返済に関して身に付けるべき知識とは

借金返済はこれ以上…そんなときの債務整理に必要な手続きって?

借金返済が難しければ債務整理を

借金が自分の返済能力を超えているようであれば、債務整理による問題解決も視野に入れましょう。よく借金返済ができないので、ほかのところから返済資金のためにお金を借りるという人もいるようです。しかしこの多重債務をしても遅かれ早かれ破綻します。より自分の首を絞める結果になると思ったほうがいいです。債務整理は、借金の圧縮や場合によっては免責になるような手法もあります。

債務整理は4つの種類があります。どの種類で債務整理をするかによって、手続きの方法も違ってきます。

任意整理であれば、債務者側と債権者側が直接交渉をしますので、手続き期間も短めです。しかし民事再生や自己破産となると裁判所を通して手続きを進めるので、時間もかかりますし必要な書類も増えてきます。どの債務整理の方法がいいのかケースバイケースになりますので、弁護士や司法書士などの専門家に相談するのがベストです。

債務整理に必要な書類とは?

債務整理の相談をするために弁護士や司法書士の事務所で面談を受けるのであれば、いくつか書類を準備しましょう。そうすれば相手も皆さんの置かれている状況を把握しやすくなり、より適切なアドバイスができます。

まずは皆さんに関する書類を準備しましょう。運転免許証など現住所のわかる身分証明書を用意します。また皆さんの返済能力を知るために、収入証明書や預貯金通帳を準備したほうがいいでしょう。収入証明書はサラリーマンのような給与所得者であれば、給与明細や源泉徴収票になりますので会社で手続きを進めておきましょう。

もし弁護士や司法書士に相談して、実際に債務整理の手続きを依頼するとなると契約書を作成する必要があります。この契約書に押印するための印鑑も持参しておきましょう。

続いて、皆さんの借金に関する資料も手続きに必要です。まずは債権者一覧を作成することです。「誰から・いくら借りたのか?」という情報をできる限り公開することです。

貸金業者はもちろんのこと、友人や家族など個人的に借り入れしているのであれば、その部分もきちんと記載します。中にはいろいろなところから借りているので、全部思い出せないという人もいるでしょうが、その場合でもわかる範囲で一覧を作成することです。

また借入の契約書が残っていれば、こちらも持参するといいです。そうすると手続きもスムーズになります。

さらに借金をして返済をすると、取引明細書が発行されるはずです。結構明細書を捨てて手元に残っていないという人もいるでしょうが、全部でなくても一部残っているのであれば、それを持参することです。また借入先のローンカードやクレジットカードがあれば、弁護士や司法書士に相談するときに提出しましょう。ちなみに債務整理手続きをするといずれも使用できなくなるので、その点はあらかじめ理解しておきましょう。

資産を持っている人に必要な書類

中には資産を持っている人で、債務整理の相談をしたいという方もいるでしょう。マイホームはもちろんのこと、生命保険に加入しているのであればそれも資産の一部になります。サラリーマンをしている人の中には、将来的に退職金がもらえるというケースもあるでしょう。この退職金も資産の一部に認定されます。このような資産に関する資料も債務整理の相談をする時には準備しておきましょう。

不動産を所有しているのであれば、最新の登記簿謄本を用意します。生命保険に加入しているのであれば、解約返戻金について記載されている生命保険証書を準備しましょう。退職金がもらえるのであれば、職務規定など退職金がいくらもらえそうかわかる資料も用意するとアドバイスもしやすくなります。

債務整理の手続きに関して必要になる書類ですが、どのような種類の手続きをするかによって変わってきます。また弁護士・司法書士事務所によって、持参する書類が変わってくる可能性もあります。通常対面で相談する場合、電話でまずは問合せをすることになるでしょう。その時に面談当日持っていくべき書類についての指示があるはずです。その内容をきちんとメモしておきましょう。

収入証明書などは、即日ですぐ準備できないものもあります。もし借金返済が厳しいようであれば、うえで紹介した書類の準備を始めて、債務整理の手続きを進める心づもりをしておいたほうがいいでしょう。

ちなみに上で紹介した書類の中には個人情報など、プライバシーにかかわるようなものもあります。ですから提出するにあたって、抵抗のある人もいるでしょう。しかしきちんとした弁護士・司法書士事務所であれば、仕事のために資料は使用して決して外に漏れないように秘密保持もしてくれています。ですから借金などに関する資料をできるだけ多く準備しておくといいでしょう。

0

なんだって!こんなケースは夫(妻)の借金を肩代わりしなくちゃいけない

夫と妻の財産は別物なんだから、夫(妻)がした借金は払わなくていいというのを聞いたことがあるかもしれません。しかし実際問題、配偶者の借金を肩代わりしなくてはいけない例があるのを聞いたことがありますか?

