競売より任意売却!任意売却のメリットとは?

カードローンなどの借入をしたものの、事情によって返済ができなくなってしまった!という方も少なくありません。そんなときに債権者は担保などに入れていた住宅などを売って借金の返済に充てるように手続きをとることもあるのです。担保に入っている家を売るといっても、競売か任意売却かで事情は大きく異なってくるのです。

どうせ家を失う結果が同じなら、競売でも任意売却でもいい!とあきらめてしまう方もいます。でも結果は違うのです。そこでここでは任意売却について詳しく調べていきましょう。

任意売却にするメリット6つ

家を相場で売却することができる

競売にかけられるとどうしても実際の家のマーケット相場よりも、安い価格で売られることになります。一般的に相場よりも2割から3割も安い価格で取引されるとされています。かなり安く落札されてしまう競売では、家を失ってもなお多くの債務が残るケースも多いのです。これでは意味がありません。一方で任意売却であればマーケット価格に近い相場で売却できるのです。そのたため、残債をより多く返済することができるのです。

返済の交渉ができる

競売になると残っている債務の返済方法を交渉できないのが一般的です。しかし任意売却の場合は債務者との交渉により、少しずつ無理なく返済できるようにプランを立てることができます。家を売却したのちにも大きな違いが出てくるのです。

希望の日に引っ越しできる

競売で家を売却することになると家の明け渡し日は、落札者の都合で決まってしまいます。まだ次に行く家も決まっていないのに、落札者の都合次第ではすぐに立ち退きを迫られることもあるのです。

しかし任意売却であると引越時期など、ある程度希望を聞いてもらえるのです。たとえば子供の学校の都合で区切りのいいところで転向をさせてあげたいなどの願いを聞いてもらえることもあるのです。または次の行き先が決まってから家を明け渡すこともできるのです。

体裁を守れる

競売の場合は、競売物件として新聞やチラシで家が公開されることになります。そのために、近所などに競売にかけられていることを知られてしまうのです。子供などがいると学校で子供の居場所がなくなったりと、精神的にもダメージが大きいです。

任意売却であれば、借金の返済ができなくなったから家を売ることになったという秘密などは、絶対に厳守してくれます。そのために学校やご近所に事情を知られることはないので安心です。

諸費用を負担してもらえることもある

競売であると立ち退きをする際にかかってしまった費用などは、自分で負担することになります。借金の上に費用がさらに必要となると金銭的な面でも負担となってしまいます。

しかしながら任意売却では交渉次第で、引越代を負担してもらえることもあるのです。引っ越し代といってもばかにならない金額です。少しでも借金の返済に充てられるようにお金は手元に残った方がいいですね。また場合によっては賃料の安い物件を紹介してもらえることもあります。

新しい生活までの心の準備ができる

競売によって家を失うということは、思っている以上に精神的な負担は大きいのです。競売になってからというもの、いつ落札されるか分からない!いつ出て行けと言われるか分からない!という非常に不安定な状態が続いてしまいます。

任意売却メリットまとめ

  1. 相場での売却
  2. 返済方法の交渉
  3. 希望が叶うことも
  4. 体裁を守れる
  5. 費用を負担してもらえる
  6. 精神的なダメージが少ない

一方、 任意売却であれば将来についての相談も行ってもらえます。引っ越しなどが急を要しないので精神的に余裕を持つこともできます。さらに自分の意思で家を売ることにした!という気持ちの整理をつけることができます。新たな気持ちで新しい生活に望めるのはメリットでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>