クリスマスは出費が多い!先の年末年始も見据えてカードローンを作っておこう

人によってはクリスマスに十数万円もの出費になることも!
 
 
クリスマスは1年の中で最も有名なイベントのひとつです。日本では宗教を問わず、ほぼ全ての人が楽しみにしているイベントだと言えるでしょう。それだけに、かかるお金は膨大なものとなってきます。クリスマスでよくお金を使うは以下のようなものが挙げられます。

 
 

食事 家族や恋人同士で食事をするにもいつもよりリッチなものを選びやすい
ケーキ 誕生日くらいしか食べない人でもクリスマスは必ずと言っていいほどケーキを食べる
プレゼント クリスマスといえばやっぱりプレゼント。子供へのプレゼントはもちろん、恋人同士のプレゼントにも何かとお金がかかる
テーマパーク 家族や恋人同士で思い出づくりにクリスマスイベント中のテーマパークに出かけることが多い

 
 

このように、パッと思いつくものでもこれだけたくさんのイベントがクリスマスにはあります。そしてそれぞれにそれなりの費用がかかってくることも分かります。

年末年始の直前にクリスマスがあるので、できるだけこの時期はお金を使いたくない、という方も多いはず。

確かに「冬のボーナスが出たばかりだから思いっきりお金を使って楽しくクリスマスを過ごしたい!」という意見も分かるのですが、ハメを外し過ぎると後に控えているお正月などでお金が足りなくなってしまう可能性も出てきてしまいます。

また最近では、各家庭をとにクリスマスイルミネーションを楽しむ人たちも増えています。

イルミネーションの設置費用自体は規模によって大きく異なりますが、小規模なものなら5000円もあれば十分です。
しかし、家全体をデコレートするほどのイルミネーションを設置する、となると数十万円から場合によっては100万円近くの費用が必要になることも考えられます。

また、電気代も大規模なものだと1日あたり500円近く必要になるとも言われているので、12月いっぱい稼働させるだけでも1万5000円以上の電気代が必要になります。

しかし一方で、ひとつの思い出として「1回だけで良いからイルミネーションにチャレンジしたい!」という気持ちも分かります。
 
 

クリスマス資金が足りないときはカードローンで

 
クリスマスにはこれらのような費用だけでなく、何かと他のお金もかかってしまいがちです。
ですので、せっかく楽しみたいのに、お金がないから楽しめない、という事態にもなりかねません。
その時は、カードローンを有効活用することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

例えば、子供にプレゼントを買ってあげたい、恋人とおしゃれなレストランで食事をしたい。
そんなちょっとしたお金が必要なときはカードローンでやりくりできることが多いです。
カードローンの多くは1万円から借入できるものばかりですので、これらの費用を借入する分には都合が良いといえます。
また、先述した通りクリスマスイルミネーションのための飾り付けを検討している方も、カードローンなら50万円以上の借入ができるところもたくさんあります。

最大で500万円まで借入できるところも!

冬のボーナスが月末に支払われる、という場合もあるでしょう。
そのときに、カードローンで先にお金を借りておいて、ボーナスが支払われたらそれで一括で返済する、といった使い方もできます。

最近では無利息期間が設けられているカードローンも増えているので、これを利用すれば利息を気にすることなく借入できるのも大きなポイントです。
 
 

年末年始に備えて

 
クリスマスのシーズンにカードローンの契約をするのは、この後になっている年末年始のやりくりにも役立ってくれます。

というのも、年末年始も何かとお金が必要になってくるのですが、カードローン会社のほとんどは休みとなってしまいます。

お金がないからカードローンを利用したいけれど、休みだから借入できない、という事態にもなりかねません。

それを回避するためにも、クリスマスあたりからカードローンを作っておけば万が一お金が無くなってしまったときにも安心ですね。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>