日本において、たとえ配偶者の名義で行なった借金であっても共同責任として責任が求められるケースがあるのです。どんなときに配偶者の借金も肩代わりしなくてはいけないのでしょうか?これを判断するポイントは、どこで借りたかではありません。どんな目的で借りたかです。

鍵を握る民法760~762条

夫(妻)は配偶者の借金返済の共同責任を負うかどうかは、民法760~762条のどの条項に当てはまるか判断すればわかります。

760条「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」
761条「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは,他の一方は、これによって生じた債務について,連帯してその責任を負う。」
762条「夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、夫婦の一方が単独で有する財産とする。 しかし夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。」

日本の結婚関係における大前提は760条にあるように、結婚したら二人の財産はすべて分担しあいます。つまり結婚後の財産は(負の財産も含め)2人のものという考え方です。ただし761条と762条を見ると幾つかの例外があることがわかります。実際例を挙げて、さまざまなケースで借金の共同責任を負うかどうかを判断してみましょう。

結婚する前からある借金

夫婦の一方が結婚する前から負債を抱えていた場合は、762条の夫婦の一方が単独で有している財産(この場合は負の財産)となりますので、配偶者は共同責任を負いません。たとえ金融会社がやんわりと肩代わりして欲しいことを匂わすとしても、結婚前からその配偶者の保証人になっているのでもない限り、支払う義務はないのです。

結婚後に抱えた借金

この場合鍵を握るのは、761条の「日常の家事に関して」という一文です。つまり夫婦のどちらか一方がお金を借りたとしても、用途が非地上火事に関してであれば夫婦が返済義務を負います。具体例をあげましょう。

夫が妻に内緒で借金をして骨董品をローンで購入しましたが、ローンの返済ができなくなりました。この場合、配偶者は共同責任を負いますか?いいえ。骨董品は夫の単なる趣味の品であって、日常家事に必要なものではないので、配偶者は支払い義務を負いません。

では夫に内緒で妻が借金をして毎日の食費に当てている場合はどうですか?この場合、食費という日常家事の費用で利用されたので、夫にも支払い義務が生じます。妻がマンションの管理費を自分の借金で支払ったとします。夫にも支払い義務がありますか?あります。

つまり夫婦一方のどちらが借りたのか、配偶者も借金の存在を知っていたのかが重要なのではなく、使ったお金は何の目的だったのか、日常生活上で必要なことだったのか?が重要となるわけです。

判断が難しい事例

例えば子どもの入院代が必要で、配偶者には内緒でキャッシングをしたとします。この場合でも返済できなくなったときに配偶者に支払い義務はあると思いますか?判例からすると支払義務があるようです。

では妻が夫に内緒で美容豊胸の手術を受けるために借金をしたとします。夫にも返済義務はありますか?ありません。日常の家事とは関係ないからです。では夫婦一方が病気で入院する必要があり、配偶者に内緒でお金を借りていた場合はどうですか?個人の必要ともみなせますし、家族の必要ともみなせます。判断が難しいでしょう。

0

未成年が成人を装って契約した場合はどうなる?

民法第5条には未成年者が行なった契約は取り消すことができるとあります。これは判断能力が十分ではない未成年を世の中から守るために必要な措置です。

ただし、幾つかの特殊なケースが存在するでしょう。もし未成年が身分証明書を偽造するなどして成人を装い契約した場合はどうでしょうか?実際には未成年であるために、契約を取り消すことができるのでしょうか?

未成年でも偽装した場合は契約を取り消すことができない

もしも未成年が身分証明を偽装してでも行なった貸金契約を自由に取り消すことができるのであれば、未成年者の犯罪を助長することとなるでしょう。そのために例外として民法第21条には「未成年者が成人を装って契約したときは、契約行為を取り消すことはできない」とあります。つまり未成年者ではあっても法律的に返済義務が正式に生じるのです。

参考例-未成年者の契約無効は相対的

未成年者であっても成人だと偽装したときは契約破棄が無効なのと同様、未成年者でも返済義務がある事例が他にもあります。

1つは未成年者であっても結婚している、もしくは結婚歴があるケースです。民法753条には「結婚しているもしくは結婚歴がある人は成人とみなされる」とあるので、年齢を詐称していなくても、20歳未満の契約者には返済義務があります。

2つ目のケースは法定代理人が立てられたケースです。法定代理人とはたいてい親ですが、親が自分の子どもは正当な理由でお金を借りると証明する場合は、未成年者であっても貸金契約が有効となります。つまり民法第5条の「未成年者が行なった契約は無効である」という法律の解釈も相対的なものであるとわかるでしょう。

未成年者が法定代理人のサインを勝手に行なった場合は?

法定代理人(両親など)が同意すれば、未成年者であってもお金を借りることが法律的に可能です。大手は20歳以上でないと貸しませんが、中小の消費者金融は18歳以上で親の同意があればお金を貸してくれるところはたくさんあります。

ではその親のサインを子どもが勝手に行なった場合はどうでしょうか?この場合は裁判となります。金融会社は子どもが勝手にサインを行なったと言えるどんな証拠があるのかを証明しなくてはいけません。債務者側はなぜ債権者側がなぜサインのチェックを怠ったのかを追求することとなります。返済義務があるかどうかの判断は状況によって分かれるでしょう。

0

借入契約を取り消せるケースがある 知らぬと損!この2パターンは返済不要

お金を借りたものの、正当に踏み倒せないものか…。だれもが一度は頭によぎる考えかもしれません。

消費者金融でお金を借りた場合、借入契約が締結され、借りたお金は利子をつけて返さなくてはいけません。借入契約書には法的拘束力があるために、借金は返さないと法的責任が問われます。しかしこの借入契約に関する知識を持っているなら、ある2つのパターンのときは借入契約を取り消すことが可能です。どんな時なのでしょうか?

