働いてる立場別に借りやすさを検証

アルバイトで給料日まで現金が持たない…そんなときのキャッシング会社の選び方

アルバイトやパートタイマーでも借り入れ可能

アルバイトやパートをしている人の中で出費がかさんで「今月ピンチ…」という人もいるでしょう。その場合には、キャッシングサービスの利用を検討しましょう。このように言われると「パートやアルバイトでもキャッシング利用できるの?」と不安に感じている人もいるはずです。

キャッシングの申し込み条件を見てみると、「安定した収入のある20歳以上の方」と書かれているものが大半です。もし安定的な収入があれば、パートやアルバイトでも借り入れができます。「パートやアルバイトでも借りられます!」といったコピーをホームページやパンフレットなどで明記しているところもあるほどです。

ですからパートやアルバイトでお金に困っているのであれば、キャッシングで借り入れることも検討しましょう。ではパートやアルバイトがお金を借りるにあたって、どのキャッシング業者に申込みすればいいのかという問題になるでしょう。

金利とスピードのどちらを重視するか

パートやアルバイトでキャッシングを利用するにあたって重要なポイントとして、何を重視して探すかがあります。人によって、金利が低く返済負担を少しでも軽減したいという人もいるでしょうし、今すぐお金を借りる必要があるので審査をスピーディに行っているところを希望するという人もいるでしょう。

もし金利を少しでも低くして、返済負担を軽減したいと思っているのであれば、銀行系のキャッシングをチェックすることです。キャッシングの金利を見てみると「○○%~○○%」といった感じで、利率に幅を設けています。アルバイトで初回借入の場合、最も高い上限金利の適用される可能性が高いです。

消費者金融系のキャッシングを見ると、上限は18%と設定しているところが多いです。利息制限法ギリギリの金利です。銀行系キャッシングを見てみると、上限金利は13~14%としているところが多いです。中には上限金利でも10%を切るような設定にしているところもありますので、かなり利息の支払いを削減できるでしょう。

しかし銀行系のキャッシングの場合、審査に多少時間がかかる傾向がみられます。パートやアルバイトの人でも融資をしている銀行系キャッシングは多く、即日審査に対応しているところも出てきています。しかし即日融資に対応しているところはあまり多くないようです。

消費者金融系のキャッシングは、金利はやや高めな反面、審査はスピーディなところが多いです。申し込んでから審査結果が出るまでに最短30分・口コミの意見を見てみると1時間前後で審査結果が来たという人が多いです。しかも午前中に申し込み手続きを完了すれば、即日融資も可能なところも見られます。

消費者金融の場合、金利は高めに設定されています。しかし日割り計算となりますので、早めにどんどん返済すれば利息もそれほど大きくなりません。給料などでお金が入ってきたのであれば、優先的に返済資金に充てることです。

大手の消費者金融のほうが安心

アルバイトの方で今回初めてキャッシングサービスを利用する、早く現金が必要なので消費者金融を利用するのであれば、大手を中心として候補を絞り込むといいでしょう。大手の消費者金融とは、テレビコマーシャルで宣伝しているような知名度の高いところです。

初めてお金を借りるのであれば、過去金融事故を起こしたことのある方は少ないでしょう。安定した収入があれば、どこでも借り入れできる可能性は高いです。そうなると大手の消費者金融のほうがやっぱり安心といえます。

大手の消費者金融は、しっかり審査をしているところが多いのもおすすめの理由の一つです。大手消費者金融の多くは、メガバンクなどの構成するフィナンシャルグループの一員であることが多いです。

そして銀行のキャッシングサービスの審査も担当していることがほとんどです。自分が傘下に入っているメガバンクのほかにも、いろいろな金融機関の保証会社になっていることも多く、それだけ高い審査能力を有していることがわかります。

利便性の高いキャッシングサービスを選ぼう

大手の消費者金融系のキャッシングサービスを見てみると、無利息キャンペーンを実施しているところも多いです。初回借入時に、最高30日間無利息になるというものです。この無利息期間内に給料が入って来るなど、確実な返済のめどの立っているのであれば、無利息キャンペーンを実施しているキャッシング会社で借入するといいでしょう。

即日融資ですが、銀行振り込みという形で実行される場合が多いです。たいていの金融機関では午後3時に営業が終わりますので、3時までに振り込み手続きが完了していないと即日現金を確保するのは不可能になります。

