最低返済額をうまくつかって、リボルビング払いを乗り切りましょう

最低返済金額は会社によって異なります

最低返済金額は会社によって異なります。

大抵の場合、借りている総額に応じて毎月の最低返済金額は異なってきます。
レイクの場合で解説してみます。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式は、残高の金額に応じて返済額の最低ラインが決まると言うものです。残高に応じて返済額が決まります。

1~100,000円 3,000円
100,001~200,000円 5,000円
200,001~300,000円 7,000円
300,001~400,000円 9,000円
400,001~500,000円 12,000円
500,001~600,000円 15,000円
600,001~700,000円 18,000円
700,001~800,000円 20,000円
800,001~900,000円 23,000円
900,001~999,999円 25,000円

となっています。100万円近くの金額でも、月々の負担は25000円スタートなのが嬉しいですね。

元利定額リボルビング方式

返済額を一定にすることも可能です。
この場合は、残高に関わらず、毎月の返済額が固定です。

そしてその返済額には金利も含まれた額となります。
金利は残額に比例しますので、最初のほうは返済額における金利の割合は高いです。

徐々に徐々に元金が減っていって、金利の割合は低くなります。
金利は返済額に含まれています。

この方式ですと、なかなか元本が減らず長期化するというデメリットがありますが、その一方で大きな買い物をしてもわずかな支払で大丈夫と言う強いメリットがあります。

返済額は自由に選べますので、そこから自分の自由な方式で選んでいきましょう。

リボルビング払いは、一般的に長期化するためデメリットが強調されています。
ですが使いようによっては強い味方となります。

最初に資金が少なくとも、予算以上の買い物ができますので、使いようによっては非常にありがたい買い物ができます。

定額リボルビング払いを早期に完済する方法

定額リボルビング払いは、なかなか支払が終わらない長期のプランになることが懸念されます。
ですが早期に完済する方法がありますのでお伝えします。

まず返済額を最小金額に設定します。そして手元にいくらか残金が残ると思いますので、それをコツコツ貯めていきましょう。
そしてその手元にたまった金額がある程度の額になったら一括返済していきましょう。

一括返済することによって、元本が一気に減ります
そうすると金利負担も減っていきますので、ますます返済が楽になります。

自分の手元で貯金するのがポイントです。予算に余裕があっても返済額を増やすのはやめましょう。それをすると金利でだいぶ取られますので元本が減りません。

手元で支出をコントロールし、自分で積み立てしてある程度たまったら返済してくのがいいでしょう。
リボルビング払いは使いようです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>