焦らずに対応!期限の利益の喪失通知が来た時の対処法

期限の利益喪失という言葉を聞いたことはありますか?あまり使われる言葉ではないために、なじみのない方も多いと思います。

しかしカードローンなどの借入を行う方であればぜひ知っておいてほしいのが、期限の利益喪失についてなのです。もしも期限の利益喪失の通知が来てしまったときには、どのように対応したらいいのか?ということも、期限の利益喪失と合わせて検討していきましょう。

・期限の利益喪失とは?
これは法律用語であり、民法に関する言葉です。まず期限という言葉は、法律行為の効力が発生・消滅が確実な将来の事実のことを指しています。この期限があるからこそ得られる利益を期限の利益といいます。これを喪失する、つまり失うことが期限の利益喪失となるのです。

基本的にこの期限の利益喪失は、民法第137条に該当するときに債務者は期限の利益の主張が不可能になるのです。では 民法第137条の述べることとはどんなことでしょうか?

①債務者が破産手続開始を決定したとき
②債務者の担保が滅失・損傷・減少したとき
③債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき

となっています。少し難しい説明になりましたが、上記のケースに当てはまる場合にはカードローンなどを利用し始めたときの契約に関係なく債権者、つまり金融機関側はすぐに返済を求めることができるのです。つまり債務者からすると契約が終わるまで受けられるはずだった利益を喪失してしまったということになります。

簡単に言えばローンを組んで返済ができなくなり、利息と元金を一括で返済することを求められるのです。これが期限の利益喪失です。

期限の利益喪失通知にどう対応すべき?

このようにすぐにでも債権者が返済を求めることができる期限の利益喪失通知が届いたらどうすればいいの?と悩むという方もいることでしょう。ではどのような対応ができるかを具体的に検討していきましょう。

まずは契約の確認を

もちろん期限の利益喪失については民法という法律で定められているのが事実です。しかしそれ以外にも確認しておきたいのが、カードローンなどで借入をする際にかわした賃借契約です。ここに期限の利益についての条項が記載されていることがあるのです。

たとえば“毎月定められた期限に決められた金額を支払えばよい”という条件は契約書によく書かれていることです。この条項をもう一度よく確認してみましょう。

滞納を支払う

期限の利益喪失通知が届いたら、すぐにでも滞納している返済額をすぐに返済しましょう。できるだけ早い対応をすることをおすすめします。滞納していたローンの返済額を返済することで期限の利益を失うことは避けられることがあります。通知にはたいていある期限までにある金額をまとめて支払うように催促する通知もきます。これをよく確認して支払を行います。

債権者に相談

期限の利益喪失通知がきて、滞納額を期限内に支払いたいけど今はどうしても返済することが出来ないときにはまずは債権者に連絡を入れます。なぜならば債権者は担保を競売にかけて返済を強制的に実行することができるからです。

もしも近い将来にお金が入る予定があるのであれば、具体的にいつまでにいくら返済できるのかを示しましょう。場合によっては返済日を延長してくれることがあります。

・キャッシングの場合

多くのカードローンやキャッシングの場合には、無担保で借入をすることができます。そのために期限の利益喪失通知が来ても失うものはない!と考えるかもしれません。

ただキャッシングの場合にはこれからの借入ができなくなるなどの不都合が生じるために、できるだけ早く延滞している返済額を支払うようにしましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>