しかしキャッシング会社の中には、自動契約機を日本全国に設置しているところもあります。審査クリアできた後で、自動契約機で手続きをするとその場でローンカードを発行してくれます。そのカードはすぐにATMで利用できるので、そこで借り入れ可能です。

自動契約機は夜9時とか10時まで営業しているところが多いので、銀行が閉まった後でも即日融資に対応可能です。もし午後になってその日のうちにお金が必要になったのであれば、自動契約機を持っているキャッシング会社を利用するといいでしょう。

0

派遣社員がお金を借りるときの注意点。勤め先の申告は? 在籍確認は?

派遣社員でも急にお金が必要になるときがあると思います。

突然病気になって医療費が必要になった、そのために収入が減った、知人の結婚式に出なければならない等、どうしても借り入れが必要なときがあります。
ですが派遣社員だといろいろ心配なこともあるでしょう。正社員よりも信用がないのではないか、審査に通るだろうか、在籍確認は派遣先に確認されてしまうのではないか、等。

そんな心配事を解消するために、派遣社員が消費者金融で借り入れをする場合についてご紹介したいと思います。

一般的に、会社に所属している人が借り入れをする場合、住所や電話番号等の個人情報の他、現在の職業と年収、勤め先を申告します。それぞれについて以下にご説明いたします。

個人情報について

個人情報に関しては、正社員も派遣社員も同じです。免許証等の身分を証明するものがあれば大丈夫です。

以前は保険証でも可能でしたが最近は免許証やマイナンバーカードといった写真付きの証明書でないと受け付けてくれない会社もあるので事前に確認してから申し込むことをお勧めします。
電話番号は携帯電話でも差し支えありません。

職業と年収について

無職の人は返済能力が無いと判断され、まず審査に通ることはありません。正社員であれば勤続している限り毎月決まった給与収入があるので返済能力が認められるのですが、派遣社員の場合はそうもいかないと思います。

定期的な安定収入があることが望ましいですが、派遣先の都合で突然収入が無くなることもあるでしょう。
派遣社員でも年収額として相応の収入を得ていれば借り入れは可能です。
基本的には自己申告ですが、中には収入のわかる書類を求められることもあるので、こちらも事前に確認しておきましょう。

勤め先について

正社員と派遣社員で最も異なるのが勤め先です。
本当にその勤め先に在籍しているかの確認が行われます。
消費者金融では通常、個人名で勤め先に電話をかけて、あなたを呼び出してもらい、在籍はしているが留守であるということを確認します。

本人が店頭窓口に来ているので当然の結果です。
派遣社員の場合、所属している派遣会社と派遣先の2ヶ所がありますが、どちらに在籍確認をしてもらうかは本人の申告によるケースが多いようです。

派遣先企業の中には派遣社員に対して外部から電話がかかってくることに抵抗のある会社もあるでしょうし、派遣先でのあなたの立場というものもあるでしょう。逆に、所属している派遣会社での立場を考えると、借り入れのことを知られたくないケースもあると思います。

どちらで在籍確認をするかは現在の立場や状況を考慮し、慎重に選ぶ必要があります。では、どのように立ち回るのが最も効果的なのでしょうか。

あなたが所属している派遣会社に予め、個人名で在籍確認の電話がかかってくることを予告しておき、派遣会社の方に在籍確認をしてもらうよう、金融窓口でお願いする。というのが最も妥当な方法だと思われます。

以前とは異なり、消費者金融とはいえ銀行の傘下に入っている企業がほとんどですし、イメージも悪くないご時世になっているので恥ずかしがることはありません。正直に正々堂々と借り入れをすれば良いのです。

しかしながら、やっぱりそこは借金。自己管理ができていないと判断されるのでは、という心配や、それでも後ろめたいということもあるでしょう。そんなときには、クレジットカードの審査で在籍確認が入ると伝えておきましょう。

海外旅行先等では、決済システムとしてクレジットカードが必須アイテムになっていますので、何も恥ずかしいことはありません。当然のことながら相手は個人名で電話をかけてくるので、クレジット会社か消費者金融かを知られることも一切心配無用です。

