催促オペレーターの仕事ってどんなの?

催促オペレーターの仕事ってどんなの?

催促オペレーターの仕事ってどんなことをするのでしょうか。
多くの場合は、その名の通り、電話で催促を行います。

入金日に入金がないお客さんすべてがその対象となります。
電話が通じない場合は手紙で行います。

電話で会社名を名乗らないのは、貸金業法で定めてある

貸金業法では、電話をするときに、会社名を名乗らないことと決められています。
そのため、最初の電話でカード会社が会社名を名乗ることはありません

ですので、本人確認が取れて初めて「○○社の▲▲です」と会社名を明かして名乗るのです。
また偽名を使ってはいけないというルールもありますので、基本的には実名で電話がかかってきます。

催促オペレーターの仕事

最初は手紙だけで、入金日に入金が無かったことをお知らせします。
それだけで返済してくれる人も大勢います。

ただ単に忘れていた、お金が足りなかった等のプチ事故でしかないからです。
ですが問題は、連絡がない人です。

その次は電話連絡を入れます。電話連絡でも大抵の人が素直に払ってくれます。
問題はここで、電話にも出ないし、手紙も返って来ない、そういう人ですね。

そしてここまでは、電話をかけても個人名でかけることがほとんどです。

問題は、半月を過ぎてから

連絡不通が半月を過ぎると、職場や自宅に、カード会社を名乗って電話をかけるようになります。

ここで、多くの人はお金がないことで支払ができていないのですから、金利だけでも支払ってもらうように説得します。

ですが金利も支払えないとなるとやっかいです。

その場合は、いよいよ、本格的な取立ての部署に回送されます。

そこから先は、テレビで見るような、厳しい取立ての世界です。

問題は多少あるかもしれませんが、そもそも支払えない計画の下で借入をして、なおかつ連絡まで行わないという態度にも、大いに問題はあるのではないでしょうか。

アルバイトが多数を占めています

実はこの催促オペレーターの仕事、アルバイトが非常に多いのです。

求人サイトなどで「金融機関での電話でのお仕事です」とかかれてある場合は、たいていこの催促オペレーターの仕事です。

時給が比較的高めである代わりに、精神的な負担も大きな仕事です。
払う、払うといって払わない債務者に対しては人間不信になりかねませんし、お金の怖さを思う存分知ることになります。

ですが、体力の面でいうとデスクワークですので、体の負担は少ないといえます。
接客業や電話対応の仕事を経験していれば、スムーズに仕事に取り掛かれるでしょう。

脅迫や暴力的な言動は刑事罰に

とはいえ、貸金業法で厳密に定められていますから、脅迫にあたるような暴力的な言葉は刑事罰の対象になります。

ですので、基本的には、ビジネス口調で丁寧に応答してもらえます。
貸金業者が刑事罰になってしまっては報道されて大ダメージですので、そこは各社法律を守るように心がけています。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>