本当にお得な借金の一本化の4つの条件とは?

カードローンをいくつも利用してる方であれば、一度は借金の一本化について検討してみたことがあるのではないでしょうか?

おまとめローンなどという言葉で最近では親しまれているローンですが、メリットがあるからこそ借金の一本化への認知度も上がってきているといえるのではないでしょうか?

そこでここでは本当にお得になる借金の一本化とはどのようなカードローンなのか?ということを検討してみましょう。

借金の一本化のメリット

1. 返済日を1つにまとめる事が出来る
2. 金利が低くなる
3. 毎月の返済額の合計が少なくなる
4. 完済までの期間が短くなる
5. ローンの返済総額減る

やはり最大のメリットは返済額が減るということではないでしょうか?毎月の負担が苦しいので少しでも楽にしたい!という方にピッタリなカードローンが借金の一本化といえるかもしれません。

本当にお得な借金の一本化の条件

毎月の返済額だけを考えない

借金の一本化に踏み切る理由のメインとしては、毎月の返済額の負担を減らしたいというものです。そのために毎月の返済額を少なめに設定してしまいがちなのです。

ですがこれでは全体としての支払期間は長くなってしまいます。支払期間が長くなる=金利を支払う期間も長くなるといえます。これでは本当にお得な借金の一本化にはなっていません。借金の一本化をする際には毎月の返済額以外もきちんと考えます。

返済期間を今よりも長くしない

上記でも少し触れましたが、支払い期間が長くなるということは金利を払う期間が長くなり結局は支払総額が増えるケースもあるのです。これでは元も子もありません。借金の一本化をするに当たり気を付けておきたいのは、毎月無理のない返済額だけではなく返済期間は現状を維持する形か、現状よりも少しでも短くするようにしましょう。

返済総額を把握する

現状のカードローンを支払つづけたときの返済総額は○○円で、借金の一本化をしたら返済総額は○○円になると、比較をすることはとても大事です。返済総額が乗り換えて低くなってこそ借金の一本化をする意味があるからです。

今までよりも低いカードローンに乗り換える

当たり前!と思うかもしれませんが、あまりにも借金をまとめることにきをとられてしまい、金利について注意を払っていないと落とし穴として今までよりも金利が結局は高くなってしまった!ということもあるのです。

借金の一本化ができるカードローンのほとんどは低い金利でローンを組むことができますが、念には念を入れてもう一度確認しておきましょう。

実例で考えてみよう!

<現状のカードローン  借入会社数3社>
A社;50万円 年率15% 支払期間19カ月 毎月返済額29.727円 返済総額564.819円
B社;20万円 年率16% 支払期間24カ月 毎月返済額9.792円 返済総額235.011円
C社:30万円 年率15% 支払期間30カ月 毎月返済額12.053円 返済総額361.592円
毎月の合計返済額 51.572円  返済総額1.161.422円

<借金の一本化>
・ケース1 支払期間固定の場合
100万円 年率10% 支払期間30カ月 毎月返済額37.811円 返済総額1.134.326円

・ケース2 毎月の返済額固定の場合
100万円 年率10% 支払期間22カ月 毎月返済額51.572円 返済総額1.095.274円

<どのくらいお得になるか?>
・ケース1の場合
毎月の返済額が13.761円減  返済総額が27.096円減

・ケース2の場合
返済期間が8か月減  返済総額が66.148円減

借金の一本化のまとめ

手間などがかかるものの、確かに借金の一本化はお得であるということがわかります。お得になるための条件をしっかりと念頭に入れて借入先を見つけていきましょう。

また確実に借金の一本化に成功するために、直近の返済状況についても気を付けましょう。審査に通らなければ意味がありません。

金融機関同士のデータ照会で、支払い状況などを確認することができますので携帯電話料金の支払い状況も加えて、毎月しっかりと返済をして信用を積み立てていきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>