カードローンの審査は大企業に勤めているほど有利?

カードローンの審査は安定した収入を持つ人ほど通りやすいので大企業の方が有利になりやすい

カードローンの審査では必ず現在勤務している会社勤続年数などをチェックしています。いわゆる「個人属性情報」と呼ばれる項目です。これらの内容によって審査の不利・有利が生じるだけでなく、借入できる金額にも違いが出てきます。そこでよく耳にするのが「公務員や大企業に勤めている人ほどカードローンの審査で有利になる」という話。ここではどうして大企業に勤めている人の方がカードローンの審査で有利になるのかを紹介していきます。

そもそも大企業の定義とは?

一概に「大企業」といっても自分だけで判断するのは難しいこともあります。やはり客観的な判断が必要不可欠です。そこでひとつの目安として中小企業庁が発表している「中小企業の定義」を参考にしてみましょう。この定義に当てはまらない場合は大企業だと認識してOKです。具体的には以下の表の通りとなっています。

業種 従業員の規模・資本金の規模
製造業 300人以下もしくは3億円以下
卸売業 100人以下または1億円以下
小売業 50人以下または5000万円以下
サービス業 100人以下または5000万円以下

この表に当てはまらない企業で働いている場合はカードローンの審査において「大企業で働いている」と捉えられる、と考えて良いです。もちろん社会的に名前が広く知られている企業で働いているのなら定義に該当しなくても大企業として捉えられることもあるようです。

安定した収入が最大の魅力

カードローンの審査で大企業に勤めている人ほど有利になるのは「安定した収入につながりやすいから」という理由が最も大きいでしょう。大企業ほど労働組合がしっかりしていたり、リストラされるリスクが少なかったり、そもそも中小企業と比較すると業績が安定しやすい傾向にあります。つまり、長い期間にわたって安定した収入を得られ続ける可能性が高いから審査で有利になる、というわけです。とはいえ大企業だからといって必ずしもリストラされないわけではありませんし、給料が下がることだってあります。それでも中小企業と比較すれば十分な安定力を持っているため優遇されています。

勤続年数はとても重要

いくら大企業に勤めているからといっても、必ずしもカードローンの審査で有利に働くとは限りません。「どのような企業で働いているのか」についてはあくまでもひとつの審査材料でしかありません。そこで重要視されているポイントのひとつに「勤続年数」が挙げられます。勤続年数が半年~1年未満だった場合は転職の可能性がある、収入が安定していない、とみなされることもあります。大企業に就職してすぐにカードローンの審査を受けても必ずしも有利に働くとは限りません。むしろ、中小企業でも勤続年数が5年以上、10年以上ある人の方が審査に有利となる可能性もあります。

他社借入状況も重要

大企業で働いていても他社借入状況によっては当然審査に通りません。例えば、すでに他の消費者金融のカードローンを利用していて、多重債務状態に陥っている人だと審査はなかなか通らないものです。同時に返済の延滞過去に金融事故の履歴があると同様に審査で大きく不利になってしまいます。大企業に勤めていることが大きなアドバンテージになるのは間違いありませんが、このような他の条件によっては「絶対に審査に通る」とは限りません。極力クリーンなクレジットヒストリーを作ること、勤続年数が少ない内は借入希望額は最低必要限に留めることを意識しましょう

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。