未成年が契約した場合

民法第5条第1項には「未成年が法的代理人がいない状態で締結したいかなる契約も破棄することができる」旨が記されています。つまり法律的には未成年者は守られています

20歳未満の人が一人で消費者金融に行き、運転免許証などやアルバイトの証明などを持っていき、お金を借りることができたとします。この場合、未成年者がいくらお金を借りても、返済義務はないということになります。このリスクを避けるために、アイフルやアコムなどほとんどの消費者金融は20歳未満であれば一律に貸金契約が禁止されています。

未成年であっても2つの場合は返済義務が生じます。1つは法定代理人、つまり親と一緒に消費者金融に行き、お金を借りた場合です。もう1つは未成年者であっても結婚している場合です。18歳や19歳であっても結婚していれば法律的に成人とみなされ、貸金契約は有効です。契約を取り消すことはできません。

20歳以上とごまかして契約した場合は?

仮に未成年であるにもかかわらず、20歳以上とごまかしてお金を借りた場合はどうでしょうか?十分な確認を怠った金融会社にも責任があると思われますが、この場合は民法21条が適用されます。

そこには「未成年の者が成人であると詐称した場合は、その行為は取り消せない」と記されています。つまり20歳未満であっても、騙して行なった貸金契約であれば未成年といえども返済しなくてはいけません。

契約内容に違反があった場合

貸金契約には債務者だけなく、債権者側も履行しなくてはいけない契約内容が書かれています。例えば法律で禁止されている違法な取り立てなどが行なわれたときや、利息制限法を越えた金利を要求されたときは契約違反となるために、債務者側から借入契約を取り消すことが可能となります。

もちろん相手は金融のプロですので、個人で戦っても言いくるめられてしまいます。違法と思える取り立てを受けたときは、弁護士に相談して借入契約の取り消しを考えましょう。

現在借入契約を取り消せる例はほとんどない

消費者金融会社は貸金のプロですので、早々簡単には借りた側で契約を反故にできるような状況を作り出しません。特に大手の金融会社は、必ず20歳以上としか借入契約は結びませんし、取り立て方法も完全にマニュアル化されており、契約破棄を訴えられるような状況になることはありません。上記は参考までに知っておくと良いでしょう。

0

消費者金融の取り立てが会社に来ると心配している人必見 こうすれば会社に知られない

消費者金融にお金を借りたときに心配になるのが、「会社に取り立てが来ることはないだろうか」という点かもしれません。嬉しいことに現在、債務者の会社への直接の取り立ては禁止されています。

これは賃金法の第21条「取立行為の規制」にあたる行為で、債務者の私生活や仕事を妨げてはいけないという主旨です。つまり会社に直接取り立てにいくと、仕事の時間を削るだけでなく、会社内での信頼関係にも影響がおよぶので、直接取り立ててはいけないのです。

もしも消費者金融会社に会社に取り立てに行くと処罰されてしまいます。しかしこの賃金法の内容をよく見ると、会社での仕事に直接支障がない程度の取り立ては現在でもしてよいことがわかります。いま借金をしている人は、借金をしていることが会社の方に知られないためにも下記の情報に通じておきましょう。

取立行為の規制でやってはいけないこと

取り立てが””禁止””されているのではありません。””規制””されているというのがポイントです。つまり家族がいる家にも、同僚がいる会社にも取り立てが行くことはあるのですが、取り立ての方法がある程度規制されています。何が規制されているのか具体的見ていきましょう。ポイントは2つあります。

正当な理由なしに会社に取り立てることが規制されている

つまり賃金法の第21条による「正当な理由がない限り会社への取り立てをしてはいけない」とあります。つまり言い換えれば、正当な理由があれば会社への連絡をしてもいいと法律が認めているわけです。では正当な理由とはなんですか?

簡単に言うと、携帯電話で本人に連絡がつかないときです。つまり金融会社から連絡が携帯電話に入ったときに必ず出るようにすれば、決して会社に連絡を入れられることはありません。金融会社の目的は債務者と連絡をとることであって、会社の人々にも借金をしていることを知らせて借金返済を早めることではありません。

ですから、金融会社から一切の電話を会社にしてほしくないのであれば、すぐにお金が返せないときであったとしても金融会社からの電話に出るようにいたしましょう。出れなかったときは必ずこちらから折り返し電話をするようにいたしましょう。

とにかく連絡が取れれば「すぐには払えない」という返事ではあっても消費者金融は会社に電話をかけません。

業務に支障があるような連絡は規制されている

仮に本人にも連絡がつかず会社に電話することになったとします。だからといって「○○金融の△△ですが…」と直接会社に電話をすることはありません。社員の○○さんに金融会社からの電話があったと会社内に知られることになり、債務者の業務に支障があるためです。

そこで金融会社も通常は金融会社名を名乗らず、個人名で「○○と申しますが、△△様ご在社ですか?」と連絡を入れてくれます。本人に取り次がれてはじめて、金融会社名が名乗られます。これならほとんどの人に借金をしていることが知られることはないでしょう。

しかも電話をする回数にも制限があります。自宅への電話は1日3回までとなっていますが、電話先が会社の場合はさらに影響が大きいので、3日に1度くらいが一般的です。職場に1日何回も電話をすると、業務妨害罪という別の法律に引っかかってしまうからです。

確実に会社にわかってしまう最悪ケース

上記のように債務者の会社に直接的な取り立てが行なわれることはありませんが、借金問題が進むと確実に会社にばれてしまうケースがあります。それは裁判命令で給料が差し押さえられるケースです。裁判所命令で、勤めている会社に連絡が行き、「○○会社の社員の△△さんは、借金返済のためにお給料の4分の1が差し押さえられます」という旨が伝えられることになります。

