できるだけ避けたい競売の回避方法

借入をどうしても返済できなくなってしまい、返済が滞ってしまうと起きてしまうのが競売です。借金がどうしても返せないので仕方がないとあきらめてしまう方も多いのですが、実は競売はできるだけ回避した方が得策といえるのです。詳しく競売について検討してみましょう。

競売を避けるための手段

競売の申立がされてしまった後でも、何とか競売を回避することができるケースがあります。しっかりと債権先の金融機関と話し合うことが大事ですが、どのような方法があるかを把握しておくのも大事なことです。返済に対して前向きな姿勢であることを示して、できるだけ競売をさけるようにしましょう。

・個人再生申立て
競売を避けるためにまずは個人再生の申立てを行います。もしも個人再生の申し立てが受理されるのであれば、そのまま家に住み続けることができます。

・任意売却
競売の一歩手前ですが、それでも競売よりもよりよい条件で家を売ることができます。任意売却のメリットは引越しの費用が自己負担でなくなったり、自分の希望する時期に合わせて家を出ることもできるのです。選択肢が増えるという面でも、金銭的な負担という面でも競売よりも有利です。

 

競売を避けるためにはあきらめない

借金をして返済ができなくなった時の最悪のシナリオが競売です。競売になると家を売却されて、そのお金で残った借金の清算を行うことになります。

しかも家の価格は一般的なマーケット価格よりも2割から3割ほど安い価格で取引されることのなるのです。

金融機関との話し合い

ではどのようにして競売という最悪の事態から抜け出すことができるのでしょうか?まずは金融機関との話し合いを行うことです。たとえば残った借金の分割の交渉をして返済をし続ける代わりに競売を避けてもらうなどです。

支払の正しい優先順位を知る

またいくつかの借金がある場合は、どのローンが一番整理がしにくいか?ということを考えて、優先順位に従ってできるだけの金額を返済していくことです。

例えば、50万円の借金と1000万円の借金では滞納の意味が違ってくるのではないでしょうか?

また一般的に大きな借入であればあるほど遅延損害金も多く付きます。 結果借金がどんどん大きくなってしまうのです。競売申立てできる担保権者に対しての返済をまずは行い、申立てのできない担保権者への返済は保留するのです。支払先の優先順位を理解することは、とても大切な行為であるといえるのです。

専門家への相談

例え競売の申立が行われてしまったとしても、そこから競売にならなくて済んだケースもたくさんあります。もちろん個人で競売へ立ち向かうこともできますが、専門家の力を借りるノア一番確実で一番早い方法といえるでしょう。

債務に対しての前向きなアドバイスなどを無料で行ってくれるところもありますので、まずは相談をしてみることをおすすめします。

競売への対策のまとめ

競売は借金の返済ができなくなった時の最悪なシナリオで、できる限り避けたいことです。たとえ裁判所から競売の申立が起こされたとしても、あきらめるのではなく最後までポジティブに競売を避けるための手段を探すことが大事です。多くの場合で競売は実は避けられたということがあるのです。

まずは返済に向けてどのような前向きな計画を持てるか?ということを検討して、それを債権者に伝えることができるでしょう。必要とあれば専門家の力も借りましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*