない場合には即日融資を受けることはできません!

横浜銀行の普通預金口座を持っていない場合には、横浜銀行カードローンに通過した後に普通預金口座の開設手続きを行うことが必要になりますので、即日融資を受けることはできません。普通預金口座の開設のためにはある程度の時間が必要になりますので、口座の開設が完了するまでの間は融資を受けることができないのです。

またすでに普通預金口座を持っている場合であっても、申し込みの時間帯によっては即日融資が受けられない場合があります。即日融資を受けるためには横浜銀行の営業時間内に申し込むことが必要になりますので、即日融資を希望するのであれば平日の午前中などの早い時間帯に申し込むようにしてください。

一定のエリアに居住または勤務していることが必要になります!

地方銀行である横浜銀行が提供する横浜銀行カードローンでは、一定のエリアに居住または勤務していることが申し込みのための条件となっています。利用できるのは横浜銀行が定めるエリアに限られ、具体的には下記のいずれかの条件を満たすことが必要になるのです。

  • 神奈川県内に居住または勤務している人
  • 東京都内に居住または勤務している人
  • 群馬県内の一部の市(前橋市・高崎市・桐生市のいずれか)に居住または勤務している人

上記のいずれの条件も満たさない人の場合には、残念ですが横浜銀行カードローンに申し込むことはできません

横浜銀行カードローンには専業主婦でも申込みができます!

自分自身の収入がない専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があれば横浜銀行カードローンへの申し込みが可能になります。ただし実際に申し込むためには上記のとおり、神奈川県内・東京都内・群馬県内の一部の市のいずれかに居住または勤務していることが必要になりますので、利用できる人は限られてしまうかもしれません。

一方で神奈川県内・東京都内・群馬県内の一部の市のいずれかに居住または勤務している専業主婦にとっては、横浜銀行は利用しやすい便利なカードローンだといえるでしょう。利用が可能な人は積極的な申し込みを検討してみてください。

即日融資を受けるためには横浜銀行の普通預金口座を持っていることが必要になります!

横浜銀行カードローンを利用するためには、横浜銀行の普通預金口座が必要になります。すでに普通預金口座を持っている人の場合には口座開設の手続きが不要になりますので、審査に通過できれば即日融資を受けることができるのです。横浜銀行カードローンで即日融資を希望するのであれば、事前に普通預金口座の開設手続きを済ませておくようにしましょう。

インターネットからの口座開設申込みにはある程度の時間が必要!

横浜銀行カードローンではインターネットから普通預金口座開設を申し込むこともできるのですが、手続きが完了するまでにはかなりの時間がかかることになります。口座の開設を申し込むとまずは申し込みのための書類が送付され、これに必要事項を記入して送付するとその後通帳やキャッシュカードなどが送付されることになりますので、手続きに加えて郵送のための時間が必要になるのです。

申込み手続きなどは若干面倒かもしれません!

申込書はホームページからダウンロードすることもできるのですが、その後ダウンロードした申込書に記入してからファックスで送信することが必要になりますし、さらに本人確認の書類などについても同様にファックスで送信することが必要になりますので、申し込みの手続きなどは若干面倒かもしれません。

近年では必要な書類を指定されたURLからアップロードすることができる銀行系カードローンや、あるいはスマートフォンの専用アプリでアプロードすることができる銀行系カードローンなどが増えているのですが、残念ながら横浜銀行カードローンではこれらの方法には対応していません

横浜銀行の普通預金口座をできるだけ早く開設するためには?

できるだけ早く口座を開設したいという人は、店頭窓口に足を運んで直接口座開設の手続きを行うようにしましょう。店頭窓口で手続きを行うようにすれば、当日中の口座開設が可能になります。普通預金口座の開設が完了すれば、横浜銀行カードローンでは即日融資を受けることができるのです。普通預金口座の開設直後であっても即日融資を受けることができるのですが、確実に即日融資を受けたいのであれば時間に余裕を持ってできるだけ早い時間帯に申し込むようにしてください。

全ての手続きをその日のうちに完了することが必要!

横浜銀行カードローンで即日融資を利用するためには、その日のうちに普通預金口座の開設手続きを完了させることが必要になります。インターネットからの申し込みでは当日中の口座開設はできませんので、面倒でも店頭窓口で手続きを行うようにしてください。店頭窓口で申し込めば当日中の普通預金口座の開設が可能になりますが、さらにその後横浜銀行カードローンに申し込んで審査を受ける手続きが必要になりますので、平日の朝一番で店頭窓口に足を運んで申し込み手続きを行うことをおすすめしたいと思います。

即日融資が難しそうな場合には他社カードローンへの申込みを検討!

横浜銀行カードローンで即日融資が難しそうだという場合には、即日融資に対応できる他社のカードローンに申し込むようにしましょう。近年では大手消費者金融系カードローンの大半が即日融資に対応していますし、また即日融資に対応できる銀行系カードローンであれば専業主婦などでも申し込むことができますので、横浜銀行の普通預金口座を持っていない人や店頭窓口に足を運ぶ時間がないという人は、他社のカードローンへの申し込みを積極的に検討してみてください。

横浜銀行カードローンには家族バレを心配することなく安心して申し込むことができます!