この通達が原因で、会社内の信用を失いクビなることもあるでしょう。お金を借りるのは悪いことではありませんが、収入の元をも失いかねません。仕事まで失うという最悪の状況になる前に、消費者金融からの連絡を無視し続けることだけは避けましょう。

0

多重債務者の最近の傾向 多重債務が減ってきている興味深い3つの理由

お金に困っている人は遠い昔から、今に至るまでずっといます。自分や家族の生活費用のためにと、いたるところからお金を工面してくる人はたくさんいます。

一時期日本には多重債務者(5社以上に借金している人)がたくさんいたのですが、なぜだか最近急激に多重債務者が減少してきているということです。決して日本の経済が潤っているわけではないのに、どうして多重債務者は減っているのでしょうか?

その理由は、ここ10年ほどに渡り、日本の金融界が取ってきた対策が功を奏していることにあります。どうして多重債務者が減少したのか、その興味深い3つの理由に迫ってみましょう。

続きを読む

0

返済遅延と信用情報の関係性についてのお話です。

知り合いにお金を借りていたことをすっかり忘れてしまっていた、なんてことはよくありますね。

同じように、キャッシングをしたものの返済期限をうっかり忘れてしまった、なんてこともあるものです。返済が1日、2日遅れただけでも、遅延損害料金というものが発生します。お金が余分にかかるだけでなく、金融会社からの信用が失われる結果になります。

そうなると、次にまたお金を借りたいときに、信用情報に傷がつき、審査に通らない恐れがあります。では、私たちの信用情報はどのように管理されているのでしょうか。返済が遅れると、具体的にどのような影響が出るのでしょうか。信頼に傷をつけないためにどうすればよいのでしょうか。

返済期日までにお金を用意できないとき

まず、返済期日をしっかり覚えておきましょう。もし、期日までにお金を用意できないのであれば、できるだけ早く借りている会社に相談しましょう。そうしないと、返済能力がない、または返済する気さえないと判断されてしまいます。遅れている日数分の返済遅延料金も、きちんと支払いましょう。遅れる日数がたとえ数日であっても、こうした手順を踏まないなら、信用に大きな傷がついてしまうかもしれません。

信用に傷がつくとはどういうことか?

信用に傷がつくとは、簡単に言うと返済能力がないと判断されるということです。その結果、次の融資額が制限される、もしくは融資ができなくなることもあります。

一般に金融会社は、信用情報機関に問い合わせて融資の審査を行います。
主に「支払い能力があるか」どうかを見るためです。少しの期間、また一回遅れただけというのなら、信用の傷は1年以内になくなります。でも、もし常習的に返済が遅れる、もしくは3か月以上返済ができないという状態が続くなら返済能力がないと判断されます。そして、そうした傷のついた信用の情報は信用情報機関にすべて記録されます。

信用情報機関とは?

個人の信用情報を記録する機関は3つあります。

「株式会社シー・アイ・シー (CIC)」
「全国銀行個人信用情報センター (KSC)」
「株式会社日本信用情報機構 (JICC)」

という機関です。主に消費者金融を利用した人の返済遅延の情報は「株式会社シー・アイ・シー (CIC)」や「株式会社日本信用情報機構 (JICC)」に記録が残されます。こうした信用情報機関に載せられた取引情報はほかの会社も確認することができます。それで、返済遅延記録が多くあれば、ほかの金融会社からも返済能力を疑われることになるのです。

銀行カードローンの場合も同じように「全国銀行個人信用情報センター (KSC)」に信用記録が載せられます。この情報に基づいて、返済の際の信頼できるかどうかが審査されます。

どんな時に信用に傷がつくか

当然のこととして、返済期限に遅れることが何度も続くと信頼に傷がつきます。また自分から金融会社に相談しないと、不誠実とみなされます。たとえ返済期日に間に合わなくても、利用会社に連絡をして「○○日までに返します」といったはっきりとした意思表示をする必要があります。期日の数日前にまた複数の会社から融資を受けていること、一年に何度も審査に落ちているということも、信頼を失う要因となります。

信頼に傷がつくとどうなるか

1、2回の遅延なら、信頼に傷がつくことは避けられます。ただ、常習的に返済が遅れたり、複数の会社から借りていると、信頼がどんどん失われていきます。融資限度額が減額されたり、追加融資の停止される、もしくは全額返済請求を要求されることもあります。そうなると、自己破産などの最終手段に踏み切ることになります。

信頼を失わないために

信頼を失わないためには、必ず返済期限は守りましょう。うっかりしていて期限を忘れていたということを避けるために数日前に期限を知らせてくれる「お知らせサービス」という機能を利用する人もいます。安易に他社からお金を借りるのもやめましょう。

こうした情報は信頼情報機関に記録されます。もしどうしても返済期日に間に合わないという時は2日前までには、金融会社に連絡をしましょう。事情を説明し、いつまでに返済するかをはっきりさせる必要があります。こうした点を守っているなら、あなたのキャッシング記録に大きく傷がつくことはないでしょう。

0

返済に遅れそう!遅延損害金ってなに?いつから発生するの?

