夏休みをより有意義なものにするためにカードローンの利用も検討してみる

夏休みを利用して家族旅行に出かけたり、帰省したりとお金がかかることがたくさん!資金のやりくりはカードローンも視野に入れよう!
 

学生なら7月の中頃から、そして社会人は8月15日前後の1週間程度からまとまった休みが取れます。いわゆる夏休みです。

特に社会人になると、滅多にまとまった休みが取れないので、夏休みをチャンスに様々なイベントを計画する方も多いでしょう。

例えば、家族旅行に出かけたり、海水浴に出かけたり、普段はなかなか行けないようなショッピングセンターなどに出かけて思う存分買い物を楽しむ、というのも良いですよね。
また長い休みが取れないだけに、夏休みは実家に帰省して両親や親戚に顔を見せたいと思っている人も多いはずです。
夏休みの定番のアクティビティとして次のようなものが挙げられます。
 

買い物

せっかくの長期休みなので家電の買い替えやインテリアの買い替えなど普段の買い物ではなかなかできないようなものを買う機会が多い
国内旅行 夏休みに特に人気が高いのは沖縄。暑さを全力で楽しみたい!ダイビングなど海のアクティビティを楽しみたい方から人気
海外旅行 ハワイなど人気の海外旅行はある程度まとまった休みが期待できる夏休みに
帰省 お盆も含めて帰省する方が多く、同時におみやげなどを購入する
ボランティアやセミナー、勉強会 夏休みのまとまった休みを利用して普段は難しいボランティアやセミナー、勉強会などに参加する

 
 
このように、代表的な夏休みの過ごし方でもこれだけ多くの選択肢があります。
しかしいずれも共通していることは「何かと出費が重なりやすい」ということです。

多くの方は給料日が月末に設定されているので、お盆休みを含めた夏休み中にお金が足りなくなってしまうケースも十分考えられます。
ですので、夏休み前にどれくらいのお金が必要になってくるのか、費用はどこから捻出するのかについて計画しなくてはなりません。
 
 

夏のボーナスに期待しすぎないで

 
サラリーマンとして働いていると、夏にボーナスが支給されることが多いです。

このボーナスをあてにして夏休みの計画を検討している方も多いはず。
しかし、夏のボーナスは意外と色々なことに使ってしまいがちなので、これに期待し過ぎるのは考えものです。

例えば、住宅ローンがある人、自動車ローンがある人などローンを組んでいる方は夏のボーナスを使って支払うことも多いでしょう。

また、夏休みに帰省して、親戚の子供たちにおこずかいをあげたりと予想外の出費が続くことも珍しくないので、やはり夏のボーナスに期待し過ぎるのは危険かもしれません。
 
 

あらかじめカードローンを作っておこう

 
このように、夏休み中に必要なお金を捻出するのはなかなか大変なものです。
普段から生活費に余裕があるならやりくりできるかもしれませんが、必ずしも全員がそうとは限りませんよね。

もしも、お金が不足してしまったり、予算を組むのが難しいようであればカードローンの利用を検討してみるのもおすすめです。

 
 
夏休み中のカードローン各社の運営についてですが、お盆でも営業しているケースがほとんどです。

ただし、いくつかのカードローン会社はお盆休み中は店舗窓口が休業中であることも考えられるので、自動契約機の利用も視野に入れておいたほうが良さそうです。
自動契約機についてはほぼ全てのカードローン会社がお盆休み中も営業しています。

インターネットからの申込み・審査を済ませておいて、自動契約機に足を運んでカードを発行してもらうのがおすすめ。

これならほぼ待ち時間がありませんし、コンビニATMや提携銀行ATMなどからすぐに借入できるようになるので即日融資にも対応可能。

 
もしも夏休み中にあらかじめお金が足りなくなるかもしれない、と予想できるなら事前にカードローンを作っておくと安心です。
ちなみに学生の場合だと20歳未満はカードローンとの契約ができません。

ですので保護者の同意が必要にはなりますが学生ローンを利用する、あるいはクレジットカードのキャッシング枠を利用することになるでしょう。

いずれも返済のメドが立ちそうもないなら利用は見送ったほうが良さそうです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*