困ったときは返済日を変更するという方法もあります

返済日を変更

返済日を変更して生活に合わせて返済しよう

借入先の会社によっては、返済日を変更してもらえる可能性があります。

今月だけ返済が苦しかったり、転職して給料日が変わったりなどの事情に応じて返済日を変えてもらえますので、一度問い合わせしてみましょう

ホームページ等に複数の返済日が設定されている場合は、返済日を動かすことも可能になります。
ホームページに記載されていなくても一度問い合わせしてみるのもいいでしょう。

金利が変わる

金利は借りた日数によって異なります。

金利14%で100万円を30日借りれば10506円ですが、返済日を5日ずらせば13424円となり金利が上昇しますので気をつけてください。

逆に少し早めの返済サイクルに設定すればその分金利が下がります。
借りるときは金利をあまり気にしないかもしれませんが、金利は返済額が変わってきますので大きな問題です。

一日単位で金利がかかることを覚えておきましょう。

困ったときに返済日を変更する

給料日が変わったなどの事情だけでなく、今月は厳しい・・・というときにも返済日をずらすことができます。
ですがこれは利用者の信用によるものです。

金融機関に返済日の変更を依頼しても、信用のない利用者ですと変更してもらえない可能性があります。
手続きの方法は主に電話で行っているケースが多いです。

ですので今月厳しいが、少し返済日を遅らせてもらえばなんとかなるというケースでは電話をかけてみましょう。返済方法や返済日、返済金額も相談に乗ってもらえるケースがあります。

延長損害金が発生するケースがあります

多くのローン会社で、返済日を遅らせてもらうことは可能です。

ですが気をつけたほうがいいのは、期日までに返済していないことで、たとえ事前に連絡をしたうえで返済日を遅らせたのだとしても、延長損害金が発生するケースがあるのです。

金利はだいたい20%前後となります。
高金利ですので避けたほうがいいでしょう。やはり確実に期日までに返済をするのが完済への道だと思います。

たとえば30万円を30日間延長すると、利息20%がつきますから3288円になります。
かなりの金利となってしまいますので注意が必要です。

ただし、どうしても返済できない場合、他社から借り入れてまで返済する必要があるかどうかは注意が必要です。

生活を破綻させないために、自転車操業や多重債務状態にならないように、時には返済日を遅らせて延長損害金を払ってでも確実に返済するほうがいいケースもあります。

再契約するのも手です

返済日は契約の時点で決定しているケースが多く、返済日を動かすことができない会社も多いです。

そんな場合はいったん解約して、再契約するのもひとつの手でしょう。
また自分の返済日に近い設定をしているカードローン会社に乗り換えるのもひとつの手です。

やはり生活に関係するものですので生活サイクルに変更があれば、それにあわせて返済日も変えていくのが無理のない返済を行うコツかもしれません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>