春休みにかかる費用はカードローンを上手に使って!

春休みに旅行や遊びを考えている人はカードローンを上手く使おう

春休みと言えば学生にとって嬉しい長期休みです。
大学や学部などによって春休みの期間は多少異なってきますが、2月の中頃から4月の頭まで休みになるケースが多いようです。

つまり、少なくとも1ヶ月から2ヶ月近くの長期休暇になる、というわけです。
せっかくの長期休みとなる春休みですので、普段はできないようなことに色々とチャレンジできます。

例えば、旅行に出かけてみたり、普段は授業の関係上なかなかできないセミナーに参加してみたり、ボランティアに参加してみたりと言ったことも可能です。
また少し遠出して話題のレストランやスイーツを楽しむなど食事を楽しむのも春休みならでは。

定番の春休みのアクティビティとして以下のようなものが挙げられます。

ショッピング 春休みのまとまった時間を利用して普段は楽しめないようなショッピングに出かける。場合によっては遠出も。
グルメツアー 大学生なら周りに1人は車を持っている人がいるものです。気ままなグルメツアーを計画する方も多いです。
海外旅行 せっかくまとまった時間があるので海外旅行で貴重な経験を。それなりの費用が必要になりますが社会人になってからはなかなかできないことなので今のうちに。
ボランティア 春休みでしか参加できないボランティアで経験を。また就職に有利に働くこともある。

また、大学4年生の人は春休み期間中に社会人になる準備をしておかなくてはなりません。
一度社会人として働き始めると1ヶ月単位の休みを取るのはなかなか困難。
実質今の日本では不可能だと言っても過言ではありません。

そこで、学生同士で最後の思い出づくりとして卒業旅行を計画する方も多いでしょう。

中には海外旅行に出かけることを計画しているグループもいるはずです。
今まで海外旅行をしたことがない、という人もたくさんいるでしょうから、これは貴重な体験になるでしょう。

しかし、これらの春休みの楽しみとは裏腹に問題となってくるのが「お金」に関することです。いずれもそれなりにまとまった金額が必要となってきます。

特に海外旅行はアジア圏内なら国内旅行とそこまで変わらないくらいの費用でも十分なことがありますが、アメリカやヨーロッパなどになってくると10万円単位の出費が予想されます。
せっかくの春休み中にお金がなければ旅行もできないですし、ショッピングも難しくなってしまう可能性が十分あります。

普段からアルバイトで貯金していればクリアできることもあるでしょうが、それもなかなか難しいケースも考えられます。

カードローンを利用できる?

そこで検討したいのがカードローンなど消費者金融を利用することです。
カードローンの利用条件を見てみると、20歳以上で安定した収入がある方、と書かれています。

つまり、学生でアルバイトをしている人なら条件をクリアしている可能性が高いです。

ただし、20歳未満の学生が春休み中にカードローンを利用しようと思ってもそれは難しいです。
ただし、銀行系カードローンの場合は保護者の同意があれば20歳未満でも利用できるものもあります。

いわゆる学生ローンと呼ばれるものです。

とはいえ、学費や生活費のためのカードローンならまだ説明もしやすいでしょうが、旅行など遊び目的のお金だとなかなか同意が得られないかもしれません。

その時は、カードローンだけにこだわるのではなく、クレジットカードも検討してみましょう。

クレジットカードは18歳以上なら利用OKとなっていることが多く、またキャッシング枠が用意されているので実質カードローンのように利用することも可能です。

いずれにせよ返済のメドがないならカードローンやキャッシングを利用するべきではありません。

アルバイトをしている、社会人として働き始める、など収入のメドが立っているのならこれらのサービスを利用して春休みを満喫してみましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>