キャッシングの返済期限をうっかり忘れてしまっていた、ということは誰にでも生じうることですね。

そんな時に発生する返済遅延損害金というものをご存知でしょうか。簡単に言うと、通常のキャッシングの利子に加えて、さらに遅延損害金を払わないといけなくなります。しかし、そう考えると合わせて一体いくら余分に払わなければならないのだろうと不安に感じますよね。

では、遅延損害金とは、どのようなものでしょうか。通常の利子プラスどれほど払う必要があるのでしょうか。計算方法なども交えて詳しくご説明したいと思います。

そもそも遅延損害金とは何か。いつから発生するのか

遅延損害金とは、返済の期限が守れなかった人が支払う罰金です。レンタルビデオの期限が過ぎてから返すまでの期間、日割りで払わなければならない延滞料金のようなものです。いつから発生するのでしょうか。

返済期日の翌日からです。では、延滞損害金は利子の上にさらに払わないといけないのでしょうか?その点はご安心ください。利子と損害金が二重に請求されるわけではありません。利子はあくまで返済期限までの融資金額に対するものです。

それに対して遅延損害金は、返済期限の次の日から実際に返済がなされる日までの間、日割りで支払わなければならない金額のことだからです。それで実は、金額自体はそれほど怖がる金額ではないのです。しかも、通常の利子の利率と遅延損害金の利率はほとんど同じくらいになります。どういうことでしょうか?

では通常の金利の計算と遅延損害金の計算の二通りを見てみましょう。

まず、通常の金利の計算をしてみましょう

通常の金利の計算をするにあたって、理解しておきたいことがあります。借りている金額によって金利の上限が3段階あるということです。

例えば、借入金10万円未満の場合、金利の上限は20.0%です。
借入金10万円~100万円未満の場合、金利の上限は18.0%、借入金100万円以上の場合、金利の上限は15.0%となっています。このように通常の利息の場合は借りている日数払いますよね。それで、計算は次のようになります。

借りているお金×金利÷365(年間日数)×借入期間

借入金10万円未満の場合、通常の利子の利率とあまり変わらない?

利息制限法4条で遅延損害金はその金利の1.46倍までとなっています。
借入金10万円未満の場合、その1.46倍となると、遅延損害金の上限金利は29.2%となります。
借入金10万円~100万円未満の場合、金利の上限が26.28%となり、借入金100万円以上の場合でも、金利の上限が21.9%となります。いずれにしてもかなり高くなってしまいますよね。

そこで注目したいのが、貸金業法7条です。借入金が気にかかわりなく、金利の上限20.0%と定められているのです。それで、借入金10万円未満の場合だと通常の利子の利率とあまり変わらないということになるのです。

では、遅延損害金の計算方法をしてみましょう。
遅延損害金は日割りで計算されます。返済日から数えて払い終えるまでの期間ということになります。

借りているお金×遅延損害金利÷365(年間日数)×遅延日数

遅延損害金利の上限20.0%なので、この方法で計算すると遅延損害金はいくらになるのでしょうか。
10万円を借りて10日返すのが遅くなったとします。そうすると、次のような計算になります。

10万円×20%÷365×10日=547です。

もし30万円を借りて30日返すのが遅くなった場合は、次のような計算になります。

30万円×20%÷365×30=4,931円というわけです。

遅延損害料金の本当の損失は金額ではない

このように、遅延損害料金は利子と二重に請求されるわけではありません。また、法外な利率で計算されるということでもないことがわかります。法律で定められてある程度の保護を受けられます。

では、何が失われるのでしょうか?
それは信頼です。この人は返してくれないという、ブラックリストに載せられてしまいます。そうなると、次の借り入れが難しくなる可能性があります。本当に必要な時に借りられなくなっては、残念ですよね。当然、どうしても期限までに返せない、ということは誰にでもあることです。しかし、常習化しないように気を付けましょう。借りたお金は期限までに返すようにしましょう。

0

キャッシング前に知りたいこと!「利息の計算」と「締め日」について

今や、お金を借りるのに便利な時代になりました。WEBやATMで簡単に申込みができたり、銀行やクレジットカードでもキャッシングができ、周囲にあまり知られずに、また比較的安全にお金を借りることができるようになりました。

でも、油断は禁物です。なぜなら当然利息が発生しますし、何も情報を持たずに借入れするなら損をしてしまうこともあるからです。ではキャッシングの前にどんなことを知っておくとよいのでしょうか?返済についての注意点について考えてみましょう。

事前に知っておくべき二つの点

もちろん知っておくべきことはたくさんありますが、ここでは大きく分けて「利息の計算」と「締め日」について取り上げます。多くの金融機関もこの二つの点について注意を促しています。

いうまでもないことですが、できるだけ早く返済するよう心掛けることはとても大切です。なぜなら、キャッシングの場合はクレジットカードで商品を購入し一括払いするのと違い、利息は日割りで計算されます。それでたとえ翌月一回払いで返済したとしても、利息は発生してしまいます。

それで返済の目途がたったなら、早めに繰り上げ返済することで利息分を予定より減らすことができます。では利息はいくらかかるのか、計算方法を見てみましょう。

利息の計算方法

便利なことに、各金融機関のホームページで利息や返済期間を簡単に計算できるシミュレーターというものが設置されているので、自分の必要や目的、返済予定を考慮して少しでもお得な機関を探してみましょう。