自分自身の収入がない専業主婦であっても、横浜銀行カードローンであれば申し込むことができます。専業主婦の場合には配偶者に安定した収入があれば借り入れが認められますので、まずは気軽に申し込んでみましょう。

専業主婦の場合には借入限度額は30万円程度までになります!

横浜銀行カードローンでは具体的な借入限度額を定める規定などは存在しないのですが、他行が提供する銀行系カードローンでは専業主婦の借入限度額は30万円~50万円程度までに限られることが一般的となっていますので、横浜銀行カードローンで専業主婦に認められる借入限度額はおそらく30万円程度までだろうと推測されます。

配偶者の収入証明書の提出や在籍確認の手続きなどは必要ありません!

横浜銀行カードローンに専業主婦が申し込む場合には、配偶者の収入に基づいて審査を受けることになります。ただし配偶者の収入証明書の提出在籍確認の手続きなどは必要ありませんので、配偶者の勤務先などを申告するだけでOKなのです。また婚姻証明書の提出などについても、同様に省略することができます。

横浜銀行が提供するカードローンなので安心して申し込むことができます!

専業主婦の場合には、家族には内緒でカードローンに申し込みたいということが多いようです。知名度の高い大手消費者金融に申込む場合には家族バレが不安になるかもしれませんが、地方銀行である横浜銀行が提供するカードローンであれば家族バレの可能性は低くなりますので、安心して申し込むことができるはずです。

家族バレの可能性は低くなります!

横浜銀行カードローンに申し込んだ場合には電話による本人確認が行われるのですが、申し込みの際に携帯電話を連絡先に指定すれば家族に知られることはありませんし、また郵便物などが送られてきても横浜銀行からのものであれば、「普通預金口座を開設した」「保険の書類を請求した」などと説明すれば家族に不審に思われることはないはずです。

どのような人が横浜銀行カードローンに申し込むことができるのでしょうか?

横浜銀行カードローンにはパートアルバイトなどの非正規雇用の人でも申し込むことができますし、さらに自分自身の収入のない専業主婦でも申し込むことができます。ちなみに一般的な銀行系カードローンに専業主婦が申し込む場合には、申込者の本人確認の書類と配偶者の同意書と住民票の提出が必要になるのですが、横浜銀行カードローンであれば申込者の本人確認の書類のみで申し込むことができます。専業主婦であっても一般の人と同じように申し込むことができるのです。

専業主婦の場合にも本人確認ができる書類のみで申し込むことができます!

現在では様々な銀行が専業主婦を対象としたカードローンのサービスを提供していますし、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行や東京スター銀行などであれば配偶者の同意書なしで専業主婦がカードローンに申し込むことができます。ただしその場合でも住民票を提出することが必要になりますので、本人確認の書類のみで申し込むことができる横浜銀行カードローンは専業主婦にとっても手軽で便利なカードローンだといえるでしょう。

ただし学生の場合には横浜銀行カードローンに申し込むことはできません!

横浜銀行カードローンは専業主婦にもおすすめのカードローンなのですが、一方で学生の場合には横浜銀行カードローンへの申し込みは不可となっています。一般的なカードローンの場合には学生であっても、年齢が20歳以上でアルバイトなどによる自分の収入があれば申し込むことができるのですが、横浜銀行カードローンの場合には学生は年齢や収入の有無にかかわらず全て申し込みができないことになっているのです。学生がカードローンを利用したいという場合には、学生の利用に対応したカードローンや学生ローンなどへの申し込みを検討してみてください。

横浜銀行カードローンはおまとめローンとしての利用にも最適です!

横浜銀行ではおまとめローンとしての利用を前提とした専用のローン商品の提供は行っていないのですが、通常の横浜銀行カードローンでは年率1.9%~14.6%の低金利が設定されていますし、さらに審査の結果次第では最大で1000万円までの借入限度額が認められますので、横浜銀行カードローンはおまとめローンとしての利用にも最適だといえるでしょう。

横浜銀行カードローンは利用目的が限定されないフリーローンですから、事業資金としての活用以外であれば自由な目的のために利用することができます。複数の借り入れをひとつにまとめるおまとめローンとして利用することもできますので、利用を希望する人は担当者に相談をしてみてください。

横浜銀行カードローンの金利条件は銀行カードローンの中でもさらに割安です!