ここでひとつ、「派遣登録のみ」という人、つまり、現在労働していないという状態にある人はどうしたら良いでしょうか。

そういう人は実質無職の状態にあるので借り入れができないのではないか、と思われがちですが、そんなことはありません。消費者金融やクレジット会社は、信用情報機関というところに問い合わせをすることで、過去の借り入れや審査申し込みの履歴を調べることができます。いわゆるブラックリストです。

ですが借り入れの履歴以外は何も調べる術を持っていないので、どんなところに派遣されていたかは一切知ることができません。ですから、たとえ派遣されたことが一度もなかったとしても、何も心配する必要はありません。

もちろん、確認できないことによる借り入れ上限額の低さはあるでしょうが、それも返済を続けていけば信用が付き段々と増枠されていきますのでご心配なく。以上ご説明した立ち回りをすることで、大抵の場合は借り入れに成功すると思われますが、くれぐれも計画的なご利用を心がけてください。

0

カードローンは契約社員でも借りられる?

安定した収入さえあれば契約社員でも問題無し!

多種多様な働き方を選べる現代では契約社員として生計を立てている方も多いです。プライベートと仕事を両立させたい、何らかの理由で正社員としてフルタイムで働くのが難しい、憧れの業界で活躍したいけれど正社員としてではなく契約社員としてスタートしたい、といった方が契約社員という働き方を選んでいる傾向にあるようです。

しかし契約社員はいつ契約が解除されるか分らないので、雇用の信用度としてはアルバイトやパートと同列、あるいは少し上くらいに扱われているのが実際のところ。急な出費などに対応するためにカードローンを利用したいけれど、契約社員だから審査に通らないのではないか?と心配になっている方も多いようです。 続きを読む

0

カードローンは年金受給者でも借りられる?

年金受給者でもカードローンでお金を借りるためにはどうすれば良い?

現在の日本人の平均寿命は男性がおよそ80歳、女性がおよそ86歳とされています。現在の定年が60歳、もしくは65歳に設定されていることを考えると、年金受給者として生活するのは20年から25年程度になると考えられます。もちろん、働いていた間に貯めたお金を使ってやりくりすることになるのですが、十分な貯蓄がなく、老後の生活に不安を抱えている方も多いです。また、病気がちになり、医療費が必要になったり、持家をリフォームしなくてはならない、といった予想外の出費が出てくる可能性もあります。そういったときに、カードローンを使って借入ができると多少安心できますよね。 続きを読む

0

非正規雇用でも借りられるカードローンはどこ?

アルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用でも借りられるところはたくさんある

急な出費や予定外の出費でどうしてもお金が必要!ということは誰にだってあります。その時にカードローンが利用できると心強いですよね。「アルバイトなどの非正規雇用だと難しいんでしょう?」とあきらめている方も多いと思います。しかしそれは以前までの話。確かにこれまでは消費者金融などのカードローンを利用するためには正社員でなくてはならない、と言われていましたが、現在はそのようなことはありません。そこでここでは非正規雇用がカードローンの申込みをする際に押さえておきたいポイントを紹介していきます。 続きを読む

0

カードローンは未成年でもOK?働いていても審査に通らないことも

カードローンの申込資格は成人以上となっていることがほとんどなので未成年は難しいかも

カードローンの貸付は必ず審査を行います。申込み自体は誰でもできますが、必ずしも審査に通るわけではありません。申込み者本人の属性を審査した結果、貸付するか否かを決めていますが、そもそも「申込み資格」をクリアしていなければ審査をパスするのはほぼ100%不可能です。中には「働いているけれど未成年」の人もカードローンを利用したいと考えているかもしれません。では、未成年でもカードローンを利用することは可能なのでしょうか。

続きを読む

0

自営業でもカードローンでお金を借りられる?

自営業はカードローンの借り入れが難しい?

一般的に自営業者はサラリーマンや公務員と比較してカードローンの審査に通りづらく、お金を借りにくいと言われています。それを聞くと「自営業者はみんなカードローン会社や銀行などの金融機関から嫌われているんだ」と思う人もいるかもしれませんが、そういうわけではありません。 続きを読む

0

公務員が消費者金融より低利で借りる方法はある?

公務員は共済組合を活用すれば消費者金融より低利で借入ができるかも!?