でも、簡単にでも自分で計算する方法を知っていると、意識が違ってきます。あまり借りすぎないよう抑止力にもなるかもしれませんし、借り入れた後に頑張って早めに返済しようという意欲にもなるかもしれません。ぜひこの計算式を参考にしてみてください。

たいていの場合は「年利○○%」と書かれています。では一か月で返済する場合の実際の利息はいくらになるのでしょうか?「借りたお金に年利をかけ、365日で割って30日若しくは31日をかける」とひと月分の金利がいくらかが出てきます。

もし、この計算が面倒だと思われるなら、概算ではありますが、「借入れ金額に年利をかけ、12か月で割る」こともできます。あくまでも概算なので参考程度の数字です。

また金融機関によっては初回の利用はひと月以内利息が0円、というキャンペーンをしているので、初めての方はそういったところを探してみるのも賢い方法かもしれません。でも初回だけ、また30日間だけですから、ぜひ注意してください。

では一年間返済し続ける場合の計算はどうなるのでしょうか?
徐々に返済していくので利息も毎月変わっていきます。これはさすがに面倒だと思われるでしょう。それで先ほど述べたシミュレーターを使って計算することをお勧めしますが、参考までに簡単にいいますと、借入の初回は先ほどの計算方法と一緒です。

そして翌月以降は「借入金額から返済した金額を引き、年利をかけ365日で割り、30日若しくは31日をかける」とでてきます。借入の前に利息をよく計算し、いくら借りるか、どのくらいの期間で返済するか、どの返済方法で返すか、慎重に検討しましょう。

締め日ってなんのこと?

利息は日割りで計算されていると初めに述べました。さらに、利息はキャッシング利用日翌日から支払日当日までかかります。キャッシングには毎月、取引の締め日と支払い日があり、締め日までの分を翌月の支払日に返済することになっています。

つまり、締め日の翌日に借り入れをした場合、返済は翌々月の支払日になってしまうというわけです。少し複雑ですね。例えば、締め日が毎月15日、支払日が10日とします。締め日の15日当日にキャッシングを利用した場合、支払いは翌月の10日なので利息は25日分となります。

でももし16日に利用した場合、支払いは翌々月の10日になってしまうので利息は55日分となってしまいます。そうなるとかなりの差額がでてしまいますね。もし繰り上げ返済ができないプランや、もともと繰り上げ返済を扱っていない会社だった場合は、同じ借入金額でも返済額が大きく変わってしまいます。それで事前に締め日と支払日、繰り上げ返済が可能かどうかを知っておくことがどれほど大切かお分かりいただけたと思います。

事前の知識はとても大切

今回は金利と締め日の二つの注意点を考えてみましたが、これだけでも賢く利用するか、損をするか、大きな差がでることが分かりました。クレジットカード会社と金融機関でもサービスや金利が変わってきます。どの会社を選ぶかは自分のニーズと返済プランなどをよく考慮して慎重に選びましょう。

0

キャッシング前に知りたいこと!返済日の延長ってできるの?もし遅延したらどうなるの?

どうしてもお金を借りる必要が生じてしまった、でもこんなご時世、もし返済日に返せなかったらブラックリストに載ってしまうのでは?と不安になる方もいるのではないでしょうか?

確かに、返済日を過ぎても返済できない場合ペナルティ(遅延損害金)が課されます。でもそれですぐにブラックリスト入り、というわけではありません。キャッシング前に遅延損害金の意味と返済日の延長について調べておきましょう。

「遅延損害金」てなに?

簡単に言うと、支払期限が経過しても返済されていないことに対する損害賠償として、法律上支払わなければならない金銭のことで、「遅延利息」や「延滞利息」ともいわれています。

通常の利息は支払期日までとなり、それ以降は元金に対して20%や18%などの遅延利率が加算されます。通常の利息よりは少し高めなので、やはり延滞しないに越したことはありません。

ただ法律で上限20%以内と決められていて、ほとんどの金融機関が19%前後の利率となっていますが、セブン銀行では遅延損害金は不要、また三菱東京UFJ銀行や東京スター銀行は契約時の借入利率と同じに設定されているので、その他の契約条件と合わせて参考にしてみることをお勧めします。

また、もし通常の利息と遅延損害金が重複して請求されているなら違法となるので、泣き寝入りする前にしっかり確認しましょう。

返済日の延長はできるの?

指定した返済期日にお金が用意できないことが分かったなら、前もって返済日の変更を申し込むことで延長できる可能性があります。一般的に銀行は変更に応じてくれないケースが多いようです。

ただ、お金が用意できないという理由での返済日の変更は不可であっても、継続的に約定返済日を変更する場合や同じ銀行の他のローンと同じ日にまとめて引き落とすよう変更する場合は、返済日を変更してくれる銀行がほとんどです。

また転職によって給料日が変わり、継続的に返済日を変更する場合も対応してくれるところが多いので、もしそのような状況が発生した場合は相談してみましょう。

もし連絡せずに延滞したらどうなるの?

連絡を入れていても遅延損害金は発生しますが、督促の電話がかかってくることは避けられます。たとえ丁寧な態度で応対されても督促ですから、やはりこちらも気持ちのいいものではありませんよね。できればかからないに越したことはありません。

また、一般的に一週間程度の延滞の場合「初期延滞」といわれ、うっかり返済日を忘れているのかな、という程度の扱いですが、それ以上になってくると徐々に督促が厳しくなってきます。

61日以上または3か月以上の長期延滞になると、すでに督促状が送られ、場合によっては債権回収代行が使われたり、裁判で給与差し押さえの請求が出されます。また残念ながら信用情報機関に事故情報が記録されてしまいます。ですから、やはり返済期日までに返済できるよう、よく計画を立てるようにしましょう。

返済日をうっかり忘れないためにどうしたらいいの?