銀行系カードローンでは消費者金融系カードローンよりも低金利が設定されていることが多いのですが、横浜銀行カードローンの金利条件は低金利で利用できる銀行カードローンの中でもさらに割安だといえるでしょう。横浜銀行カードローンでは、年率1.9%~14.6%の金利条件が設定されています。

最も高い金利である上限金利は14.6%ですから、銀行系カードローンとしては平均的な金利条件になります。一方で最も低い金利である下限金利は1.9%に設定されていますので、こちらは様々な銀行系カードローンの中でもさらに割安になります。様々な銀行系カードローンの下限金利は、具体的には以下のとおりです。

  • 横浜銀行カードローンの下限金利は→1.9%です
  • オリックス銀行カードローンの下限金利は→3.0%です
  • じぶん銀行カードローンの下限金利は→3.9%です
  • みずほ銀行カードローンの下限金利は→4.0%です
  • 三井住友銀行カードローンの下限金利は→4.0%です
  • 新生銀行レイクカードローンの下限金利は→4.5%です
  • 三菱東京UFJ銀行カードローンの下限金利は→4.6%です
  • 楽天銀行カードローンの下限金利は→4.9%です

実際に比較をしてみると、横浜銀行の下限金利である1.9%が圧倒的に割安であることがわかるはずです。ちなみに下限金利が割安な銀行系カードローンとしては住信SBIネット銀行1.99%があげられるのですが、こちらは「プレミアムコース」限定の金利条件となっています。住信SBIネット銀行のプレミアムコースを利用するためには年収などの利用条件に優れていることが必要であり、ほとんどの人の場合には下限金利が3.775%に設定された一般向けのコースを利用することになります。年率1.9%~14.6%の金利条件が適用される横浜銀行カードローンは、低金利でカードローンを利用したい人におすすめお得なカードローンだといえるでしょう。

横浜銀行カードローンのデメリットはATM利用手数料が高いことです!

横浜銀行カードローンは低金利で大きな金額を借り入れることができるお得なカードローンなのですが、一方で借り入れや返済などについては不便に感じることがあるかもしれません。

提携するコンビニATMを利用した場合にはATM利用手数料が請求されます!

横浜銀行カードローンではATMを利用して借り入れや返済などを行うことができるのですが、提携するATM(イオン銀行ATM(借り入れのみ対応)・セブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATM)では利用するごとにATM利用手数料が請求されることになりますし、さらに利用手数料無料の横浜銀行の自社ATMでも営業時間外の利用に対しては時間外手数料が請求されることになります。

さらに自社ATMであっても営業時間外の利用には時間外手数料が請求されます!

他の銀行が提供するカードローンでも提携するコンビニATMなどを利用する場合にはATM利用手数料が請求されることが多いのですが、自社ATMであればATM利用手数料も時間外手数料も無料で利用できることがほとんどですから、横浜銀行カードローンのATMの使い勝手イマイチだといえるのではないでしょうか。ちなみに大手銀行の中では、みずほ銀行のカードローンが同様の利用条件となっています。

原則として返済は口座引き落としにより行われることになります!

横浜銀行カードローンで借り入れを利用した場合には、返済は原則として口座引き落としによる方法で行われることになります。横浜銀行カードローンでは毎月10日が返済日に指定され、借入残高に応じて決定された返済額が口座引き落としにより返済されることになります。

ATMを利用した返済は任意返済として扱われることになります!

横浜銀行カードローンではATMを利用して借り入れを返済することもできるのですが、この場合にはあくまでも任意返済として扱われることに注意をしてください。任意返済をした場合でも月々の返済(約定返済)は必要になりますし、口座残高の不足などにより引き落としができなかった場合には返済の遅延として取り扱われることになります。さらに提携ATMを利用した場合にはATM利用料金が請求されることになりますので、手数料無料で利用することができる横浜銀行自社ATMを活用してみてください。

手数料無料で利用することができるインターネットバンキングがおすすめ!

横浜銀行ではインターネットバンキングのサービスとして、「はまぎんダイレクト」の提供を行っています。任意返済にはインターネットバンキングを利用することができますし、さらにインターネットバンキングであれば利用手数料も無料ですから、手軽で便利な返済方法だといえるのではないでしょうか。

横浜銀行カードローンは低金利で大きな金額を借入れできる便利なカードローン

横浜銀行カードローンは、特に専業主婦にとっては使いやすいカードローンだといえるのではないでしょうか。一方で学生の利用は年齢や収入などの条件にかかわらず不可となっていますので、学生の場合には他社のカードローンや学生ローンなどに申し込んでみてください。

横浜銀行カードローンを利用するためには横浜銀行の普通預金口座の開設が必要になりますので、即日融資を希望する人は朝一番で店頭窓口に足を運んで、普通預金口座の開設を申し込むようにしましょう。店頭申し込みであれば即日の口座開設が可能になりますが、一方でインターネットなどから申し込んだ場合には即日の口座開設は難しくなりますので、即日融資を利用することはできません。

借り入れには横浜銀行の自社ATM提携するコンビニのATMを利用することができるのですが、提携ATMを利用した場合にはATM利用手数料が請求されることになります。横浜銀行の自社ATMであればATM利用手数料が請求されることはありませんが、利用する時間帯によっては時間外手数料が請求されることになります。

横浜銀行カードローンでは低金利で大きな金額を借り入れることができますので、複数の借り入れをまとめて一本化するおまとめローンとしての利用にも最適だといえるでしょう。ただし利用することができるのは神奈川県内・東京都内・群馬県内の一部の市に居住または勤務している人に限られますので、利用できる地域に居住または勤務している人積極的な申し込みを検討してみてください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。