非正規雇用でも借りられるカードローンはどこ?

アルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用でも借りられるところはたくさんある

急な出費や予定外の出費でどうしてもお金が必要!ということは誰にだってあります。その時にカードローンが利用できると心強いですよね。「アルバイトなどの非正規雇用だと難しいんでしょう?」とあきらめている方も多いと思います。しかしそれは以前までの話。確かにこれまでは消費者金融などのカードローンを利用するためには正社員でなくてはならない、と言われていましたが、現在はそのようなことはありません。そこでここでは非正規雇用がカードローンの申込みをする際に押さえておきたいポイントを紹介していきます。

非正規雇用のカードローン成功のポイント

バイトやパート、派遣社員など非正規雇用の人がカードローンの申込みを成功させるためのポイントとして次のようなものが挙げられます。

・非正規雇用でも借りられるところを把握しておく
・審査に有利になる条件をチェックする
・一度に多くのカードローン業者に申し込まないように注意する

現在の日本は30%から40%前後の社会人が非正規雇用者として労働していると言われています。つまり、カードローン会社としては正社員だけを相手にしていたのでは顧客獲得に繋がらない=商売にならない、というわけです。そのため以前と比べて非正規雇用者へのカードローン提供が増えてきたと考えられます。とはいえ、正社員と比べるとどうしても非正規雇用の場合は審査で不利に働くことは間違いありません。いつクビになってもおかしくありませんし、どうしても収入が不安定になりがち、さらにいうと収入自体が低いことが多いからです。

だからこそ、先述した成功のポイントを押さえておくことが重要です。

●非正規雇用でも借りられるところはどこか?

基本的に消費者金融ならバイトなどの非正規雇用でも審査を受けられます。むしろ「非正規雇用はNG」というところはほとんどありません。また、流通系のカードローンも柔軟に対応しています。詳しくは以下の表を参考にしてみてください。

消費者金融系 アコムやプロミス、レイク、モビットなどが代表的。安定した収入さえあれば非正規雇用でも問題無いことが多い
信販系 ニコス、オリコ、ジャックスなどが代表的。カードローンというよりはクレジットカードのキャッシング枠を利用することが多いかも。
流通系 百貨店やスーパーなどの流通業が提供しているクレジットカードやカードローン。有名なものにイオンカードがある。主婦層をターゲットとしているものが多いため非正規雇用にも対応していることがほとんど
銀行系 みずほ銀行カードローン、バンクイックなど。従来までであれば銀行系は正社員でなければ厳しいと言われてきたが、最近では柔軟な対応で非正規雇用にも貸付しているカードローンが増えてきた。

このように、カードローンを提供しているところはたくさんあります。非正規雇用の方は基本的には消費者金融系のカードローンを選べばまず間違いないと思います。ですが、カードローンの種類によっては「主婦をターゲットとしている」など明確なターゲットを設けているものもあり、これに該当するのならそちらの方が審査に通りやすいことも珍しくありません。ですので、審査に通るか不安な方は色々なカードローンの情報を集めておくと結果につながりやすいでしょう。

●審査で有利になるポイント

非正規雇用でも審査で有利になるポイントがいくつかあります。これらのポイントを満たしているのか、あるいは満たせるのか、を事前に確認してみましょう。特に大きいといわれているのは以下のようなものがあります。

・安定した収入がある
こちらは勤続年数も密接に関係してきます。1年以上を同じ職場で働き続けているのならかなり信頼度は高くなると判断できます。

・社会保険や組合保険に加入
これらの保険に加入していることは社会的な信頼度を上げる大きなポイントです。ただし多くの非正規雇用の人は国民健康保険に加入することになると思います。しかし派遣社員の場合だと組合保険や社会保険に加入できることもあるのでチェックしてみましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。