一番確実な方法はやはり「口座振替」ですね。口座の残高不足以外の理由で返済が遅れてしまうことはありません。ただし、口座振替の場合、返済日が指定できないことがほとんどですので注意しましょう。もう一つの方法は返済期日お知らせ機能です。

金融機関によりますが、返済期日が近づくとメールで知らせてくれます。複数の金融機関から借り入れがある場合、それぞれの返済日を自分で把握しておくことは難しいですね。それでこのお知らせ機能を使うことで、うっかり、を防ぐことができますし、返済日の延長が必要な場合も前もって連絡を入れることができます。そうした機能があるかないかも、利用する金融機関の選択に役立つかもしれません。

0

自己破産費用が手元にない場合も安心です

自己破産にも費用が必要です

膨らみすぎてどうしようもなくなった借金を、自己破産によって立て直すことができます。

ですが借金はなくなりますが、自己破産と言う手続きを行うためには、ある程度の費用が必要となります。

借金の返済に追われている方には、そのような自己破産の手続き費用を捻出するのも大変だと思います。

収入や資産が一定以下の場合、法テラスの弁護士費用立替制度が使えます。 続きを読む

0

便利な口座振替を使ってこまめに返済しよう

口座振替は必須の機能です

口座振替と自動引落しはどう違うのでしょうか。
便利なほうを使ってみたいですよね。

口座振替と自動引落しは、利用者にとっては同じです。
違いがあるとしたら、口座振替はある口座から出金してある口座へ資金を移動します。

口座引落しはある口座から出金のみとなります。
利用者にとっては同じですね。 続きを読む

0

便利な自動引き落としを使いましょう

いろいろな返済方法があります

カードローンにはいろいろな返済方法があります。

コンビニで支払う方法、ATMに入金する方法、ネットから振り込む方法などです。
その中で一番いいのは、自動引落しでしょう。 続きを読む

0

最低返済額をうまくつかって、リボルビング払いを乗り切りましょう

最低返済金額は会社によって異なります

最低返済金額は会社によって異なります。

大抵の場合、借りている総額に応じて毎月の最低返済金額は異なってきます。
レイクの場合で解説してみます。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式は、残高の金額に応じて返済額の最低ラインが決まると言うものです。残高に応じて返済額が決まります。 続きを読む

0

半月過ぎた頃から、会社や自宅にかける際にも、カード会社名を名乗るので注意しましょう

最初はマナーを守った匿名での連絡

カードの滞納を起こしてしまうと、カード会社は電話や手紙で連絡をいれてきます。
その時は会社名がわからないように連絡をくれます。

法律で、取立であることを気づかれないように、名乗らないように制限されているのです。

ですので普通に法律にそって運営しているカード会社は、最初のコンタクトでは会社名を名乗りません。

なので会社にかかってきても個人名ですので、会社の人にはカードの請求であることはわからないようになっています。

世間体が保たれますので、こちらの秘密を守ってくれていることになります。
ですができればその間に解決しておきたい問題であり、半年が経過すると事情が変わってまいります。

半年が経過したころから、カード会社を名乗るようになります

ですができるだけ早期に滞納問題を解決したほうがよく、半年を経過したころから様相が変わってきます。

どこのカード会社も半年を経過したころからカード会社を名乗って職場に電話をかけてきます。

なかなか返済がすすまなかったり、いい返事をしなかったり、まったく返済の意思を見せない人には、すこし強い態度になってくるのです。

ですが口調等は礼儀正しいものであり、脅迫的な言動は一切ありません。

ただ会社名を名乗られると、職場に明らかに借金である事が発覚してしまいますので、職場にいづらくなってしまうでしょう。

カード会社としても、利用者が職を失えば返済がより困難になってしまいますので、カード会社としてもあまり利用者を追い詰めるのは避けたいところでしょう。

ですが返済をしてもらわないことにはカード会社も契約が果たせませんので、徐々にこのように会社名を名乗って利用者にプレッシャーをかけてきます。

誠実に、返済できないなら計画性を見せる

一番必要なのは、誠実に対応することです。
くれぐれも無視はしないでください。

滞納を起こしてしまって、カード会社が怖いと言う気持ちは十分理解できますが、電話をかけてくるスタッフは丁寧な口調で会話してくれます。
ですので安心して話しましょう。

そして話すのが苦手であれば手紙と言う手もありますし、とにかく連絡不通になるのだけは避けたほうがよいです。印象も最悪になりますので。

では返済できない場合はどうかというと、それもやはり誠実に対応し、いつまでにいくらなら払えるかと言うことを話し合いましょう。

たとえば1万円の分割であっても、話を聞いてくれますので、できる範囲内で誠実に返していきましょう。
今すぐは返せなくても、とにかく返済の意思を見せること。

そして少額でも返していくことが大切です。
事故を起こしてしまったのは仕方のないことですので、できるだけ半年以内に解決しましょう。

誠意を見せることで相手も対応してくれ、職場に会社名で電話がかかってくることもありません。半年以上の放置は非常に危険で、職場でのイメージが最悪になることがあります。

0

手紙で催促ってどんなの?怖いの?何かされる前兆?

