カードローンは医者と弁護士ならすぐ借りられる?

カードローンの審査で見られる職業属性としてランクの高い医者と弁護士はすぐに借りられる可能性が高い!

カードローンの審査では「職業属性」が必ずチェックされます。どこで働いているのか、どの部署で働いているのか、といった内容です。職業によって収入の金額に差があるのはもちろん、収入の安定度についても随分な違いがあるものです。一般的には公務員や大企業に勤めている人ほどカードローンの審査で有利になると言われています。では「高収入」の代名詞とも言える医者や弁護士はどうなのでしょうか。

審査に有利 筆者、弁護士、大企業のサラリーマン、公務員など
審査に不利 自営業、水商売、日雇いバイトなど

 

医者のカードローンの審査

まず最初に覚えておいて欲しいのが「カードローンを作ること」自体は審査がとても厳しいわけではないことです。しかし通りやすい職業もまた確実に存在しており、そのひとつが医者だということです。また審査に通りやすいだけでなく、収入そのものが多いため、借入金額も大きめに設定されることが多いのもポイントのひとつとなってきます。

どうして医者のカードローンの審査が比較的緩いとされているのか、についてですが「給料が良い」からです。また「安定した仕事である」というのも大きなポイントのひとつ。医者はどんな不景気でも相手が人間である以上必ず仕事があります。特に少子高齢化が進行している現代の日本では高齢者を相手とした医療への需要が高まり続けており、医者の収入が途絶えることは無い、さらに収入の金額自体もかなり大きいとあって、優れた返済能力を持ち合わせた職業だと考えられているわけです。また医者としての資格やスキル、実績があれば非常勤やスポットバイトでも一般的なサラリーマン以上に稼げるのも大きなポイントだと言えるでしょう。

カードローンの審査における「給料の金額が大きい」というのはかなり有利なポイントであることは間違いありませんが、それ以上に「安定した収入が得られているか」という点の方が大きいです。

弁護士のカードローンの審査

消費者金融と「犬猿の中」なイメージのある弁護士。過払い金請求や債務整理などカードローン会社によってあまり良い印象は無いカモしれません。しかし、顧客としての弁護士はかなり審査に通りやすいと言われています。というのも、弁護士は収入自体も大きい傾向にありますし、安定して稼げる職業だと判断されているからです。

最近でこそ弁護士の需要と供給の割合が取れてきて、徐々に供給過多に移行しつつある、と言われてはいるものの、まだまだ「稼げる仕事」に分類されます。弁護士もまた医者と同様に人間を相手にする仕事なので仕事が無くなるリスクは低いと言われています。これがカードローンの審査で有利に働く理由のひとつです。

カードローン会社によっては「弁護士だと何かあったときにすぐに裁判沙汰になって面倒になりそうだ」と判断して審査を断る所があるかもしれませんが、大手消費者金融のカードローンならそのような心配は不要です。

そもそも医者や弁護士がカードローンを利用することはある?

世間一般でも高収入・高待遇で知られる医者や弁護士。少なくとも一般的なサラリーマンよりは稼いでいるはずです。そんな方たちがカードローンを利用するとは想像もつかない、という意見も多々ありますが、実際に消費者金融を利用している方は多いものです。

よくある理由のひとつに、独立開業するときに少しだけ資金が足りず、かといって銀行や信金などの審査を待つ時間がない、といったときにカードローンを利用するケースが挙げられます。もちろんお金使いが荒かったり、やむを得ない事情でまとまったお金が必要になることもあるでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。