キャッシング前に知りたいこと!返済日の延長ってできるの?もし遅延したらどうなるの?

どうしてもお金を借りる必要が生じてしまった、でもこんなご時世、もし返済日に返せなかったらブラックリストに載ってしまうのでは?と不安になる方もいるのではないでしょうか?

確かに、返済日を過ぎても返済できない場合ペナルティ(遅延損害金)が課されます。でもそれですぐにブラックリスト入り、というわけではありません。キャッシング前に遅延損害金の意味と返済日の延長について調べておきましょう。

「遅延損害金」てなに?

簡単に言うと、支払期限が経過しても返済されていないことに対する損害賠償として、法律上支払わなければならない金銭のことで、「遅延利息」や「延滞利息」ともいわれています。

通常の利息は支払期日までとなり、それ以降は元金に対して20%や18%などの遅延利率が加算されます。通常の利息よりは少し高めなので、やはり延滞しないに越したことはありません。

ただ法律で上限20%以内と決められていて、ほとんどの金融機関が19%前後の利率となっていますが、セブン銀行では遅延損害金は不要、また三菱東京UFJ銀行や東京スター銀行は契約時の借入利率と同じに設定されているので、その他の契約条件と合わせて参考にしてみることをお勧めします。

また、もし通常の利息と遅延損害金が重複して請求されているなら違法となるので、泣き寝入りする前にしっかり確認しましょう。

返済日の延長はできるの?

指定した返済期日にお金が用意できないことが分かったなら、前もって返済日の変更を申し込むことで延長できる可能性があります。一般的に銀行は変更に応じてくれないケースが多いようです。

ただ、お金が用意できないという理由での返済日の変更は不可であっても、継続的に約定返済日を変更する場合や同じ銀行の他のローンと同じ日にまとめて引き落とすよう変更する場合は、返済日を変更してくれる銀行がほとんどです。

また転職によって給料日が変わり、継続的に返済日を変更する場合も対応してくれるところが多いので、もしそのような状況が発生した場合は相談してみましょう。

もし連絡せずに延滞したらどうなるの?

連絡を入れていても遅延損害金は発生しますが、督促の電話がかかってくることは避けられます。たとえ丁寧な態度で応対されても督促ですから、やはりこちらも気持ちのいいものではありませんよね。できればかからないに越したことはありません。

また、一般的に一週間程度の延滞の場合「初期延滞」といわれ、うっかり返済日を忘れているのかな、という程度の扱いですが、それ以上になってくると徐々に督促が厳しくなってきます。

61日以上または3か月以上の長期延滞になると、すでに督促状が送られ、場合によっては債権回収代行が使われたり、裁判で給与差し押さえの請求が出されます。また残念ながら信用情報機関に事故情報が記録されてしまいます。ですから、やはり返済期日までに返済できるよう、よく計画を立てるようにしましょう。

返済日をうっかり忘れないためにどうしたらいいの?

一番確実な方法はやはり「口座振替」ですね。口座の残高不足以外の理由で返済が遅れてしまうことはありません。ただし、口座振替の場合、返済日が指定できないことがほとんどですので注意しましょう。もう一つの方法は返済期日お知らせ機能です。

金融機関によりますが、返済期日が近づくとメールで知らせてくれます。複数の金融機関から借り入れがある場合、それぞれの返済日を自分で把握しておくことは難しいですね。それでこのお知らせ機能を使うことで、うっかり、を防ぐことができますし、返済日の延長が必要な場合も前もって連絡を入れることができます。そうした機能があるかないかも、利用する金融機関の選択に役立つかもしれません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>