手紙で催促がくるときってどんなとき?

それは、延滞を起こしてしまったときです。

そして、3日以内に連絡または振込がないと、カード会社は動き出します。
まず登録している携帯電話番号に電話がかかってきます。

そして同時に手紙もきます。催促の手紙です。
最初は優しく「○日までにお振込予定の○○円が入金されて下りません。その後、いかがでしょうか?
ぜひともよろしくお願いします」のような優しい文章でやってきます。 続きを読む

0

何をしたら延滞債務者になってしまうの?

延滞債務者のいろいろ

延滞債務者とは、いろいろな事情があって債務を延滞してしまった人を指します。

どのような理由があったとしても、延滞している時点で、延滞債務者です。
金融事故として登録され、ブラックリストに入ります。

2ヶ月~3ヶ月がポイント

返済はたとえば一日遅れただけでは延滞債務者とはみなされないケースも多いです。 続きを読む

0

催促オペレーターの仕事ってどんなの?

催促オペレーターの仕事ってどんなの?

催促オペレーターの仕事ってどんなことをするのでしょうか。
多くの場合は、その名の通り、電話で催促を行います。

入金日に入金がないお客さんすべてがその対象となります。
電話が通じない場合は手紙で行います。 続きを読む

0

電話取立てっていつくるの?どんなとき?

電話取立ては初期の段階です

しばらく返済を怠っていると、電話取立てがやってきます。

最初は個人の連絡先に来るでしょう。
できる限り、個人の連絡先に連絡が来ている時点で、対応することが望ましいです。

なぜなら、無視すれば無視するほど、取立ては苛酷なものになっていくからです。 続きを読む

0

困ったときは返済日を変更するという方法もあります

返済日を変更

返済日を変更して生活に合わせて返済しよう

借入先の会社によっては、返済日を変更してもらえる可能性があります。

今月だけ返済が苦しかったり、転職して給料日が変わったりなどの事情に応じて返済日を変えてもらえますので、一度問い合わせしてみましょう

ホームページ等に複数の返済日が設定されている場合は、返済日を動かすことも可能になります。
ホームページに記載されていなくても一度問い合わせしてみるのもいいでしょう。 続きを読む

0

意外と見落とされがちな借入の返済額について

返済額

返済額は元本+金利です

借入を行った際、返済するのは元本と金利になります。

いくつかの返済方式が設定されていて、金利込みで一定額を返す方法や元本を一定額にして金利をプラスして返す方法があります。

金利は元本の残高に対してかかるものですから、返済を続けているうちゅひにどんどん元本は減っていきます。 続きを読む

0

借金の踏み倒しに対する間違った認識

借金をして返済できなくなってしまったので踏み倒しをしてしまったという、いわゆる借金の借り逃げの時効について、多くの方が誤解していることが多いのが現状です。

借金の時効を迎えたので、返済する義務はなくなると認識していても実はまだ時効が成立していないこともあるのです。絶対にしてはいけない借金の踏み倒しについて詳しく調べていくことにしましょう。 続きを読む

0

できるだけ避けたい競売の回避方法

借入をどうしても返済できなくなってしまい、返済が滞ってしまうと起きてしまうのが競売です。借金がどうしても返せないので仕方がないとあきらめてしまう方も多いのですが、実は競売はできるだけ回避した方が得策といえるのです。詳しく競売について検討してみましょう。 続きを読む

0

競売より任意売却!任意売却のメリットとは?

カードローンなどの借入をしたものの、事情によって返済ができなくなってしまった!という方も少なくありません。そんなときに債権者は担保などに入れていた住宅などを売って借金の返済に充てるように手続きをとることもあるのです。担保に入っている家を売るといっても、競売か任意売却かで事情は大きく異なってくるのです。

どうせ家を失う結果が同じなら、競売でも任意売却でもいい!とあきらめてしまう方もいます。でも結果は違うのです。そこでここでは任意売却について詳しく調べていきましょう。 続きを読む

0

焦らずに対応!期限の利益の喪失通知が来た時の対処法

期限の利益喪失という言葉を聞いたことはありますか?あまり使われる言葉ではないために、なじみのない方も多いと思います。

しかしカードローンなどの借入を行う方であればぜひ知っておいてほしいのが、期限の利益喪失についてなのです。もしも期限の利益喪失の通知が来てしまったときには、どのように対応したらいいのか?ということも、期限の利益喪失と合わせて検討していきましょう。 続きを読む

0

自分にとって無理のない返済金額を知る方法とは

借入をする際には“無理のない返済を!”というテレビやWEBページなどの宣伝文句が頭をよぎるのではないでしょうか?

でも実際にどのくらいの金額が自分にとっては無理のない返済額になるのか?ということを知っている方は少ないといえます。“無理のない返済計画”というとても曖昧な言葉をここでは年収に合わせて具体的にしていきたいと思います。 続きを読む

0

本当にお得な借金の一本化の4つの条件とは?

カードローンをいくつも利用してる方であれば、一度は借金の一本化について検討してみたことがあるのではないでしょうか?

おまとめローンなどという言葉で最近では親しまれているローンですが、メリットがあるからこそ借金の一本化への認知度も上がってきているといえるのではないでしょうか?

そこでここでは本当にお得になる借金の一本化とはどのようなカードローンなのか?ということを検討してみましょう。 続きを読む

0