なんだって!こんなケースは夫(妻)の借金を肩代わりしなくちゃいけない

夫と妻の財産は別物なんだから、夫(妻)がした借金は払わなくていいというのを聞いたことがあるかもしれません。しかし実際問題、配偶者の借金を肩代わりしなくてはいけない例があるのを聞いたことがありますか?

日本において、たとえ配偶者の名義で行なった借金であっても共同責任として責任が求められるケースがあるのです。どんなときに配偶者の借金も肩代わりしなくてはいけないのでしょうか?これを判断するポイントは、どこで借りたかではありません。どんな目的で借りたかです。

鍵を握る民法760~762条

夫(妻)は配偶者の借金返済の共同責任を負うかどうかは、民法760~762条のどの条項に当てはまるか判断すればわかります。

760条「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」
761条「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは,他の一方は、これによって生じた債務について,連帯してその責任を負う。」
762条「夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、夫婦の一方が単独で有する財産とする。 しかし夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。」

日本の結婚関係における大前提は760条にあるように、結婚したら二人の財産はすべて分担しあいます。つまり結婚後の財産は(負の財産も含め)2人のものという考え方です。ただし761条と762条を見ると幾つかの例外があることがわかります。実際例を挙げて、さまざまなケースで借金の共同責任を負うかどうかを判断してみましょう。

結婚する前からある借金

夫婦の一方が結婚する前から負債を抱えていた場合は、762条の夫婦の一方が単独で有している財産(この場合は負の財産)となりますので、配偶者は共同責任を負いません。たとえ金融会社がやんわりと肩代わりして欲しいことを匂わすとしても、結婚前からその配偶者の保証人になっているのでもない限り、支払う義務はないのです。

結婚後に抱えた借金

この場合鍵を握るのは、761条の「日常の家事に関して」という一文です。つまり夫婦のどちらか一方がお金を借りたとしても、用途が非地上火事に関してであれば夫婦が返済義務を負います。具体例をあげましょう。

夫が妻に内緒で借金をして骨董品をローンで購入しましたが、ローンの返済ができなくなりました。この場合、配偶者は共同責任を負いますか?いいえ。骨董品は夫の単なる趣味の品であって、日常家事に必要なものではないので、配偶者は支払い義務を負いません。

では夫に内緒で妻が借金をして毎日の食費に当てている場合はどうですか?この場合、食費という日常家事の費用で利用されたので、夫にも支払い義務が生じます。妻がマンションの管理費を自分の借金で支払ったとします。夫にも支払い義務がありますか?あります。

つまり夫婦一方のどちらが借りたのか、配偶者も借金の存在を知っていたのかが重要なのではなく、使ったお金は何の目的だったのか、日常生活上で必要なことだったのか?が重要となるわけです。

判断が難しい事例

例えば子どもの入院代が必要で、配偶者には内緒でキャッシングをしたとします。この場合でも返済できなくなったときに配偶者に支払い義務はあると思いますか?判例からすると支払義務があるようです。

では妻が夫に内緒で美容豊胸の手術を受けるために借金をしたとします。夫にも返済義務はありますか?ありません。日常の家事とは関係ないからです。では夫婦一方が病気で入院する必要があり、配偶者に内緒でお金を借りていた場合はどうですか?個人の必要ともみなせますし、家族の必要ともみなせます。判断が難しいでしょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*