その時お金がなくて、急な出費に対応するために消費者金融のカードローンから借入を検討している方も多いでしょう。中でも公務員は審査に通りやすく、数ある職業の中でも最上位で消費者金融のカードローンを利用しやすいと言われているほどです。というのも、消費者金融の審査では「収入が多い、少ない」よりもむしろ「安定した収入が得られるかどうか」を最重要視しているからです。公務員はとりわけ、評価の高い職種に分類されるというわけです。たとえ大企業に勤めているサラリーマンでもリストラにあってしまうことも十分考えられますが、公務員の場合自分が何かやらかさない限りはそうそうリストラされることはありません。

と、このように公務員はカードローンにおいて非常にアドバンテージの高い職業だと言えるのですが、カードローンの金利による利息を考えるとできるだけ低金利で借りられるところを選びたい、と考える方も少なくないでしょう。

続きを読む

0

個人事業主でも消費者金融からお金を借りられる?

個人事業主が事業目的で借入なら事業者カードローンも視野に入れよう

一般的なカードローンの審査では年収、勤務先、勤続年数などが大きく影響すると言われています。しかし、個人事業主の場合はこれらがハッキリとしないため、審査に通りにくいとされています。中には「サラリーマン時代よりも給料は間違いなくアップしているのに個人事業主になってから審査で断られることが多くなった」という方もたくさんいます。

●カードローンの審査基準
個人事業主がサラリーマンと比べて審査に通りづらいのはカードローンの審査基準による部分が大きいです。各カードローン会社によって審査基準や内容は異なりますが、大まかに以下のようなポイントが審査されると言われています。

続きを読む

0

勤続年数が短い人でもカードローンでお金を借りられる?

勤続年数が短いほどカードローンの審査に通りづらくなる

カードローンの審査では、勤続年数の長さが非常に重要となってきます。勤続年数が長いほど、審査に有利に働く傾向があります。ではどうして勤続年数が長ければ長いほど、カードローンの審査が通りやすくなるのか、といえば「きちんと返済できる人を選びたいから」です。勤続年数が長ければ、今後もその仕事を続けることが見込まれて、継続的な収入が得られる、つまり十分な返済能力を持ち合わせていると判断することもできます。しかし一方で勤続年数が短いと、転職することが多かったり、リストラされやすいのではないか、と考えられて審査に通りづらくなることもあります。 続きを読む

0

カードローンはシングルマザーでも借りられる?

シングルマザーでも安定した収入があれば問題なくカードローンから借りられる

シングルマザーだと仕事はもちろん、家庭のことも自分で行わなくてはなりません。特に家事や育児が忙しい間は何かとお金に困ることも出てきます。シングルマザーの方たちの声を聞くと「妊娠・出産・育児」の間が一番つらかった、という意見が圧倒的に多いです。確かに、この期間までに十分な蓄えがあればやりくりすることも可能でしょうが、ほとんどの方は思うように働けないので家計が圧迫して苦しい思いをすることが多いようです。そのようなときにカードローンなど、お金の借入ができれば楽になるケースも多いです。では、シングルマザーでもカードローンでお金を借りられるものなのでしょうか。

続きを読む

0

カードローンは医者と弁護士ならすぐ借りられる?

カードローンの審査で見られる職業属性としてランクの高い医者と弁護士はすぐに借りられる可能性が高い!

カードローンの審査では「職業属性」が必ずチェックされます。どこで働いているのか、どの部署で働いているのか、といった内容です。職業によって収入の金額に差があるのはもちろん、収入の安定度についても随分な違いがあるものです。一般的には公務員や大企業に勤めている人ほどカードローンの審査で有利になると言われています。では「高収入」の代名詞とも言える医者や弁護士はどうなのでしょうか。

続きを読む

0

カードローンの審査は大企業に勤めているほど有利?

カードローンの審査は安定した収入を持つ人ほど通りやすいので大企業の方が有利になりやすい

カードローンの審査では必ず現在勤務している会社勤続年数などをチェックしています。いわゆる「個人属性情報」と呼ばれる項目です。これらの内容によって審査の不利・有利が生じるだけでなく、借入できる金額にも違いが出てきます。そこでよく耳にするのが「公務員や大企業に勤めている人ほどカードローンの審査で有利になる」という話。ここではどうして大企業に勤めている人の方がカードローンの審査で有利になるのかを紹介していきます。

続きを読む

0